2009年10月25日

ジョロウグモ

ジョロウグモ ♀
ジョロウグモ ♀ posted by (C)yamanao999
(クモ目 アシナガグモ科)

今年のジョロウグモの♀は、丸々太っていて
成長はとても良好です。
といっても誰も必要としない近況ですが、
例年よりデカイ個体が多いです。


金沢市東山2丁目 慈雲寺

posted by yamanao999 at 18:11| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

[昼休み]カラスゴミグモ

カラスゴミグモ
カラスゴミグモ posted by (C)yamanao999
(クモ目 コガネグモ科)

昼休み、昨日は疲れてサボったので、今日もサボろうと思ったが、
身体が勝手に山へ向かっていた。。。

しかし、行って正解でした。
少し前にもにぃさんという方が撮影した写真を見て、
自分も見てみたいと思っていた歪な蜘蛛、カラスゴミグモを見つけました。

カラスゴミグモ
カラスゴミグモ posted by (C)yamanao999

いやぁ、歪で良い蜘蛛ですね。
葉の裏にいるヤツなんかはイモムシの糞・枯れた植物・蓑虫なんかに見えてしまいます。
生息環境は遊歩道脇のブッシュで、足元あたりに密集。
巣に対して平行に静止しており、今日は風が強く、日照条件はイマイチな為、
思った構図で撮影できませんでした。

生息ポイントを知ったので、またの機会に撮影してみたい蜘蛛です。
posted by yamanao999 at 21:00| 石川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

[昼休み]トリノフンダマシ

トリノフンダマシ トリノフンダマシ
トリノフンダマシ
(クモ目 コガネグモ科)
CANON EOS Kiss X2 / CANON EF28-80mm F3.5-5.6 II (JUNK) 改

アカハネナガウンカを探しに行くと、
付近のクズなどで副産物として良く見かける
トリノフンダマシ。

これまた良い蜘蛛です。
今日はススキで見つけました。♀です。
撮影はやり易い様にクズの葉上に移動してます。

…もっとじっくり撮影する時間が欲しいです。

※9/8 種名訂正しました。ヤマサナエさん、ありがとうございます。
posted by yamanao999 at 23:17| 石川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

電話BOXの鬼蜘蛛

オニグモ
オニグモ posted by (C)yamanao999
(クモ目 コガネグモ科)

帰り道、何気に電話ボックスに入った。
かつてはビジネスマンはこれで社とクライアントをつなぎ、若いカップル達は親が出てこないか、夜な夜な恐る恐る電話をしていた素晴らしい夢の箱だった。高校の頃、夜のバイトを終えて帰宅の際、雨や雪が降ってきたらこの中で日本酒などを大量に飲んで寒さを凌いでいたものです。

20090620_15.JPG
オニグモ

今ではその役割は100%携帯電話に移行。
そしてこのオニグモをはじめ、多くの昆虫の住処となっている。雨が降っても風が吹いても巣は壊れず、常に明かりがついているので獲物は自動的にやってくる、蜘蛛にとっての夢の箱となっていました。

このオニグモは野外で探すとなかなか見つからないものですが、人工物を探すとたくさん見つかります。夜行性なので、暗くなってくるとその姿を現します。
posted by yamanao999 at 13:26| 石川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

カベアナタカラダニ

カベアナタカラダニ
カベアナタカラダニ posted by (C)yamanao999
(ダニ目 前気門亜目 タカラダニ科 アナタカラダニ属)
Balaustium murorum (HERMANN)

野山や家の周りでたくさん見かける赤い奴。
今年もウヨウヨ走ってます。人への被害は不明らしいです。
年々、増えていっている様ですが、見かけるのは今の時期のみ。
調べてみると♀しか確認されてないみたいですね。
あとの季節はどうお過ごしなんでしょうか。

カベアナタカラダニ
カベアナタカラダニ posted by (C)yamanao999

姪っ子は赤虫と呼んでおり、
見ては勝手に半泣きになってます。
前玉はずしの拡大率ではこれが限界です。
posted by yamanao999 at 23:13| 石川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

塵蜘蛛

ゴミグモ
ゴミグモ posted by (C)yamanao999(クモ目 コガネグモ科)
Cyclosa octotuberculata Karsch

週末は残念ながら暴風雨。
外に出る気分になれず、風邪薬を飲んでぐっすり眠っていました。

写真はゴミグモ。巣にいると擬態によりゴミにしか見えない。
今日は強風で家を失ったのか、ドウダンツツジでうろちょろしていた。
白い花の上にいるととてもゴミに見えない、美しい蜘蛛に見える。
しばらくすると諦めて葉の下でゴミ化していた。
ラベル:クモ 蜘蛛
posted by yamanao999 at 17:52| 石川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

山路蠅獲

ヘビイチゴ
ヘビイチゴ posted by (C)yamanao999

黄色い花に蜂・虻・蟻などがたくさん群れております。
なんという花でしょうか。

OIKAWAさんにヘビイチゴだと教えていただきました。

ヤマジハエトリ
ヤマジハエトリ posted by (C)yamanao999
(ハエトリグモ科 ヤナジハエトリグモ属)
Asianellus festivus (L.Koch 1834)

花に来る小さな蜂を撮影しようと待っていたら、
このハエトリグモがピョン!と飛んできて捕らえてしまいました。
ネコハエトリと比べてひとまわり大きく、ずんぐりしております。

20090418_05.JPG

今日は初心に帰ってなのか?
こんなジャングルで独り彷徨っておりました。
目的に迷い、どこでなにをしたいのか定まらないまま外出しましたが、
気付くとこうした道なき道で足掻いてました。

今期初藪漕ぎです。
こんなところで数時間、単独で寝転がって撮影していると
気分が晴れます。
ラベル:蜘蛛
posted by yamanao999 at 23:26| 石川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

華蜘蛛

ハナグモ ♀
ハナグモ ♀ posted by (C)yamanao999
(カニグモ科 ハナグモ属)
Misumenops tricuspidatus (Fabrius 1775)
Canon EOS KISS X2 / CANON EF28-80mm F3.5-5.6 II (JUNK)改

ハルジオンの華にて小さな蜘蛛を確認。
ハナグモの様です。ヒラタアブやユスリカ、小型の蛾などが
やって来るのを待ち構えている様です。

ハナグモ ♂
ハナグモ ♂ posted by (C)yamanao999
(カニグモ科 ハナグモ属)
Misumenops tricuspidatus (Fabrius 1775)
Canon EOS KISS X2 / CANON EF28-80mm F3.5-5.6 II (JUNK)改

こっちは♂。♀が緑一色なのに対して褐色で模様が目立つ。
腹部の斑紋には個体変異が多そうです。

花がハナグモの餌場である事と同時に、
美しい狩りのステージにも見える。
posted by yamanao999 at 23:34| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

[昼休み]大鳥ノ糞騙

オオトリノフンダマシ ♀
オオトリノフンダマシ ♀ posted by (C)yamanao999
(クモ目 コガネグモ科)
Crytarachne inaequalis

昨日の昼休み、オオトリノフンダマシの♀を見つけた。
記憶していたものよりかなり大きく、約12mm程度はあった様に思います。
以前見た記憶は只のトリノフンダマシだったからかもしれません。
対して♂は2mmくらいしか無いらしいですね。。。

オオトリノフンダマシ ♀
オオトリノフンダマシ ♀ posted by (C)yamanao999

鳥の糞というより、宇宙人やカマキリの顔を連想させる様な
面白い模様・形をしている。
もっと色んな角度で撮影してみたかったが、
バッテリーが切れてしまいました…。
KISS X2のバッテリーの持ちはかなり向上しており、
どのタイミングで充電しようか悩みます。
やはり予備としてもうひとつバッテリーを持っていた方が
無難かつ、ストレス無く活動できそうです。

オオトリノフンダマシ(卵嚢)
オオトリノフンダマシ(卵嚢) posted by (C)yamanao999

今日、再度確認しに向かってみた。
卵嚢のみ確認できたところで大雨を喰らい、退散。
生息期間は一般的に9月とされている様なので、
今期に再会するチャンス期間はもうあまり無い様です...。
ラベル:蜘蛛 節足動物
posted by yamanao999 at 22:29| 石川 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

鬼蜘蛛

オニグモ
オニグモ posted by (C)yamanao999

夕方、薄暗くなると共に姿を現す巨大蜘蛛。
薄暗い上に風が強かった為、
暗黒のオーラが発生してよりカッコよくなった。

20080821_06.JPG
オニグモ

じっくり観察し杉て、鉄パイプに逃げてしまった。
頭隠して尻隠さずだった。

日中はこんなところに潜んでいる様です。
ラベル:節足動物 蜘蛛
posted by yamanao999 at 22:29| 石川 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

[昼休み]蠅捕蜘蛛の捕食

ハエトリグモの一種
ハエトリグモの一種 posted by (C)yamanao999

今日はかなり強風でした。
昼休みは何処にも行かず、グータラと床で寝ようかと思ったが、
晴れ間が見えたので習性で外出してしまった。
風が強すぎてこれしか撮影できず…種名も解らず。
ハエトリグモ、ほんとは早く餌を喰ってしまいたいのですが、
やはり風が強すぎて喰い方に迷ってヒメリンゴの実の間を
うろちょろしてました。

その他、ヒメリンゴの葉でチビタマムシを確認。
ズミチビタマムシでしょうか。写真は勿論失敗したのでありません。

何時も通りテキトーな俺メモ...
posted by yamanao999 at 23:13| 石川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

子守...。

アズマキシダグモ
アズマキシダグモ posted by (C)yamanao999
(キシダグモ科 キシダグモ属)
Pisaura lama Bosenberg & Strand 1906

早朝、子守をする蜘蛛を見かけました。
子供の頃は水辺などでよくこういう風景を見かけた記憶がありますが、
最近は何かと気忙しく、居てもゆっくり観察していませんでした。
自分の身体の大きさほどの卵を抱え、
敵から我が子を守りながら生活しています。

今日もこれを撮影した後、自分も子守で終了しました。。。
北陸はまだ梅雨入りしていませんが、
気分は完全に梅雨入りでナエナエです(-_-;)
posted by yamanao999 at 22:37| 石川 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

[寄り道]フノジグモ

フノジグモ
フノジグモ posted by (C)yamanao999
(カニグモ科 フノジグモ属)
Synaema globosum (Fabricius 1775)

ヒメジオンに黒地に真っ赤な模様のかなり自分好みな蜘蛛がいました。
かつてガチャガチャに「毒蜘蛛シリーズ」というカンヅメに入った
玩具があったが、その毒毒しさが感じるカッコいい蜘蛛です。

20080528_02.JPG

雌の腹部に黄色または赤色の地に黒色の「不の字状」の斑紋がある事が名の由来らしい。雄は不の字状が全体に広がっている。
しかし、どうしても逆様に見て悪魔が嘲笑っている様にしか見えない。。。

20080528_03.JPG

「不」かぁ??
「木」になってるよ…。

石川県産はキノジグモだ。
ラベル:蜘蛛
posted by yamanao999 at 22:58| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

蟻蜘蛛の雄

アリグモの捕食
アリグモの捕食 posted by (C)yamanao999
(ハエトリグモ科 アリグモ属)
Myrmarachne japonica (Karsch 1879)

Canon EOS Kiss Digital N / EF28-80mm F3.5-5.6 II JUNK改
TV:1/160 / AV:F25 / ISO:400

前玉をはずしたレンズでのテスト中、アリグモを見つけました。
このレンズで撮影すると、アリグモの大顎はかなりの迫力があります。

アリグモの捕食
アリグモの捕食 posted by (C)yamanao999
Canon EOS Kiss Digital N / EF28-80mm F3.5-5.6 II JUNK改
TV:1/160 / AV:F25 / ISO:400

側面から見ると、大きな大顎で確実に獲物を
捕らえているのがわかります。獲物は同種の♀でしょうか。
よくあるケースとして、雌が雄を捕食するシーンはありがちですが、
雄が雌を捕食するシーンは初めてです。
雌は大顎が小さく、戦闘は雄より弱そうなアリグモだから
この様なケースが生じたのかもしれません。

…何故かこの写真には光かぶりが発生しておりません。
…何故か??


※2008年5月25日 追加 アリグモ雌の写真

アリグモ ♀
アリグモ ♀ posted by (C)yamanao999
ラベル:蜘蛛
posted by yamanao999 at 23:53| 石川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

茄子の番蜘蛛

20070823_01.JPG
ナガコガネグモ♀
(コガネグモ科 コガネグモ属)
Argiope bruennichii (Scopoli 1772)

夕暮れ時、早めに帰宅した庭先の茄子に大きな蜘蛛が巣を張っているのを発見。ナガコガネグモである。いつの間にか生体になっているが、考えてみれば季節はもう秋の入口。猛暑が続いて忘れかけていたが、朝夕は随分涼しくなってきた様に感じます。

20070823_02.JPG
アブラゼミと姪っ子、ご対面。

弟家族が散歩の途中、ウチに訪れる。姪っ子と話しながら何気に転がっているアブラゼミを発見。死んでいると思いきや虫の息で生きている。指にとまらせ、姪っ子とツーショットしようと思いきや、虫嫌いな姪っ子に逃げられる。。。なんとか撮った一枚。その後、復活を遂げたセミに指を刺されそうになり、慌てて樹にとまらせました。。。

夜になればウマオイに混じってクツワムシの声も聞こえ始めました。
梅雨が長く、とても短く感じた盛夏も遂に終わり、秋の到来を感じました。…寂し〜w;
posted by yamanao999 at 23:39| 石川 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

今日は蜘蛛特集…といっても2種だけw

20070604_02.JPG
罠にかかったアメリカシロヒトリ ※キアシドクガ
Canon EOS Kiss Degital N / 虫の目レンズ

月曜日はすべてにおいてテンションが低いです。。。
土日に色々まわるので、若干満足している事もあり、
今日は少しだけ寄り道する程度でした。
ふと見た先に、中型の蛾が蜘蛛の巣にかかっているのを発見。
寄って見てみると、「アメシロ」(※キアシドクガでした。)だとすぐに気がつきました。発生の状況としては昨年並みで、かなり多いです。一昔前の様に民家や街中ではなく、里山などで多く発生している様に感じます。
パッと見、モンシロチョウにも見える事があるのですが、地面近くで舞うモンシロチョウに対して、アメシロ(※キアシドクガでした。)は上空(といっても二階建ての建物くらいの高さ)で数匹舞っております。100種以上の植物を食害するので、増える一方です。。。こうして蜘蛛君には頑張って喰ってもらわねばなりません(^_^;)

※追記>キアシドクガの間違いでした...。

20070604_01.JPG
ワカバグモ(♂)
(カ二グモ科 ワカバグモ属)
Oxytate striatipes L.Koch 1878
データ同上

…図鑑で見るより病的でしたが、多分ワカバグモの♂です。素早く逃げる♀に大して、♂は快く撮影させてくれました。カニグモやハエトリグモの仲間は画になりやすいので好みですw

20070604_03.JPG
アリグモ
(ハエトリグモ科 アリグモ属)
Myrmarachne japonica (Karsch 1879)
データ同上

様々な場所の色んな植物の葉や幹にて確認できる、蟻によく似た蜘蛛。
かっこよくて好みの蜘蛛です。


蜘蛛もなかなかイケる!という方は、
下記か右上のバナーをポチッとクリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ banner_01.gif
ラベル:蜘蛛
posted by yamanao999 at 22:01| 石川 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

夜の来訪者

20070309_01.JPG
メガネドヨウグモ (アシナガグモ科オオドヨウグモ属)
Metleucauge yunohamensis
Canon EOS Kiss DN 虫の目レンズ

雪は陽気な天気によりほぼ溶けてしまいましたが、
それでもまだ寒い日が続いております。
そんな寒い夜にウチに訪れたヤツがいる。

メガネドヨウグモでした。
本来の出現期は5月〜8月とされるが、温暖な今年の気温に騙されてしまったのか、ヨタヨタと巣を張ってまして。。。
家に巣を張られるのはごめんだが、かわいそうだったのでそのまま放置しました。ドヨウグモの「ドヨウ」は「土用」で、夏の土用の頃に多く見られるかららしく、「メガネ」は頭胸部にある眼鏡状の斑紋からこの名が付いたとの事。

はよあったかくなれ〜。
はよ土曜休みになれ〜。
ラベル:蜘蛛
posted by yamanao999 at 00:37| 石川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

女郎蜘蛛

20061126_01.JPG

虫の目レンズのパイプ塗装を終え、少しだけ家の周囲でTEST。
相変わらずオオスズメバチ・アブ・ハエばかり目に付きます。
今日は天候が良くないので、オオスズメバチも落ち着きが無く、
シャッターチャンスはなかなかありませんでした。。。
よってそこら中にぶら下がっている女郎蜘蛛を撮影。
時間が無く、何も撮影できない日々を考えると居てくれて本当にありがたいw

その他、家の壁にテントウムシがたくさん飛んできてましたが…、
…冬眠する気だなw; まぁ、カメムシじゃないからいいかw

雨もチラついてきたし、連日の疲労の気もでてきた為、
シャワーを浴びて少し昼寝しよかな。
posted by yamanao999 at 14:23| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする