2011年05月20日

ハルゼミ

ハルゼミ
ハルゼミ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 セミ科)

リベンジ!

諦めがつかず、もう一度生息地へ向かってみました。
すると昨日とは比べ物にならないほど
羽化している個体が多いです。

ハルゼミ
ハルゼミ posted by (C)yamanao999

昨日の状態は、いったいなんだったのだろう。
新しい抜け殻は2つ程度あり、多分21時頃に出てきた幼虫
思っていた構図での撮影は断念しましたが、
こうして今年も観察する事ができました。


石川県金沢市
(上)TOKINA AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5
(下)CANON EF300mm F4L IS USM
posted by yamanao999 at 23:55| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

[寄り道]ハルゼミ

ハルゼミ
ハルゼミ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 セミ科)

タイミング、はずした…orz

毎年だいたい大型連休の最終あたりから、
約1週間かけて、ジワジワと羽化が続いてました。

今年は2週間前はゼロ、日曜日はポツポツ抜け殻がある状態だったので、
今週早めに行こうと思っていた。が、行けず。。
で、遅いかな、と少し思いつつ今日行ったら、抜け殻いっぱい。。
で、時間になっても中身入りの幼虫は全然おらず。。。

きっと、はやく羽化したくてたまらなかったのに、
雪の影響や、グズグズした天気が続き、地熱が高まらなかったので
今週、暖かくなって、一斉に吹き出す様に羽化したんだろうなぁ。。

冬から楽しみにしていたので、凹んだが、
他の蝉の羽化を楽しみに待ちつつ、
また来年の楽しみにとっておこう。


石川県金沢市
CANON EF300mm F4L IS USM
posted by yamanao999 at 22:19| 石川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

トホシカメムシ

カメムシ目 カメムシ科
カメムシ目 カメムシ科 posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 カメムシ科)

朝から気温も上がらず、薄暗い虫の気のしない感じだったが、
天気予報は曇りに留まっていたので、無理矢理出てみたが、
雨・強風・雷が一気にやってきた。。

唯一撮ったのが、イタドリハムシの顔と、
ヤナギハムシと、このトホシカメムシだけだった。。
イタドリハムシはブンブン乱舞しているものに対して、
ヤナギハムシは雨を悟っていたのか、
葉と葉の間でジッと眠るようにいた。

トホシカメムシはイタドリで静止していたところだった。
強風すぎてマクロは難しかったので、
久しぶりに魚露目を使ったレンズで撮ってみた。

明日も天気が悪そうで、積雪の影響で植物の育ちもパッとしない。
どうもこの連休の散策はダメくさい…orz


石川県金沢市
Insect Eye Gyorome no.8-Ver
posted by yamanao999 at 16:18| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

ヨコヅナサシガメ

ヨコヅナサシガメ
ヨコヅナサシガメ posted by (C)yamanao999(カメムシ目 サシガメ科)

今日は久しぶりに一日、時間を貰った。
ここ数年、必ず観察しているフユシャクの確認にやってきた。
芸が無い様に思われるかもしれませんが、
こうして毎年、同じ種を同じ場所で同じ時期に確認する事は
とても重要だから、興味のある種に関しては
必ず確認する様にしています。
しかし、雪深い影響なのか、
はたまた写真のヨコヅナサシガメによって捕食されてしまったのか、
例年以上に少ない数でした。
ちなみにヨコヅナサシガメをここで確認したのは初となります。
写真の通り、雪深く寒い場所であり、
やはりヨコヅナサシガメの分布の広がりは
温暖化が原因では無いと思われます。

フユシャクの一種
フユシャクの一種 posted by (C)yamanao999

ちなみにこれが目的であったフユシャクの一種(♀)。
例年は10匹以上見る事ができるが、
今日は2匹しか確認できなかった。


石川県
(上)TOKINA AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5
(下)CANON EF100mm F2.8macro
posted by yamanao999 at 21:02| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

雪虫

ユキムシ
ユキムシ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 アブラムシ科)

これを、撮ってみたかった。
雪虫の飛翔写真。

最後に立ち寄った公園ではたくさん飛び交っており、
冬直前の名物を堪能した。

が、一般的には害虫。
撮ってる自分の姿はやはり、家族連れ方々には謎めいて見られ。

ああ、今日も楽しかった。


石川県羽咋市
Ricoh GX200
ラベル:昆虫 カメムシ目
posted by yamanao999 at 23:47| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

ツクツクボウシ

ツクツクボウシ ♀
ツクツクボウシ ♀ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 セミ科)

朝の気温は22度、しかし日中は30度になっていた。
ツクツクボウシの蝉時雨がメインとなり、
ススキの穂も開き始め、
世の中、あっという間に秋になってしまいました。

蝉はニイニイゼミ・アブラゼミ・ミンミンゼミ・エゾゼミ、
そしてこのツクツクボウシが確認できるが、
今日はこのツクツクボウシの声が最も響いていた。
陽が落ちるのもすっかりはやくなってしまった。

ボーっとしてたら勿体無い!


石川県
Canon EOS Kiss X4
CANON EF100mm F2.8macro
posted by yamanao999 at 22:06| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

アブラゼミ

アブラゼミ
アブラゼミ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 セミ科)

金沢21世紀美術館
「Alternative Humanities 〜 新たなる精神のかたち
ヤン・ファーブル × 舟越 桂」
を見に行ってきました。

5回程見に行ったアルバイトのM君曰く、
今回の展示はまさに僕の為にローカルでやっているみたいなもんだから、
見ないとおかしい、と何度も忠告をされていたので、
天気が良い中、行きたい撮影を全て我慢して、思い切って見に行った。
ひとこと、見に行ってよかった。。
息子は舟越さんの作品にビビッて大絶叫を繰り返していましたが、
最後には慣れてくれた様子だった。

写真はアブラゼミ。
空は既に秋めいており、風の吹くままに形状を任せる雲がふわっと浮いていた。
鳴くセミもミンミンゼミとツクツクボウシが目だってきた。
背景は金沢市役所

アブラゼミ
アブラゼミ posted by (C)yamanao999

反対からも記念に撮影。
市役所の隣に美術館があるんです。

余談ですが、ヤン・ファーブルはアンリ・ファーブルの、孫。


石川県金沢市・金沢21世紀美術館
Ricoh GX200
posted by yamanao999 at 17:35| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

アブラゼミ

アブラゼミ
アブラゼミ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 セミ科)

業務後、タイムカードに記録しに向かった先の路上に
アブラゼミが転がっていた。
今日はエアコンの効きに影響が出るくらい暑く、
県内では36度超えたところもあった。
そりゃ、暑い中ジリジリ鳴く蝉も堪らず転がるのも仕方ありません。

ここで出番は最近ほぼ携帯しているGX200。
転がる蝉を見つけて、すかさず取り出し撮影する。
暑い中、ニヤニヤとうんこ座りで撮っていたので、
同僚の美人たちに馬鹿を見る目で見られるも、撮影続行は当然。
そして、まだなんとか生きていたこの蝉を木にとめて帰ってきた。


石川県金沢市
Ricoh GX200
posted by yamanao999 at 23:33| 石川 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

シタベニハゴロモ

20100731_04.JPG
シタベニハゴロモ
(カメムシ目 ビワハゴロモ科)

ツノゼミやミミズクが好きなヨネさんにも「例のヤツ」を見てもらおうと
お連れしたら最終形態になっていた!!
8月中旬から初秋にかけてだというある情報を信じていたのだが...。

シタベニハゴロモ
シタベニハゴロモ posted by (C)yamanao999

どうやらまだ半分以上が幼虫の様子...、

20100731_06.JPG

うん?

シタベニハゴロモ
シタベニハゴロモ posted by (C)yamanao999

がーん。。

もう半分くらいの個体が成虫に...。
これは視線の高さくらいの風景ですが、
根元から樹の高い箇所まで、至るところに集落ができています。
付近のニワウルシ全てにこれがいます。
で、それ以外の樹にも少し移住している事もわかりました。



サービス動画です。

…もっと翅を拡げたり、交尾したりするのかと思ったが、
アオハゴロモと同様、ほぼ沈黙しており、
幼虫の頃より動かなくなってました。
なお、動画をじっくり見て気付かれるかわかりませんが、
常に樹液を吸いながら、かなり大量のおしっこをします。
ツマグロオオヨコバイなどでもおしっこをポタポタ落とすシーンを
見たことがある方は結構いらっしゃると思うのですが、
こいつは蝉やカブトムシの様なおしっこを
すごくたくさんするのです。
で、おしっこはかなりベトつく蜜の様な感じであり、
樹の根元付近の雑草はすべてテカテカでベトベトな状態に...。
撮影中、髪の毛や腕、カメラ、それから左目に
ベトベトシッコを大量に浴びてしまい、
髪の毛はパリパリに…orz
腕などは痒くなりそうでしたので、撮影後に便所で洗った。
左目はまだ変な違和感が残っております。。

こいつは外来種である上におしっこ害虫ですね。。

20100731_10.JPG

飛翔写真は気合不足…。
ベトベトを洗って後日、再チャレンジしたいものです。


Canon EOS Kiss X4
posted by yamanao999 at 23:49| 石川 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アブラゼミ

アブラゼミ
アブラゼミ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 セミ科)

昼の散策でかなり疲れ、意識が朦朧とする夜、
今年こそサボらずアブラゼミの羽化を撮りに行こうと
思い切ってでかけたら、羽化ラッシュ!
ひとつの公園で5羽化程度見られました。

ロケ地は会社付近の公園数箇所まわった。
昼休みのプチ散策では撮影の無い日においてもしっかり下見しており、
その努力は報われ、結果もしっかり出た。

眠い。。


石川県金沢市
Ricoh GX200
posted by yamanao999 at 23:40| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

[昼休み]ニイニイゼミ

ニイニイゼミ
ニイニイゼミ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 セミ科)

暑いです...。
今日は大暑ですが、更に特別暑く感じてしまいます。

ここ数日、昼は仕事をしてたり、下見のみしてたりしており、
久しぶりに撮影しましたが、暑いです。。
なので、虫も日陰で休んでいたりしており、
今、最も旬なものはこのニイニイゼミでした。

ニイニイゼミ
ニイニイゼミ posted by (C)yamanao999

カモフラージュ的なものなのか、単に樹液が美味いからなのか、
サクラが生えていたらほぼサクラにいます。
他の蝉同様、デリケートなのですぐおしっこをして逃げていくのですが、
そろ〜っと近づけば案外簡単に撮影可能です。

ニイニイゼミ
ニイニイゼミ posted by (C)yamanao999

抜け殻もあちこち見られます。
殻に乾燥した泥が付いているのが特徴ですが、
破れない様に水洗いすると、普通の蝉と同じ様に茶色で光沢感ある殻になります。

アブラゼミ
アブラゼミ posted by (C)yamanao999

こちらもポツポツ出てきました。
例年通り、8月になる頃にはニイニイゼミが主役の座を奪われ、
こちらの蝉が主役となり、さらに暑い猛暑を演出してくれるのでしょう。。。


石川県金沢市
Ricoh GX200
posted by yamanao999 at 23:57| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

シタベニハゴロモ

シタベニハゴロモ
シタベニハゴロモ(幼虫) posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 ビワハゴロモ科)

インターネット上でシタベニハゴロモの事を調べてみると、
ソウルで大発生した記事が確認でき、
その資料によればそろそろ赤色に変身している頃かと思い、
発生地に向かってみると、見事にユニフォームが赤になっていた。

シタベニハゴロモ
シタベニハゴロモ(幼虫) posted by (C)yamanao999

で、マクロで撮るとこんな感じ。
100人中、88人くらいがキモいと言いそうな風景に。。

最初に見た時はテントウムシよりひとまわり小さなサイズで、
次に見た時はクサギカメムシよりひとまわり小さなサイズくらいだった。
で、今回はクサギカメムシとほぼ同じサイズくらいになっている。
ゴルフの石川選手と同等クラスの成長率だ。
動きは体長が大きくなった影響なのか、少し鈍くなっているが、
それでもハゴロモ特有のすばしこい動きである。
蝉やカメムシとはやはり異なったフットワークである。
そして、赤く大きくなると目立つ為か、
はたまた集まってきたのか、数が…かなり増えて見えます。
翅が無いので完全にカメムシですが、
いよいよ、翅が整った完全体が見られるまであと数ヶ月に迫ってきました。

成虫はどんな動きをするのか、楽しみです。


Canon EOS Kiss X4
Insect Eye Gyorome no.8-Ver(上)
CANON EF100mm F2.8macro(下)
posted by yamanao999 at 19:57| 石川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

ベッコウハゴロモ

ベッコウハゴロモ
ベッコウハゴロモ(幼虫) posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 ハゴロモ科)

途中、休んだパーキングの日陰で見つけた
ベッコウハゴロモの幼虫。

できれば一眼デジカメでじっくり撮影したかったけど、
コンデジでこれだけ撮れるのはさすがGX200。

次回、一眼レフでも楽しもうと思う。


石川県白山市
Ricoh GX200
posted by yamanao999 at 20:10| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

シタベニハゴロモ幼虫?

シタベニハゴロモ
シタベニハゴロモ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 ビワハゴロモ科)

多分、こいつだと思うのですが…。
やっぱり以前、昆虫館へ行ったときに
もっとじっくり見ておくべきでした。。
ガキと一緒に行くと大体じっくり見る事ができません。

シタベニハゴロモ
右側面から posted by (C)yamanao999

シタベニハゴロモ
左後部から posted by (C)yamanao999

シタベニハゴロモ
上から posted by (C)yamanao999

パッと見てまるでカメムシの幼虫みたいだが、
接近するとジャンプするところが
完全にヨコバイやハゴロモの特性と同じです。
いかがでしょうかね?
posted by yamanao999 at 23:28| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

オオワラジカイガラムシ

オオワラジカイガラムシ ♀
オオワラジカイガラムシ ♀ posted by (C)yamanao999
※2010/05/10、種名を通りすがりさんに教えていただきました。
 ありがとうございます。

先日、シタベニハゴロモを見つけた付近に
幼虫が居ないか確認しに行ってみたが、
昆虫館で見たはずの幼虫のカタチをすっかり忘れてしまっていた。
あまり便利なものを利用したくないと思って記録してこなかった。

で、見つけたものはこれのみ。
これ、4mm〜8mm程度ある虫で、どれも蟻が蜜を求めてやって来ている。
同じカメムシ目であるアブラムシには定番の習性なので
あってるのか、間違っているのか…何か違う見覚えのある様な。
ハムシの幼虫みたいケド…、どうでしょうか。

※2010/05/10、種名を通りすがりさんに
 オオワラジカイガラムシ ♀だと教えていただきました。
 ありがとうございます。…昔、ミカンなどで別種を見た記憶がありましたが、
 完全にサイズで惑わされました。。。

写真や口などの確認、ガキとデートだった為、
やりたくてもできず終いでした…orz
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 22:24| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

謎虫... ※改め、シタベニハゴロモ

20100503_01.JPG
謎虫...

20100503_02.JPG
裏側...

20100503_04.JPG
口のカタチはカメムシ目

シタベニハゴロモ
サイズはなんと、25mm。

今日はmahalitoさんと同行する事になり、
昨年より約束していたある聖地へ向かう事になっていたのですが、
わからな杉た上に、熊の気がかなり濃厚な地だったので
また来年以降の宿題にしてしまい、
スギカミキリの生息環境を伝授すべく、
今年大当たりだったポイントへ向かった。
そしてなんとか、ツガイで見つける事もでき、
mahalitoさんはここで既に満腹モードになってくれたのですが、
僕は家に帰ってもモヤモヤしております。

それはこの「謎虫」のミイラのせいです。
たまたま杉の洞にあったスズメガの脱け殻の上部に
この個体が見えて、羽化不全かと思い、
イタズラ心から引っ張って抜いて確認したらコレでした。
蛾の一種だと思ったら、口が口吻で完全にカメムシ目。
そしてこの黒水玉模様。。。
僕の認識している国内最大サイズのヨコバイはツマグロオオヨコバイ、
ウンカなどの最大サイズは15mm程度だと思う。
こいつ、頭から翅先までで25mmもあります。

コイツが何者なのか解る方、ぜひ教えて下さい。
謎杉て眠れません。。。

2010/5/4、正体が判明しました!
posted by yamanao999 at 23:01| 石川 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

クサギカメムシ

クサギカメムシ
クサギカメムシ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 カメムシ科)

見かけても高い確率で無視する虫、臭木亀虫。
地味な上に家にも侵入し、捕まえると相当臭い。
そしてたっぷり見かけるので無視する虫。

しかし、気が向いていつもと異なる撮影を行ってみると、
意外にもかなり美しく、不思議な感じで写真になる事がある。
なので、自分はこうした虫も無視せず、
つい撮影を繰り返す習性が身についています。
posted by yamanao999 at 22:15| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

ヨコヅナサシガメ

ヨコヅナサシガメ
ヨコヅナサシガメ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 サシガメ科)

今日は御馳走を食事中の幼虫くん。

人々がのんびりとお弁当を食べている背後で
肉食な生物が小さな命をひとつ、食べているドラマが
公園の片隅で起こっているのです。

そして、それを飯も喰わず撮影している
モノ好きな人間も存在しているのです。
posted by yamanao999 at 21:00| 石川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

[昼休み]ヨコヅナサシガメ

ヨコヅナサシガメ(幼虫)
ヨコヅナサシガメ(幼虫) posted by (C)yamanao999

今日の昼休みはとても麗らかであったので、
ふらふらと散歩がてらビロードツリアブでもいないか見に行った。

しかし、風が強くて飛ぶ虫はタテハとシジミしかいなかった。
残念だけど、ついでにサシガメを撮った。
冬場、身を寄せ合って寒さを凌いでいた彼らも
それぞれの道を歩み始めた様子だった。

今年は雪の日が多かったのですが、個体数は例年並み。
やはり温暖化の影響で北上というよりは、
もともと寒さに強い虫が、ジワジワと北上しているだけだと感じる。

金沢の桜は、いよいよ明日明後日が見頃を迎えそうです。

Canon EOS KISS X4 メモ
posted by yamanao999 at 22:21| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

ツクツクボウシ

ツクツクボウシ
ツクツクボウシ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 セミ科)

今日はツクツクボウシの脱け殻を見つけました。
今年の冬は風が強く、雪の日も多めですが、
よくそれに耐えて残っているものだと感心してしまいます。

今日はここからスタートで、
撮影とか関係無しでドライブの予定です。


小松市那谷町
posted by yamanao999 at 23:12| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする