2010年07月23日

[昼休み]ニイニイゼミ

ニイニイゼミ
ニイニイゼミ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 セミ科)

暑いです...。
今日は大暑ですが、更に特別暑く感じてしまいます。

ここ数日、昼は仕事をしてたり、下見のみしてたりしており、
久しぶりに撮影しましたが、暑いです。。
なので、虫も日陰で休んでいたりしており、
今、最も旬なものはこのニイニイゼミでした。

ニイニイゼミ
ニイニイゼミ posted by (C)yamanao999

カモフラージュ的なものなのか、単に樹液が美味いからなのか、
サクラが生えていたらほぼサクラにいます。
他の蝉同様、デリケートなのですぐおしっこをして逃げていくのですが、
そろ〜っと近づけば案外簡単に撮影可能です。

ニイニイゼミ
ニイニイゼミ posted by (C)yamanao999

抜け殻もあちこち見られます。
殻に乾燥した泥が付いているのが特徴ですが、
破れない様に水洗いすると、普通の蝉と同じ様に茶色で光沢感ある殻になります。

アブラゼミ
アブラゼミ posted by (C)yamanao999

こちらもポツポツ出てきました。
例年通り、8月になる頃にはニイニイゼミが主役の座を奪われ、
こちらの蝉が主役となり、さらに暑い猛暑を演出してくれるのでしょう。。。


石川県金沢市
Ricoh GX200
posted by yamanao999 at 23:57| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

シタベニハゴロモ

シタベニハゴロモ
シタベニハゴロモ(幼虫) posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 ビワハゴロモ科)

インターネット上でシタベニハゴロモの事を調べてみると、
ソウルで大発生した記事が確認でき、
その資料によればそろそろ赤色に変身している頃かと思い、
発生地に向かってみると、見事にユニフォームが赤になっていた。

シタベニハゴロモ
シタベニハゴロモ(幼虫) posted by (C)yamanao999

で、マクロで撮るとこんな感じ。
100人中、88人くらいがキモいと言いそうな風景に。。

最初に見た時はテントウムシよりひとまわり小さなサイズで、
次に見た時はクサギカメムシよりひとまわり小さなサイズくらいだった。
で、今回はクサギカメムシとほぼ同じサイズくらいになっている。
ゴルフの石川選手と同等クラスの成長率だ。
動きは体長が大きくなった影響なのか、少し鈍くなっているが、
それでもハゴロモ特有のすばしこい動きである。
蝉やカメムシとはやはり異なったフットワークである。
そして、赤く大きくなると目立つ為か、
はたまた集まってきたのか、数が…かなり増えて見えます。
翅が無いので完全にカメムシですが、
いよいよ、翅が整った完全体が見られるまであと数ヶ月に迫ってきました。

成虫はどんな動きをするのか、楽しみです。


Canon EOS Kiss X4
Insect Eye Gyorome no.8-Ver(上)
CANON EF100mm F2.8macro(下)
posted by yamanao999 at 19:57| 石川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

ベッコウハゴロモ

ベッコウハゴロモ
ベッコウハゴロモ(幼虫) posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 ハゴロモ科)

途中、休んだパーキングの日陰で見つけた
ベッコウハゴロモの幼虫。

できれば一眼デジカメでじっくり撮影したかったけど、
コンデジでこれだけ撮れるのはさすがGX200。

次回、一眼レフでも楽しもうと思う。


石川県白山市
Ricoh GX200
posted by yamanao999 at 20:10| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

シタベニハゴロモ幼虫?

シタベニハゴロモ
シタベニハゴロモ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 ビワハゴロモ科)

多分、こいつだと思うのですが…。
やっぱり以前、昆虫館へ行ったときに
もっとじっくり見ておくべきでした。。
ガキと一緒に行くと大体じっくり見る事ができません。

シタベニハゴロモ
右側面から posted by (C)yamanao999

シタベニハゴロモ
左後部から posted by (C)yamanao999

シタベニハゴロモ
上から posted by (C)yamanao999

パッと見てまるでカメムシの幼虫みたいだが、
接近するとジャンプするところが
完全にヨコバイやハゴロモの特性と同じです。
いかがでしょうかね?
posted by yamanao999 at 23:28| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

オオワラジカイガラムシ

オオワラジカイガラムシ ♀
オオワラジカイガラムシ ♀ posted by (C)yamanao999
※2010/05/10、種名を通りすがりさんに教えていただきました。
 ありがとうございます。

先日、シタベニハゴロモを見つけた付近に
幼虫が居ないか確認しに行ってみたが、
昆虫館で見たはずの幼虫のカタチをすっかり忘れてしまっていた。
あまり便利なものを利用したくないと思って記録してこなかった。

で、見つけたものはこれのみ。
これ、4mm〜8mm程度ある虫で、どれも蟻が蜜を求めてやって来ている。
同じカメムシ目であるアブラムシには定番の習性なので
あってるのか、間違っているのか…何か違う見覚えのある様な。
ハムシの幼虫みたいケド…、どうでしょうか。

※2010/05/10、種名を通りすがりさんに
 オオワラジカイガラムシ ♀だと教えていただきました。
 ありがとうございます。…昔、ミカンなどで別種を見た記憶がありましたが、
 完全にサイズで惑わされました。。。

写真や口などの確認、ガキとデートだった為、
やりたくてもできず終いでした…orz
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 22:24| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

謎虫... ※改め、シタベニハゴロモ

20100503_01.JPG
謎虫...

20100503_02.JPG
裏側...

20100503_04.JPG
口のカタチはカメムシ目

シタベニハゴロモ
サイズはなんと、25mm。

今日はmahalitoさんと同行する事になり、
昨年より約束していたある聖地へ向かう事になっていたのですが、
わからな杉た上に、熊の気がかなり濃厚な地だったので
また来年以降の宿題にしてしまい、
スギカミキリの生息環境を伝授すべく、
今年大当たりだったポイントへ向かった。
そしてなんとか、ツガイで見つける事もでき、
mahalitoさんはここで既に満腹モードになってくれたのですが、
僕は家に帰ってもモヤモヤしております。

それはこの「謎虫」のミイラのせいです。
たまたま杉の洞にあったスズメガの脱け殻の上部に
この個体が見えて、羽化不全かと思い、
イタズラ心から引っ張って抜いて確認したらコレでした。
蛾の一種だと思ったら、口が口吻で完全にカメムシ目。
そしてこの黒水玉模様。。。
僕の認識している国内最大サイズのヨコバイはツマグロオオヨコバイ、
ウンカなどの最大サイズは15mm程度だと思う。
こいつ、頭から翅先までで25mmもあります。

コイツが何者なのか解る方、ぜひ教えて下さい。
謎杉て眠れません。。。

2010/5/4、正体が判明しました!
posted by yamanao999 at 23:01| 石川 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

クサギカメムシ

クサギカメムシ
クサギカメムシ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 カメムシ科)

見かけても高い確率で無視する虫、臭木亀虫。
地味な上に家にも侵入し、捕まえると相当臭い。
そしてたっぷり見かけるので無視する虫。

しかし、気が向いていつもと異なる撮影を行ってみると、
意外にもかなり美しく、不思議な感じで写真になる事がある。
なので、自分はこうした虫も無視せず、
つい撮影を繰り返す習性が身についています。
posted by yamanao999 at 22:15| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

ヨコヅナサシガメ

ヨコヅナサシガメ
ヨコヅナサシガメ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 サシガメ科)

今日は御馳走を食事中の幼虫くん。

人々がのんびりとお弁当を食べている背後で
肉食な生物が小さな命をひとつ、食べているドラマが
公園の片隅で起こっているのです。

そして、それを飯も喰わず撮影している
モノ好きな人間も存在しているのです。
posted by yamanao999 at 21:00| 石川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

[昼休み]ヨコヅナサシガメ

ヨコヅナサシガメ(幼虫)
ヨコヅナサシガメ(幼虫) posted by (C)yamanao999

今日の昼休みはとても麗らかであったので、
ふらふらと散歩がてらビロードツリアブでもいないか見に行った。

しかし、風が強くて飛ぶ虫はタテハとシジミしかいなかった。
残念だけど、ついでにサシガメを撮った。
冬場、身を寄せ合って寒さを凌いでいた彼らも
それぞれの道を歩み始めた様子だった。

今年は雪の日が多かったのですが、個体数は例年並み。
やはり温暖化の影響で北上というよりは、
もともと寒さに強い虫が、ジワジワと北上しているだけだと感じる。

金沢の桜は、いよいよ明日明後日が見頃を迎えそうです。

Canon EOS KISS X4 メモ
posted by yamanao999 at 22:21| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

ツクツクボウシ

ツクツクボウシ
ツクツクボウシ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 セミ科)

今日はツクツクボウシの脱け殻を見つけました。
今年の冬は風が強く、雪の日も多めですが、
よくそれに耐えて残っているものだと感心してしまいます。

今日はここからスタートで、
撮影とか関係無しでドライブの予定です。


小松市那谷町
posted by yamanao999 at 23:12| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

コミミズク

コミミズク(幼虫)
コミミズク(幼虫) posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 ヨコバイ科)

来週から雪が降るとの事で、
今日は渋々タイヤ交換をする事にしました。
で、準備をしていたら当然ワラジムシやクモなどが
ワサワサ出てくるのですが、中にひとつ、
何かの新芽の皮の様なものが動いているのに気がつきました。

あ〜、やった。コミミズクの幼虫や\(-o-)/

20091213_02.JPG

と、いう事でタイヤ交換する前に既にサボって撮影しました。
後ろの赤いのはガキですが、ガキを見ながら
交換準備と撮影は大変で、自分がとても可哀想になりました。

おまけ
posted by yamanao999 at 15:32| 石川 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

[昼休み]ニイニイゼミ

ニイニイゼミの抜け殻
ニイニイゼミの抜け殻 posted by (C)yamanao999

毎年、どこかしらにあるものですが、
冬なのに夏の名残を見つけると、つい撮影してしまいます。
他にめぼしい被写体がなかなかいないからというのもあります。
今日は相撲場で撮りました。

自分の夏の心残り数は、毎年たっぷりあります。
posted by yamanao999 at 23:59| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

[昼休み]ハサミツノカメムシ

ハサミツノカメムシの死
ハサミツノカメムシ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 ツノカメムシ科)

ボロボロになった桜の幹の隙間に、鮮やかなグリーンが見えたので確認したら
ハサミツノカメムシでした。テントウムシと異なり、単体で越冬体制になる様です。
サシガメはテントウムシと同様、集団越冬のものが多く感じます。

このカメムシは既に死んでおりました。
posted by yamanao999 at 23:52| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

[昼休み]クサギカメムシ

クサギカメムシ
クサギカメムシ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 カメムシ科)

久しぶりに昼休みにプチ散策しました。
昼に兄弟達や同僚の年賀状のデザインをやったり、
仕事をしたり、単に天候が悪かったのでできずにおりました。

小屋のまわりにたくさん居たクサギカメムシの姿も
あまり確認できなくなってきました。
既にあらゆる場所に侵入し、越冬体勢に入った様です。
屋内に入ると、カメムシ臭が濃厚でしたw

物欲メモ...
posted by yamanao999 at 21:56| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[昼休み]クリオオアブラムシ

クリオオアブラムシ
クリオオアブラムシ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 アブラムシ科)

クリオオアブラムシのコロニーが細いミズナラの幹で確認できました。
この時期に初めて観察した気がしますが、
ただでさえデカいアブラムシなのに、更にデカくなっていました。
子持ちだからなのでしょうか?

クリオオアブラムシ
クリオオアブラムシ posted by (C)yamanao999

アリもまだ、忙しく活動中!
posted by yamanao999 at 21:46| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

[昼休み]ツマグロオオヨコバイ

ツマグロオオヨコバイ
ツマグロオオヨコバイ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 ヨコバイ科)

久しぶりの昼休み散策です。

セイタカアワダチソウにはたくさんの虫が集っており、
今日はツマグロオオヨコバイが集まる姿も見られました。

posted by yamanao999 at 21:24| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[昼休み]シマアメンボ

シマアメンボ
シマアメンボ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 アメンボ科)

小川でハエを観察していたら、シマアメンボが確認できました。
前から居るとは思っていたのですが、普段は子供も多い為、
人の目に付きにくい場所に隠れて生息していたのかもしれません。
水面を優雅に行ったり来たりする姿はまるで、
フィギュアスケーターの様です。
posted by yamanao999 at 21:15| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

[昼休み]ヨコヅナサシガメ

ヨコヅナサシガメ(幼虫)
ヨコヅナサシガメ(幼虫) posted by (C)yamanao999

角界ではなかなか新横綱が誕生しませんが、
野山ではゾロゾロ発生しております。。。

ヨコヅナサシガメ(幼虫)
ヨコヅナサシガメ(幼虫) posted by (C)yamanao999

脱皮中の個体もたくさん確認できました。
真っ赤っかで、美しいですが、
自分がもし鳥だったら一応見るけどやっぱり食べない気がします。

石川県では完全に定着したヨコヅナサシガメ、
今年は何処まで生息範囲が広がっているのでしょうか。
posted by yamanao999 at 18:18| 石川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

マダラハネナガウンカ

マダラハネナガウンカ
マダラハネナガウンカ posted by (C)yamanao999

アカハネナガウンカ以外の別の種を求めていたのですが、
先日の散策で遂に発見しました。
マダラハネナガウンカ、ススキについていました。

マダラハネナガウンカ
マダラハネナガウンカ posted by (C)yamanao999

顔も例のアレっぽかったので撮影したかったのですが、
残念ながら逃げられてしまいました。
標高約1,000m付近のススキに一匹だけいました。
posted by yamanao999 at 19:38| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

[昼休み]アワダチソウグンバイ

アワダチソウグンバイ
アワダチソウグンバイ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 グンバイムシ科)

ほぼ枯れて終わっていたヒマワリをよく見ると…、
びっしりついているアワダチソウグンバイ。
セイタカアワダチソウより個体数が多いかもしれません。

アワダチソウグンバイ
アワダチソウグンバイ posted by (C)yamanao999

繁殖、♀の奪い合い。。。
この様なシーンもヒマワリのいたるところでたくさん確認できます。
ヒマワリが無くなるとセイタカアワダチソウに向かうのでしょうか。
ナス・キク・サツマイモなども食害する様です。
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 21:05| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする