2009年07月24日

馬大頭

沈黙の夏
オニヤンマ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 オニヤンマ科)
Anotogaster sieboldii

オニヤンマ、漢字で書くと「馬大頭」か
「鬼蜻虫延(虫偏に廷、漢字が出ません…)」。
鬼が付いた方がかっこいい、でも馬大頭が面白いので
久しぶりに漢字タイトルにした。
改めて見るとやっぱり大きくてかっこいいです。

ガキと散歩中、死んで地面に転がっているものを発見。
外傷が無いので、車にぶつかったのだと思います。
天候が悪い日が続き、こんな風に死骸を見ていると、
夏が終わって秋にでもなった錯覚に陥ります。

苗。
posted by yamanao999 at 21:15| 石川 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | トンボ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

ミヤマカワトンボ

ミヤマカワトンボ ♂
ミヤマカワトンボ ♂ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 カワトンボ科)
Calopteryx cornelia
CANON EF100mm F2.8macro

往く当ても決定せぬまま、ただブラブラ車を走らせ、
なんとなく停まった小川にはミヤマカワトンボが数匹、
ヒラヒラと飛んでいました。
何気にその姿を見るのは数年ぶりかもしれません。
撮影したのは初めてだった気もします。

ミヤマカワトンボ ♀
ミヤマカワトンボ ♀ posted by (C)yamanao999
TOKINA AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5

そして♀。
♂と比べると色が異なる上に、♀には翅に白い斑紋が見られます。

ミヤマカワトンボ ♀
ミヤマカワトンボ ♀ posted by (C)yamanao999
Insect Eye Gyorome no.8-Ver

そして♂は敏感にヒラヒラ逃げてしまうのに対して、
♀はまったく逃げる気配がないので魚露目でも撮影してみました。
撮影者がイケメンだからなのか、または単なる習性か個性なのか。
良いモデルだったのでしばらく付き合ってもらいました。
posted by yamanao999 at 23:27| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トンボ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

[昼休み]ニホンカワトンボ

ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 カワトンボ科)
Mnais costalis

先週あたりからニホンカワトンボが
フィールドを舞う姿が見え始めました。
カワトンボは舞う姿がかわいらしく、また翅を休めている姿は美しく、
日本の初夏を感じさせられます。
今日は魚露目を使ったレンズで撮影してみました。
周囲の水の流れも写し込めればいう事がないのですが、
帰社時間になり断念しました。

ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボ posted by (C)yamanao999

こちらはマクロで撮影。
翅の色は違うけどどちらもニホンカワトンボです。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ banner_01.gif
ブログランキングに登録しております。
ヒラヒラと押してくれたらうれしいです。
posted by yamanao999 at 23:58| 石川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | トンボ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

黄糸蜻蛉

キイトトンボ
キイトトンボ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 イトトンボ科)
Ceriagrion melanurum Selys

今日は数名で散策する予定でしたが朝から重い曇天だった為、
延期となってしまいました。
しかたが無いので独りブラリと下見を兼ねてドライブ
最初に向かった池にてキイトトンボを確認。
かなり長い時期生息しており、最もよく見かけるイトトンボです。

キイトトンボ
キイトトンボ posted by (C)yamanao999

初めて顔をアップで撮影してみた。
静止画なので伝わらないのですが、常に口をモゴモゴしています。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 イトトンボ科)
Cercion hieroglyphicum Brauer

おまけのセスジイトトンボ。
こちらも長い期間多く確認できるイトトンボ。
イトトンボはゆっくり飛んだりフワッと翅を休めたり。
華麗な昆虫で撮影も楽しい。
posted by yamanao999 at 20:38| 石川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | トンボ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

瑠璃糸蜻蛉

ルリイトトンボ
ルリイトトンボ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 イトトンボ科)
Enallagma boreale circulatum Selys

雨が降る中、ルリイトトンボを見に行ってみる。
天気が悪い為か、翅を休めて葉にとまっている個体が殆んどであった。

20080706_02.JPG
蟹淵(がんぶち)

蟹淵は、標高268mにある、化け蟹伝説が語り継がれる
周囲200mもある山に囲まれた大池です。
標高1,000m以上のところが通常の生息域だというルリイトトンボが
このような低標高の池に生息する事は稀だそうです。

珍しく当ブログで地名を表記するのは、
ここは動植物の採集を禁止しているからです。
ルリイトトンボの生息する箇所は多くのギャラリーや
撮影者が草を掻き分けたり、池に入った形跡がありましたが、
蜻蛉の大切な生活の場を荒らさない程度にしたいものです。

と、いうワケで自分の写真は被写体が小さいのです。。。

オマケ
posted by yamanao999 at 17:37| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トンボ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

[昼休み]ニホンカワトンボ

ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボ posted by (C)yamanao999

今日の昼休みは池へ向かう事に。
池ではこのニホンカワトンボをはじめ、
ギンヤンマなど初夏のトンボが飛び交う様になってきました。

続きを読む
ラベル:昆虫 トンボ目
posted by yamanao999 at 22:41| 石川 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | トンボ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

久しぶりに見かけた蜻蛉2種

20070819_01.JPG
チョウトンボ
(トンボ目 トンボ科)
Rhyothemis fuliginosa Selys

本日で夏季休暇は終了。最後なのでダラけて寝ようかと思ったのですが、昨日寝まくってしまった。。。なので、今日は後悔しない様に、ドライブがてらプチ散策する事にしました。

暑さで朦朧としながら辿り着いた池にて、久しぶりにお目にするトンボを発見☆ なんとも美しいチョウトンボでした。毎年近くの池で確認できていたのですが、外来種であるアメリカザリガニによって環境は壊滅し、なかなか目にする機会がなかっただけに、うれしい再会となりました。池では3〜6匹くらいのチョウトンボが、縄張り争いをしながら華麗に舞っておりました。自分は更に意識朦朧としながら池を眺め続けてました。…加齢で体力減退でしょうかw;

続きを読む
ラベル:昆虫 トンボ目
posted by yamanao999 at 20:22| 石川 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | トンボ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする