2007年01月03日

冬の昆虫散策

20070103_02.JPG
今日も蛾を探しに少しだけフラフラしてきました。
結局見つけたのはフタスジフユシャクのみ。
飛んでいる姿ははじめて見ました。

20070103_01.JPG
あとはこのグチャグチャにいる…ヨコズナサシガメ幼生の越冬個体です。
サクラなどのウロや幹のくぼみなどにギッシリつまっており、
集団で暖めあって越冬します。

本日はこれだけw
posted by yamanao999 at 15:00| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

シマアメンボ再撮影に行く、の巻〜。

20061015_01.JPG

先週、最高にうまく撮れていたつもりだった「シマアメンボ」。
しかし、シャッタースピードが遅く、すべて台無しになっており、
気持ちの悪い一週間を過ごしました。。。

で、このシマアメンボだけの為に、貴重な休日丸一日を過ごすべく、
復讐へと向かいました\(-o-)/

20061015_02.JPG
夏場は無視する虫もとりあえず撮影〜。
なかなか面白いカタチのハエで、春先のヤナギ開花の時期から
ずーっと見る事ができます。

20061015_03.JPG
こいつを見かけると、どうしても撮影してしまいます(^_^;)
お腹がパンパン…ハリガネムシが入っていそうだったけど、
出す為の道具を持ってきていなかったので断念w;

20061015_04.JPG
ササキリが鳴いております。
このあたりのカマキリの餌の一種でしょう。。。

20061015_05.JPG
今日は♂も見る事ができました。
♀に比べて、確認できる確率が低いです。
動きも日本のカマキリの中ではヒメカマキリと同じくらいで、かなり俊敏です。

さてさて、寄り道はいい加減にやめて、
本題である「シマアメンボ」の地へ行かねば…。続きを読む
ラベル:昆虫 写真
posted by yamanao999 at 18:48| 石川 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

秋の虫を探す

20061009_08.JPG
先週の悪天候続きで秋は深まる一方です。

20061009_09.JPG
アカトンボの色も随分「秋色」に染まってきました。
夏型もまだ見られる中、真っ赤な個体が増えてきました。

20061009_01.JPG
さて、今日は昨日に引き続き秋の昆虫がメイン。

20061009_02.JPG
どんなものが見る事ができるでしょうか。

続きを読む
posted by yamanao999 at 01:07| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

久しぶりに散策

気温が低下して、そろそろ家の飼育クワガタ達も
マットの中でジーッとしている事が多くなり、
いよいよ冬眠の時期にさしかかった。
この連休は、悪天候が続いていたので、
久しぶりに全てのマットを交換してやった。
幼虫の餌もすべて交換できたので、すっきりしました。
足りない飼育用品はネイチャーアイさんで買い足しに。
久しぶりに足を運び、ついついハリガネムシ談議で長居してしまいましたw;

で、カマキリが見たくなりまして、9月24日以来の散策。
悪天候続きなのもあって、この約2週間で随分気温が低下してしまった。
ウマオイ・クツワムシなどの声は途絶え、カマキリも減少しました。
夜の気温は約16度。まだ色々いてくれるとありがたいですが…いるかな?

続きを読む
posted by yamanao999 at 23:55| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

秋口の夜の虫

今日は日中は久しぶりにダラダラしました。
かつては毎日ダラダラしていましたが。
最近は珍しくあまり気を抜いていないので、
今日はかな〜り気を抜きました。。。

…が、やっぱり時期を逃すのは勿体無い!
という事で夜の虫を見に出かけました。

20060827_02.JPG
ヒメギスです。どこにでもいる昆虫です。
今日はカメムシの一種を捕食するところを撮影できました。

20060827_03.JPG
コフキコガネです。これもまたどこにでもいます。

20060827_04.JPG
スズムシです。これもまた多いですが、草むらを探してもなかなか見つかりません。

20060827_08.JPG
オカメコオロギの一種です。どこにでもいます。

20060827_05.JPG
オオゴモクムシです。ここではよく見かけます。

20060827_06.JPG
ヤチスズ?でしょうか??
かなり小さなサイズです。

20060827_07.JPG
オナガササキリの♀でしょうか?
あまり見かけません。なかなか鮮やかな緑色でかっこいい虫です。

20060827_01.JPG
最後にコカマキリです。残念ながら本日お目当てのカマキリではありませんでした。
ハズレな上に一匹しか確認できませんでした。。。
どうも今年は全体的に発育が遅い様です。
同定の方法など詳しい事は「白山好虫会」の「カマキリとナナフシの壷」を覗いてみてください。その他「Photo Gallery」の2006年版の公開、「カミキリムシ・ワールド」内の写真を大幅に追加公開してあります。自分を含め、メンバー全員で撮影したものを収集したものです。こちらもご覧いただければ幸いです。(WEBマスター様、いつもお疲れ様です!)

え〜、それからしばらく観察を続けたもののALL普通種、
更に頭上から沢山のエンマコオロギが降ってくるだけになってしまったので
本日はこれにて退散です。。。

では魔多。

[本日確認の昆虫]
コカマキリ・スズムシ・マツムシ・ケラ・コフキコガネ・オオゴモクムシ・オナガササキリ?・ヒメギス・オカメコオロギの一種・ハネナガキリギリス・エンマコオロギ、その他色んな普通種。。。

[今日のBOOK]
【年間購読】日本フォトコンテスト
餓狼伝(18)
仮面ライダーspirits(10)
posted by yamanao999 at 00:50| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

2006年8月6日に見かけた昆虫

AM5時起床。

休みの日の起床は格別に早い。
出勤日は格別に遅いw

といった感じで出かけます。

20060806_01.JPG
まずはナナフシがお出迎え。
…擬態がバレていないと思っているのか、堂々と構えて動きませんw

20060806_02.JPG
今日は花が結構咲いておりました。
シラホシヒメゾウムシがかなりついています。

20060806_03.JPG
ムネグロリンゴカミキリです。
昨年は少しだけ確認できましたが、今年は比較的多いです。

20060806_04.JPG
マルガタハナカミキリも今年は多いです。

20060806_05.JPG
いつものヨツスジくんです。でも今期初確認です。
やはり季節はまだ大雪による影響の遅れを取り戻せていない様です。
セミはまだエゾハルゼミが鳴いています。
その他、ヒグラシ・ミンミンゼミ・コエゾゼミ・チッチゼミが鳴いています。

20060806_08.JPG
エゾハルゼミです。

20060806_06.JPG
少しスィーピングをしてみたところ、
ブロイニングカミキリ(多分…)が入りました。
多分自己初確認の種です。

20060806_07.JPG
色んなトンボが飛び交っている中、休憩中のトンボを発見。
オナガサナエでしょうか。
ウチワヤンマの様に尾の先が若干うちわ型になっていました。

2006.08.14追記>「ミヤマサナエ」だそうです。

20060806_09.JPG
蝶も色々飛んでいる中、とても小さい小型の蝶を発見。
…しかし手持ちの図鑑では同定できませんでした。。。
オオイチモンジかなぁ?
どなたかご存知ないでしょうか?

20060806_10.JPG
むむむ…。

20060806_11.JPG
ゴマダラくんです。
色んなところで目撃しますが、大きさ・模様・硬度など
昔から好きなカミキリです。

20060806_12.JPG
しつこく正面からも撮影w

といった感じで今日は確認できた種は若干少なく感じるものの、
様々な経験と学習ができました。
きっと今後に繋げる大切な記憶となることでしょう。

あ、最も恐れていた夏の大敵、
「イヨシロオビアブ」が出現してきました。。。

20060806_13.JPG

↑こいつです。。。

渓流釣りの方、トレッキングをされる方、サイクリングで山越えをされる方など、すべてのアウトドアを好む方の敵ではないでしょうかw
ウシアブも多くなってきました。。。
こいつらが付きまとうだけでかなりの体力を消耗してしまいます。
活動の時間は早朝と夕方とされますが、日陰や曇りの日などは少数ですが出現します。。。うざいです。

で、今回

ヘッドネット

↑こんなやつを装備してみたところ、なかなかいい感じでした!!
顔に直接アブがあたらないだけで、かなりうざい気持ちが解消されます。
ぜひお試しあれといった感じです。

今週は2日だけ労働階級として労働すれば夏季休暇に突入です。
はよ色々まわりたいところですw

[本日確認の種]
アカハナカミキリ・ムネグロリンゴカミキリ・ブロイニングカミキリ・ニンフハナカミキリ・ヨツスジハナカミキリ・マルガタハナカミキリ・チャボハナカミキリ・ヨコモンヒメハナカミキリ?・キマダラコメツキ・シロホシテントウ・ハネアカカミキリモドキ・コエゾゼミ・チッチゼミ・エゾハルゼミ・ヒグラシ・ミンミンゼミ・オオウラギンヒョウモン・サカハチョウ・ミドリシジミ・オナガサナエ・その他色んな昆虫
posted by yamanao999 at 22:47| 石川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

2006年7月23日に見た虫

自宅の庭でエリザハンミョウを見た影響でうれしくなって外出〜。

時間はさほど無いので、近場を適当にまわる事にしました。

20060723_11.JPG
出発して約2分後、走行しながらミヤマクワガタの♀を発見。
このくらいのサイズであれば走行しながらでも見えるw
勿論、放置。子孫を増やして来年も楽しませて欲しい。

それから数分後、以前下見で発見したリョウブを見に行くも、
花がまだ咲いてなかったり、咲いていてもなにも付いてなかったりで…。
ここはちょっと薄いのかなぁ??

がっかりしながら地面を見ると…、

20060723_12.JPG
…再びエリザハンミョウを発見。
今度は自宅の個体数とは比較にならないくらい凄い数との遭遇!!
凄くすばしこい…いったい何頭いるのかわからないけど、
パッと見て約30匹はいるかも。
こことは別の場所ですが、約10年前にこれと同じ風景を
見た事があったので、妙に懐かしく感じました。

20060723_13.JPG
花にはハラビロカマキリの幼生がついています。
随分大きくなりましたが、まだまだ模様もサイズも「こども」です。
これが大きくなる頃には夏も終わりに近づいているんだろう。

20060723_14.JPG
ただでは去るワケにはいかないので、立ち枯れの松を眺めながら歩く。
やはり…「ウバタマムシ」がいましたw
これはさすがに車で走行しながら確認する事は無理ですね〜。
松の幹に擬態しているのでじっくり見て探します。
普通種ですが、探して見つかるとうれしいタマムシの一種です。
スッキリしましたw

20060723_15.JPG
ポイント変更。10分程度走行して移動。
特に目ぼしいものは見つからず…スズメバチもやたら多いので、
蝶や飛蝗を撮影して遊ぶ事に。

20060723_16.JPG
目ぼしいものが何もいない場所で彩度の高いこういうカメムシを見つけると
少し救われます。これはよく見かける「アカスジカメムシ」です。

20060723_17.JPG
他のチビタマムシは既に力尽きて姿が見えない時期となりましたが、
このウメチビタマムシだけはまだ確認できます。

最後にこの場所でもエリザハンミョウを確認。
今度はパッと見て50〜70匹くらい居る…。
いる所にはいるものですねぇ〜!!

と、いった感じで今日の散策は終了。

その後、嫁がNEWデジカメを購入する為に量販店へ。
…ホンマは滅茶苦茶昼寝したかったのに(-"-)

【送料無料】V570 コダック デジタルカメラ
【送料無料】V570 コダック デジタルカメラ

やっぱりこれに決定。
レンズ2種搭載、広角23mm〜、マクロ5cmまで接近可、ISO800まで。
前から目をつけていたのでこれを勧める。
ちなみにこのカメラでの「パノラマ」は実に楽しいです。
3枚撮影して勝手につなげてくれるのですが、なかなかの精度!!
これは色々遊び心次第で面白い作品ができる予感がしますねw
そろそろ手に入りにくくなってきてますが、お勧めの一品!!
次に出るかもしれない「V610(日本未発表)」は広角ではなく
「望遠(35mm判換算で38〜114mm F3.9〜4.4と130〜380mm F4.8)」になるのでこの機を逃すと同様の広角コンデジはいつ手に入るかわかりません。

今日はCollection of YAMANAO999's Photographsに1点のみ写真を追加いたしました。こちらもご覧いただければ幸いです。

banner_01.gif
posted by yamanao999 at 23:35| 石川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

2006年見かけた昆虫(一部)

気が付けば既に12月も終わろうとしている。早いものです。
もう一回くらいどこかへ行けるだろうと思っていたのですが、
結婚や新居に関して色々やっているうちに雪が積もっているし、
年賀印刷も終盤となっていました。。。

そこで一部ですが、今年見かけた昆虫の写真を並べてみようと思います。

gifuchou.jpg
春の楽しみのひとつ、ギフチョウ。

nagame.jpg
ナガメ。じーさんの顔みたいです。

biroudotsuriabu.jpg
ビロウドツリアブ。これも春の楽しみのひとつ。

yanagihamushi.jpg
ヤナギハムシ。海外の安っぽい玩具みたいで好きw

ここから1年が始まった。

wamonnagahamushi.jpg tsumakiaojyoukaimodoki.jpg
ワモンナガハムシ(交尾)・ツマキアオジョウカイモドキ

kinkikorurikuwagata.jpg dorohamakichokiri.jpg
キンキコルリクワガタ(♂)・ドロハマキチョッキリ(♀)

tuyahadakuwagata.jpg shiriage.jpg
ツヤハダクワガタ(♂)・シリアゲ

rurimarunomihamushi.jpg kobuyahazukamikiri.jpg
ルリマルノミハムシ(♂・♀)・コブヤハズカミキリ

egotsurukubiotoshibumi.jpg yabukiri.jpg
エゴツルクビオトシブミ(♂)・ヤブキリ(足黒型)

fuchiguruyatsuboshikami.jpg yotsusujihanakami.jpg
フチグロヤツボシカミキリ・ヨツボシハナカミキリ(産卵)

mimizuki.jpg muneakanagakuchikimushi.jpg
ミミズク(昆虫なのにミミズクw)・ムネアカナガクチキムシ(♀)

torahanamuguri.jpg yamanao999-246.jpg
トラハナムグリ・ハラビロカマキリ

20050917_クツワムシ.jpg 20050924_himekama.jpg
クツワムシ(緑色型)・ヒメカマキリ

【タマムシ編】
タマムシ.jpg ubatamamushi.jpg
ヤマトタマムシ(写真は昨年のもの)・ウバタマムシ

keyakinagatama.jpg mutsuboshitama.jpg
ケヤキナガタマムシ(交尾)・ムツボシタマムシ

hishimonnagatama.jpg hishimonnagatamaao.jpg
ヒシモンナガタマムシ(通常型)・ヒシモンナガタマムシ(青色型)

kuronagatama.jpg uguisunagatama.jpg
クロナガタマムシ・不明種

siroobinakabosotama.jpg yanonamigatanochibitama.jpg
シロオビナカボソタマムシ・ヤノナミガタチビタマムシ

IMG_5684.jpg yanagichibitama.jpg
ダンダラチビタマムシ・ヤナギチビタマムシ

【今年の最大印象の種はこれ!】
ruriboshikamikiri.jpg
ずばりルリボシカミキリ!! 子供の頃から図鑑で見てたものの一度も実物を見た事が無かった特徴のある虫だけに、見つけた時は一番興奮しました。来年も見かけたいものです(^^

という感じで写真だけ並べて適当すぎですが、
来年もまた色んな昆虫を見てみたいものです(^^
posted by yamanao999 at 22:56| 石川 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする