2007年08月18日

燈火観察 変わったカタチの昆虫たち

20070816_04.JPG
ハネカクシの一種

一見、翅が無い様に見える事からハネカクシという名が付いてますが、飛び方はかなり上手い!蟻や蜂にも見えたり、色んなカタチの仲間が居る事からいつも甲虫の原始的な形態に見えてしまう。

20070816_05.JPG
ザトウムシの一種

節足動物であって昆虫ではないザトウムシの一種。燈火に来るのですね。呼んでないのに…。先日行った時にこびりついた乾燥した蛾の死骸を喰ってます。人間も乾燥した潰れた海老の煎餅を美味しそうに喰うのですが、そんな感じで美味いのかも。

20070816_06.JPG
キカマキリモドキ
(アミメカゲロウ目 カマキリモドキ科)

先日見たものよりふたまわりほど体長が大きく、やはり灯下によく集まってきます。カマキリとは釜のスタイルが異なり、とても面白いカタチをしています。

20070816_07.JPG
蛾の一種

…何蛾かわかりませんが。とまるカタチが土下座した様な感じの蛾。蛾は色んなカタチがあって大変面白いです。でも図鑑がない上に同定はかなり難しそう。。。

20070816_08.JPG
ミミズク
(カメムシ目 ミミズク科)
Ledra auditura Walker

こう見えてもカメムシのなかま。幼虫はクヌギなどのブナ科の植物に寄生し、成虫は7月ごろから現れる。灯下に来る率も高いですが、どうも19時30分〜20時に来るような気がします。まだ何回か試してみないとわかりませんが…。成虫で越冬するみたいですね。樹皮の下で寒さを凌ぐのでしょうか?

20070816_09.JPG
エゾゼミ
(カメムシ目 セミ科)
Tibicen japonicus Kato

先日からかなり熱心に姿を求めていたエゾゼミ。ですが、なんと灯下にたっぷり落ちてました。。。拍子抜けですw しかし、灯下に転がっている個体はすべて♀。確かに灯下の蝉を確認すると♀が多い。これには何か理由がありそう。これで♀が来る理由があるとすれば、カメムシ・アワフキなども同じなのか!?

ほんの一部の写真を掲載しました。蛾の写真はまだたっぷりある…。どう使おうか悩み中。。。かっこいいけど種類もよくわからんし…。
posted by yamanao999 at 11:35| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酷暑で虫がいない。。。

20070817_01.JPG
トラハナムグリ
(甲虫目 コガネムシ科)
Trichius lagopus FAIRMAIRE

またまた暑い日となりました。外出するかしないか迷った挙句、やっぱり外出するも、面白い甲虫はこのトラハナムグリのみ。。。一頭だけノリウツギにいてくれました。ああ、オオトラフコガネの写真も撮ってみたかったけど、今年はどうも無理臭い。このモコモコ君がいてくれたので気分はなんとか持ち堪えられましたw;

20070817_02.JPG
ヤブキリ
(バッタ目 キリギリス科)
Tettigonia prientalis Uvarov

ほとんど成虫になった感じです。ヒメギスと共によく道路上に現れます。

20070817_03.JPG
Zorgログイン画面

Zorgのログイン画面のスライド写真の一枚に選んでいただけました。

夏季休暇終了まで今日と明日限り…。
でも今日は家でグデ〜っとしそうな感じですw;
posted by yamanao999 at 10:17| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

炎天下での散策

20070814_01.JPG
イタヤカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Mecynippus pubicornis BATES, 1884

連日猛暑が続いており、ここ金沢においても33〜36度くらいの気温となっております。夜も寝苦しく、昨日は0時就寝→3時に飛行機が墜落する夢で起床…→二度寝→4時10分に起床し、お出かけ。
この暑い夏、虫も暑すぎてあまりおらず…せいぜいで飛蝗・蜻蛉・蝉・玉虫などの一部の虫のみが元気良く活動しております。
さて、今日は何が見る事ができるのか?

まず、各花には虫はまったくおらず…。暑すぎて活動していないだけなのか、はたまた発生数が激減したのかは謎。。。
歩いて約1時間後にようやく見つけたのはヤナギの枝のイタヤカミキリでした。
続きは一部をテキトーに紹介。。。かなりの疲労感でそろそろクタバリソウなのでw;
posted by yamanao999 at 21:21| 石川 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

燈火観察

20070812_01.JPG

昨日はいつもの仲間達と超久しぶりの燈火観察を決行しました。
前回行ったのは2003年…実に4年ぶりでまるでオリンピックの開催みたいw

連日日中の気温はかなり高く、虫も人も降参気味です。。。
そこで夜の観察の予定を少し早めてやってみる事に。
13日は新月なので期待は大きいのです。

目標はここ数年見ていなかったキカマキリモドキ・キイロゲンセイ・ヒゲナガカミキリなど。で、できればヨコヤマヒゲナガカミキリが見たい(^^)

続きを読む
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 11:47| 石川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

☆オマケ☆ 馴染みの虫の背後に迫ってみる。

20070804_06.JPG

ニイニイゼミの背後へ忍び寄り...


20070804_09.JPG

ミヤマカミキリの背後へも忍び寄る。

が、


20070804_07.JPG

イトトンボ君は許してくれませんでした(-_-;)
キャシャだけど、まるで池の門番の様ですw


…オマケ記事でした。では股。
ラベル:昆虫 写真
posted by yamanao999 at 19:59| 石川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

夏休み初旬の昆虫たち

20070728_01.JPG
くりうどん...。

信号待ちにて。のれんをみたら「くりうどん」。
すげ〜美味そうか不味そうだ。看板を見たら100円との事。店舗の古さから見て、現代の100円うどんの元祖たるものだと感じたがいかがなものか!?

さて、今日は曇天です_ノフ○
もうホントに梅雨には死んでもらいたいDEATHが…。
と、いう事で今日は下見に徹し、これまで行った事のないところを歩いたり走ったりでまわってみました。

続きを読む
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 00:11| 石川 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

夜に見かけた色んな虫たち 7月下旬編

20070727_01.JPG

昼休みに会社近くの公園へストレス発散に出かけました。
今日は珍しく晴れて暑い日だった為、夏休み中の多くの子供達が遊具で遊ぶ風景を見ました。ちなみに今日のこのショボイ公園では蝉の抜け殻しか撮影できず…。こうなったら気分は夏休みです。業務後に少し夜回りしに行く事にしました。行く途中でいつも同行していただいているヨネさんを拉致w

続きを読む
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 01:56| 石川 ☀| Comment(10) | TrackBack(1) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

虫の視点から見た、様々な虫の出来事

20070722_01.JPG
エゾサビカミキリ(…多分)

今日はお目当ての虫は特に無く、只単に溜まりに溜まったフラストレーションを少しでも消化したいが為に、雲が落ちてきそうなくらい超曇天な山道を散歩しました。

最近というか、これまでの自分の虫の目レンズで撮影するスタイルは、いつも見る馴染みの昆虫を、これまで見た事が無い様な姿を捉えるスタイルのものが多かったのですが、今日は「虫の視点」に拘って撮影しようとテーマを持って出かけました。しかし、生憎薄暗い糞超曇天な為、あまり背景は表現できない予感。。。晴天時を考えた訓練という事で、薄暗い点は寛大な心で見てください(^_^;)


続きを読む
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 21:15| 石川 ☔| Comment(8) | TrackBack(1) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

[昼休み]しょぼい公園の昆虫

コフキコガネ
コフキコガネ posted by (C)yamanao999

久しぶりに良い天気の一日となりました。ここ数日は天候が悪く、更に仕事は大混雑しており、なかなか外を歩く時間も持てませんでした。なので今日は久しぶりに昼休みに外出。かといって、時間は数十分しか無い為、会社近くのしょぼい公園へ行ってみる事に。春に向かった際には生物反応はゼロだったこの公園で、一体何が見る事ができるのだろうか。期待せずに先へ進むと、いきなり大型の甲虫、コフキコガネを発見。

あ、なんかドキドキするw

続きを読む
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 01:04| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

[7月・曇天ジメジメ]不人気な蟲達...

20070716_02.JPG

ちょうどこの写真を撮っていると嫁からTELが。
どうも大きな地震があったとの事。。。

とすると…。

20070716_01.JPG
キマワリの一種

↑これを撮っている時に揺れてたのが地震だったのか〜。
先日からの雨で地盤がグチョグチョになっており、その為フカフカユラユラしているのだと思ってましたが…。最近、キマワリの顔が妙にカッコよく見えます。。。

続きを読む
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 00:18| 石川 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

7月中旬の虫たち

台風は…結局来なかった。
で、朝目覚めると曇り気味だけど、雨は降っていない。
昨日までのフラストレーションを少しでも発散させるべく外出!
台風の影響である強風が吹いている為、今日は土場に行くことに。

20070715_01.JPG
シロヒゲナガゾウムシ
(甲虫目 ヒゲナガゾウムシ科)
Platystomos sellatus (ROELOFS)

寄って来る蚊を払いながら、じめっとした粗朶を眺める。
目が慣れてくると色んな小さな甲虫が見えるようになります。
ヒゲナガゾウムシの仲間は比較的ジメジメした日の当たらない粗朶で
じっとしている事が多いです。

20070715_02.JPG
クロハナムグリ
(甲虫目 コガネムシ科)
Glycyphana fulvistemma MOTSCHULSKY

材が濡れて水分を含んだ為か、今日はハナムグリの仲間がよく飛来していた。

20070715_03.JPG
カタシロゴマフカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Mesosa (Perimesosa) hirsuta BATES

今日見かけたカミキリはこのカタシロゴマフカミキリ。その他ゴマフカミキリ・クビアカトラカミキリ・ヘリグロリンゴカミキリといういつもよく見かける種のみ確認。写真はないのですが、ルリツヤハダコメツキといった美麗なコメツキを確認。

20070715_04.JPG
ザトウムシの一種

今日のザトウムシは暖色で、ツノが一本ある...。
ザトウムシは謎が多い。ツノは何に使うのだろう????

20070715_05.JPG
スジクワガタ
(甲虫目 クワガタムシ科)
Macrodorcas striatipennis MOTSCHULSKY

かなり小型なクワガタムシ。暗くジメジメした環境の樹液でよく見かけます。小型〜大型になると大顎の形状は大きく変わる面白いクワガタです。ひそかに好きw

20070715_06.JPG
ミヤマクワガタ(♀)
(甲虫目 クワガタムシ科)
Lucanus maculifemoratus Motschulsky

赤っぽい♀をカラスザンショウの樹皮めくれにて確認。
見るとカラスザンショウに羽脱痕がたっぷり。
犯人が気になる。。。

続きを読む
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 23:26| 石川 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

七夕の日に見た昆虫達

20070707_01.JPG
シュレーゲルアオガエル

7月7日、最後にまたカエルの産卵風景が撮影できないか、ダメモトでロケ地に行ってみました。すると先週までの賑やかさは嘘の様に静まっており、沈黙する池では大量のおたまじゃくしと、このシュレーゲルアオガエルのみが見る事ができました。で、即諦めて移動...。


20070707_03.JPG
ミヤマクワガタ
(甲虫目 クワガタムシ科)
Lucanus maculifemoratus Motschulsky

次のポイントに向かう途中、知人であるM氏と出会う。M氏とはかれこれ約5年ほど前に某サイトのBBSで知り合い、今年春に初めて同行散策した。とても色んな知識を持つ方で、この日はクワガタをリリースしていたので撮影させてもらいました(^^)
ミヤマクワガタは里山でよく見かけましたが、近年のクワガタブームにより乱獲されたり、新しい道路などによる開発によって激減しております。ミヤマクワガタだけではなく、石川県ではヒラタクワガタ・スジクワガタ・ヒメオオクワガタなども同様な条件で激減している種であります。クワガタの居ない雑木林はとても寂しいものです。どうか必要以上の採集は控え、極力誰にでも採集ポイントを教えたり、♀の乱獲は避けたいものです。ミヤマクワガタに関しては、いつも仲良くしていただいている方の経験では、約20℃くらいの室温でブリードに成功し、現在3令幼虫になっているとの事。サナギで亡くなるケースもよく耳にするのでこれからの気温管理はかなり難易度が高い。ですので、よほどの覚悟で飼育する方以外にはオススメできない難しい種です。

20070707_02.JPG
ウバタマムシ
(甲虫目 タマムシ科)
Chalcophora japonica (Gory)

先日、クビアカトラカミキリを浴びた土場へ行く。この日はこのウバタマムシがアカマツ材で最も存在感を示していました。近づくと「ブブブ〜。」と大きな音を立てて飛んでいきます。光沢感はタマムシに比べると地味ですが、この独特な銅色の光沢感もなかなかなものです。他にはケヤキナガタマムシ・クロナガタマムシ・ムツボシタマムシ・ベニナガタマムシなど多数のタマムシを確認できたので大満足です。

20070707_04.JPG
クチナシ
(アカネ科 クチナシ属)
Gardenia jasminoides

名前だけはよく聞く植物はたくさんあるのですが、この「梔子」もそうでした。桃や化粧品の様な濃厚な香りがあたりに漂っており、暑さが和らぎました。

20070707_05.JPG
ナナフシの一種

そろそろ大きくなってきましたね〜。枝そっくりというものの、葉を喰っている姿は目立ちます。鳥にとってはかなり美味い餌に見えますが、鳥にはこの姿は見えないのだろうか?佃煮にしたら人間にとっても美味いかもしれない。…でも食べる気は起こりませんね。ヤブキリやミヤマフキバッタなども成虫を確認しました。

この日も色々勉強になりました。一生勉強してもとても憶えられそうにない事ばかりなので、じいさんになっても人生が楽しめそうですw

ちなみに今日は家の用事で終了。。。
ストレス溜まるけど、たまにやっておかないと大変ですw;
夕方、涼しい風とともにヒグラシの声が聞こえてきました。

もうそんな季節です。

続きを読む
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 22:05| 石川 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

[寄り道]久しぶりの寄り道

梅雨は本番に突入〜。
今週は残業気味なのもあり、どこへも行けませんで。
溜まったフラストレーションは今週末ブリーチしてやろうと思っております。

さて、本日は久しぶりの寄り道です。
季節ははや7月。本日は今期初のニイニイゼミの声を確認しました。
いや〜、このままだと気がつけば冬になるペース。。。
嫌な糞冬に突入するまでに精一杯活動したいと気は馳せります。

今日は初見も含めて様々な虫を見かけました。
いつもの様に淡々と写真でお見せしたいと思います。

20070706_01.JPG
フクラスズメ
(チョウ目 ヤガ科 シタバガ亜科)
Arcte coerula (Guenée, 1852)

ネットで調べてなんとか種名がわかりました。
かなり大型の蛾で、独特な模様はなかなか美しい。
…でも蛾は苦手です。。。

20070706_02.JPG
蚊?

同定GIVEです。。。
飛び方は蜘蛛が糸を張る様な感じでした。
飛ぶと足の白い模様しか見えないので異様。
特徴があるからすぐにわかると思ったのですが…。
止り方は葉の先などに脚一本でぶら下がります。
で、他の脚は蜘蛛の様に動かしています。
…どなたか教えてくださいm(__)m

20070706_03.JPG
アオハナムグリ
(甲虫目 コガネムシ科)
Eucetonia roelofsi

息絶え絶えで葉上にポツリ。
孤独に死んでいく昆虫の姿はちょっぴり切なく、とっても自然。

20070706_04.JPG
アオイトトンボ
(トンボ目 アオイトトンボ科)
Lestes sponsa Hansemann

今日は真正面から撮影できました。
やっぱりイトトンボの顔はかわいい。

20070706_05.JPG
ネムノキ
(マメ科 ネムノキ属)
Albizia julibrissin Durazz

これはソフトVerで撮影。
ネムノキの花は綺麗なので素敵。
これにアオスジカミキリが付いてたら…もっとうれしいw
と思ってたら大量の発生痕を確認。
久しぶりに姿が見たいので、引き続き観察したいです。

20070706_06.JPG
サビヒョウタンゾウムシ?
(甲虫目 ゾウムシ科)

わからん…。
クズに付いていたのでマメ科の植物を好むゾウムシの様ですが。
ちゃんと多方向から撮影せねばと思いつつ、サボってしまいます。
しかもよく見かける虫なのに…じっくり見たのは初めて。

20070706_07.JPG
ホソキリンゴカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Oberea infranigrescens (BRUNING, 1962)

…実は生涯初確認。初めて見る虫の撮影はいつも失敗します。
緊張と喜びで慌ててしまうのです。。。
まわりにサクラは無いのでたまたま下草に落ちてきたのか?
じっくり見たら、どっかにホストがありそうな気もします。

※後日まったり確認したところ、ホソキリンゴカミキリだとわかりました。。。成虫はフジ・ハギ類・ハンノキ類・ヌルデ・クロツバラ・クリなどとホストが多いとされております。このうちフジ・ハンノキはあったので、納得しました。

20070706_08.JPG
ハヤテグモ
(キシダグモ科 ハヤテグモ属)
Perenethis fascigera (Bosenberg & Strand 1906)

…多分ハヤテグモ。
ああ、いつもながら同定は自信がないものばっかしです。
間違っていたら優しく教えてくださいm(__)m

…ちなみに本日の画像は全てISO1600。。。
先日のテキトーテストの設定のまま撮影してました。
道理で夕方なのにシャッタースピードがいつもより早いなぁ〜と、
思っただけでそのまま気づかず虫を探す事に没頭。
しばらく散策していないと探す楽しみでいっぱいでしたw;

ブログランキングに参加しております。記事・写真が楽しめましたら、下記か右上のバナーをポチッとクリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ banner_01.gif
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 23:31| 石川 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

[寄り道]天候悪し…6月下旬の虫

さて、ローカルに帰って来てからというもの、
残業と曇天が続いておりました。
とうとう今年も6月下旬を迎えましたが…早いものです。。。
自分が存分に動けるのはあと約3ヶ月程度…。
やらなあかん事が多くて頭が痛いですね(-_-;)

さて、久しぶりの寄り道です。
よりによって少し遅くなってしまった上に
薄暗い曇天のもと…こんな日は何がいるのか期待薄…。

20070627_01.JPG
マメコガネ
(甲虫目 コガネムシ科)
Popillia japonica Newman
Canon EOS Kiss Degital N / 虫の目レンズ

ついにマメコガネの多い時期になってしまいました。
「ジャパニーズビートル」として日本からアメリカに移入し、
農作物の害虫となった事は有名なハナシです。

20070627_02.JPG
テングチョウ
(チョウ目 テングチョウ科)
Libythea celtis Fuessly
データー同上

普段は素早く移動する為、なかなか撮影させてくれませんが、
今日は曇天で気温も高くなかった為、おとなしく休息しておりました。
食餌植物はエノキ。あたりを見ると確かにエノキだらけです。
エノキには多くの蝶やタマムシのホストとなっているので、
かなりお気に入りの樹木です。

20070627_03.JPG
アトジロサビカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Pterolophia zonata (BATES, 1873)
データー同上

最近カラムシの葉上にてよく見かける様になってきました。喰ってるん?…でしょうか?? ちなみにサビカミキリの仲間の同定は苦手です(-_-;) そしてカラムシといえばラミーカミキリですが、まだ県内では見た事がありません。果たしているのだろうか。

20070627_04.JPG
蟻に喰われるナガチャコガネ
データー同上

出てくるものあれば消えるものもあり。
景気が回復したという嘘臭いニュースが流れる中、多くの企業や人の命が犠牲になっている感じがします。社会に新たに出現するものは悪か?

久しぶりに地元の材も見ましたが…キマワリが一匹のみ。。。
何なんだ、この違いはw 更にヤブカの大群。。。
日が落ちる時刻で天候も悪く、悪条件が重なっただけだと信じたいです(-_-;)

そういえば昨日NHKで見た番組ではアカトンボが激減しとると言っており、我が石川県が出ておりました。見かけない事はないのですが、確かに昔見た数に比べると滅茶苦茶減ってますね。なんでも乾田により稲の生長を高める反面、プランクトンが死に、ヤゴも死ぬという。
という事はカエルや魚も減り、鳥も減る。鳥が減れば植物の繁殖などにも影響を及ぼし、どんどん生態系が崩れる事に。これは大変な事ですね。なんだか人間も様子がおかしいヤツが増えてる気もするし。。。大丈夫か、地球。

う〜ん、、、とりあえず天候的に週末は期待できませんが、晴れ間と時間があったら諦めずカエルを見に行きたいところです。そろそろ産卵期が終わりそう。。。う〜む、時期を逃してしまいそう(-_-;)
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 22:18| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

土場の昆虫(6月中旬編)

今日は蛙を撮影したいので、知る限りの近場の池を散策してきましたが、最高のロケーションである小さな池は、暖冬の影響と雨の具合で水が無く断念。。。この池は大きな水溜りの様な環境なので、雨や雪が少ない年は干上がってしますのです。そこは諦めて、別の大きな池へ行ってみましたが、広すぎる上に、モリアオガエルが産卵するポイントまでの道が無く、久しぶりに藪をこいで途中まで行くもののたどり着けず…断念です(-_-;) 以前会社の方より耳にしていた池はブラックバスがウヨウヨいるとの事で、蛙の声すら聞こえず…。今年はダメかもしれません。。。

で、ターゲットを変更してエリザハンミョウに絞りました。実は自宅の庭で数匹の成虫を見かけたので、そろそろだなと思い、昨年の撮影ポイントへ向かいました。予想通り大量のエリザハンミョウを確認できましたが、あのハエの様に素早い虫を撮影するには困難を極め…約一時間粘ったものの、熱射病寸前になり断念DEATH。。。

更にターゲットを変更して、クワガタでも撮影したいと思ったのですが、樹皮は片っ端からめくられ、釘を打ち付けてあったりで…イライラして中止しました。

最悪な気分になりつつも、春に下見した際に発見した土場を思い出し、ちょっと寄ってみる事にしました。もう既に撤去されている可能性が大きかった為、全く期待してませんでした。が、材が増えておりました(^^) 車を降りるなり、さっそく大量に動く虫を発見☆

20070617_01.JPG
クビアカトラカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Xylotrechus rufilius Bates,1884

もう大興奮ですw そろそろ見かけても不思議ではないと思いつつ、昨年確認した場所へも行ってみるものの、全然姿が無かった為諦めようと思っていたのですが、今日この場でパッと見て100匹はいるかもしれない環境に出会えましたw 蟻の様に大量な個体が材を移動しており、ホントに浴びるくらいの数…というかたっぷり浴びましたw もう一生分のクビアカトラカミキリを見た気分です。で、他にどんなカミキリがいるのかワクワクしましたが、見事にクビアカトラ一色…あの超普通種であるゴマフすらおらず…。

続きを読む
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 22:27| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

雨上がりにどんな虫が見られるか?

20070610_01.JPG
ルイスホソカタムシ
(甲虫目 ホソカタムシ科)
Gempylodes lewisii SHARP
Canon EOS Kiss Degital N / 虫の目レンズ

いきなりボケボケの汚い写真ですが…これが今日最も面白かった虫でして。。。ルイスホソカタムシ…何度図鑑で見ても「変な虫やなぁ〜。」と思っていたものを初めて実物を見た時は滅茶苦茶うれしいものでw 樹液で確認しました。


今日は昨日の雨の影響でやや蒸しており、かといって低気圧の影響で気温は低い。これではカミキリなどの昆虫は期待できないが、ジメジメしていてもいる虫は見る事ができるかと。用事もあったので、短時間だけ下見を兼ねて散策に出かけました。

20070610_02.JPG
ミヤマオビオオキノコ
(甲虫目 オオキノコムシ科)
Episcapha gorhami LEWIS
データ同上

オオキノコムシの一種で、名前の通り各種キノコを食べます。昨日の雨、そして今日の気温の低さでカミキリはおらず…かわりにコレがいてくれました。サイズもなかなかなもので、約15mm近くありそうです。昨年同じ時期の同じ場所では確認できませんでしたが、微妙な時期の違い・環境の違いで見る機会を失っているのかもしれません。ここではこの虫が最も多く確認できました。

20070610_03.JPG
ヒメヒゲナガカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Monochamus subfasciatus BATES
データ同上

伐採木でよく見かけるカミキリ。見た目も生息域も地味で、ビビるとよく転がって地面に落ちる。落ちると地味な色の為、見失ってします。

20070610_04.JPG
ベニカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Purpuricenus temminckii (GUERIN-MENEVILLE, 1844)
データ同上

この時期の花で最もよく見かけるカミキリ。竹林付近の開けたところにある花に集まります。…赤いケドとってもドン臭く、鈍いですw だから好きw

20070610_05.JPG
ヒゲナガオトシブミ(♀)
(甲虫目 オトシブミ科)
Paratrachelophorus longicornis (ROELOFS)
データ同上

♀はヒゲ(触覚)が短い。…なんとなくそうかなと思っていましたが、本日初確認。家に帰ってから、やっぱり正面から撮影したかったと思いきや、拡大して改めて見てみると、なんとうんこ中の写真だったので、これはこれでヨシとしましたw

20070610_06.JPG
アカクビナガハムシ
(甲虫目 ハムシ科)
Lilioceris subpolita (Motschulsky)
データ同上

パッと見、カミキリの仲間に見えるくらい大型のハムシ。
ツヤがいい虫なので、ストロボ光が反射して変な写真になってしまった。難しいです。。。

20070610_07.JPG
イチモンジカメノコハムシ
(甲虫目 ハムシ科)
Thlaspida cribrosa (BOHEMAN)
データ同上

透き通った鎧の様なカタチが好みw

…という感じで天候に恵まれない週末でした(T_T)
梅雨に入ってしまうと益々厳しい状況になるので心配です。。。
ここ北陸の雨は…しつこくて嫌いです(-_-;)

ブログランキングに参加しております。記事・写真が楽しめましたら、下記か右上のバナーをポチッとクリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ banner_01.gif
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 22:58| 石川 ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

雨の中の生き物たち

20070606_01.JPG
やぁ、皆さんこんばんわ。

20070606_02.JPG
蝸牛の一種(…さすがに同定はギブしました)
Canon EOS Kiss Degital N / 虫の目レンズ

今日も寄り道してやろうとウキウキしてたら
急に振り出した雨を喰らって渋々帰宅しました(#)Д`;;)…ヒドイヨ…
でも小雨だったので、家の近所をうろついていたところ、
「でんでんむし」を発見☆

20070606_03.JPG
ツノダセ、ヤリダセ、メダマダセ。。。

ほんとに目玉っぽいものがあってびっくりw
子供の頃に見ていた図鑑にはせいぜい5種類くらいしか
掲載されておらず、全て憶えた気になっておりましたが、
大人になった今、調べてみるとなんと日本だけで約700種以上居るとか…。
絶対同定は無理です…(-_-;)

その他の生き物…
posted by yamanao999 at 23:10| 石川 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

梅雨前の虫

20070603_01.JPG
キマダラミヤマカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Aeolesthes chrysothrix chrysothrix (BATES, 1873)
Canon EOS Kiss Degital N / 虫の目レンズ

眠いです…。一週間の疲れが抜けぬままフィールドへ向かいました。
天気は晴れのち曇り、風は強くもないのですが撮影に邪魔になるくらいの強さ。ガマズミ・サワフタギなどはピークを若干過ぎた状態にまでなっておりました。まず出迎えてくれたのはキマダラミヤマカミキリです。毎年樹液や立ち枯れで確認しておりましたが、今日はガマズミで確認。写真はボトっと落ちてきたものを撮影。

今日はキマダラミヤマカミキリをはじめ、ツヤケシハナカミキリ・ヤツボシハナカミキリ・ニンフホソハナカミキリ・ムネアカクロハナカミキリ・トビイロカミキリ・ベニカミキリ・シラケトラカミキリ・キスジトラカミキリ・キイロトラカミキリ・エグリトラカミキリ・ヒメルリハナカミキリ・など多くの種をガマズミ・サワフタギで確認できました。撮影はうまくいったものもありますが、風でブレブレのもの少なくありませんでした(^_^;)

20070603_02.JPG
トホシカメムシ
(カメムシ目 カメムシ科)
Lelia decempunctata Motschulsky
データ同上

見かけるカメムシの種類も増えてきました。今日はこのトホシカメムシを撮影。記憶していたものよりかなり大型で、カタチ的にもとても面白く見ごたえのあるカメムシです。

20070603_03.JPG
キシャヤスデ
(オビヤスデ目 ババヤスデ科)
Parafontaria laminata armigera (Verhoeff)
データ同上

かつて大量発生した際に、山野を通る鉄道の線路に集団で出現し、列車のスリップ事故を引き起こすことからその名が付いたとの事。見た目はグロく、独特なカラーもなかなか…w;

20070603_04.JPG
クロアシナガコガネ
(甲虫目 コガネムシ科)
Hoplia moerens WATERHOUSE
データ同上

花粉塗れでアシが黒いのかどうなのか微妙。。。
交尾が良すぎてか、♂は両足を大空に向かってあげっぱなしw

20070603_05.JPG
キンイロジョウカイ
(甲虫目 ジョウカイボン科)
Themus episcopalis (KIESENWETTER)
データ同上

今日は食事シーンを確認できました。何やらアブかハムシダマシかわかりませんが、モシャモシャとミンチ状にして喰ってます。よほど美味いのか、頭を突っ込んで喰う姿は完全に肉食虫。牙はかなり鋭く太い形状になっており、まさに噛み砕く為に形成されたものです。…しかしこのトロいジョウカイボンは、一体どうやって虫を捕らえるのでしょうか?
てっきり花の蜜ばっかり吸っていて、肉食じゃなくなっているのかと思ってましたが。

そろそろ梅雨のかおりがプンプン臭う頃となってきましたが…。
せめて週末くらいは雨降ってほしくないですね。

ジョウカイボンに噛まれたくなければ、
下記か右上のバナーをポチッとクリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ banner_01.gif
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 21:49| 石川 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

初夏の風景

20070527_08.JPG
エゴノキ
(エゴノキ科 エゴノキ属)
Styrax japonica Sieb. et Zucc.
Canon EOS Kiss Degital N / 虫の目レンズ

エゴノキに花がつき始めました。
気温も高まり、一気に夏めいてきました。

20070527_01.JPG
ハルゼミの抜け殻
(カメムシ目 セミ科)
Terpnosia vacua OLIVIER
データ同上

今日は近場へハルゼミを探しに行く事に。現地に到着すると数匹の鳴き声が聞こえ、松林に入る。しかし、やっぱりハルゼミ。すぐに鳴き声は止み、姿はなかなかみつかりません。

20070527_02.JPG
ハルゼミ(♂)
(カメムシ目 セミ科)
Terpnosia vacua OLIVIER
Canon EOS Kiss Degital N / EF 100-300mm(トリミング)

…結局、自分の手持ち機材ではこれが限界でした(T_T)
大きな松の天辺にて発見。。。どう足掻いてもこれが精一杯で(-_-;)
…「ハルゼミを探せ」みたいな写真です。どこにいるか探して楽しんで下さいw; …shit! 大砲みたいなレンズ欲しい〜。宝くじあたれ…嫁のだけどw 当たったら少しくらいくれるハズだ☆

続きを読む
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 22:16| 石川 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

昼休みと寄り道

ゴマフカミキリ
ゴマフカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)
Mesosa (Mesosa) japonica Bates,1873
Canon EOS Kiss Degital N / 虫の目レンズ

先週末は天候が悪かったり、時間が無く、一気にテンションが下がっておりました。が、時間のありがたみは人一倍わかっているつもり…なので落ち着いている余裕はありません。日中好条件な場合、昼休みになると共に少量のパンを喰らいながら山へ向かいます。例え数分しか無い場合においても、撮影は無理でも下見だけはかかしません。今日は藤の伐採木にて大量のゴマフカミキリを…浴びましたw その他、ベニカミキリ・謎ナガタマムシなどを確認後、即業務を行う為に帰社します。
正直アホでありますが、少しでも時間を有効に活用したいのです。

続きを読む
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 22:33| 石川 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする