2008年06月08日

子守...。

アズマキシダグモ
アズマキシダグモ posted by (C)yamanao999
(キシダグモ科 キシダグモ属)
Pisaura lama Bosenberg & Strand 1906

早朝、子守をする蜘蛛を見かけました。
子供の頃は水辺などでよくこういう風景を見かけた記憶がありますが、
最近は何かと気忙しく、居てもゆっくり観察していませんでした。
自分の身体の大きさほどの卵を抱え、
敵から我が子を守りながら生活しています。

今日もこれを撮影した後、自分も子守で終了しました。。。
北陸はまだ梅雨入りしていませんが、
気分は完全に梅雨入りでナエナエです(-_-;)
posted by yamanao999 at 22:37| 石川 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お子さんかと思ったのに!!
きもいよぉ〜ヽ(`Д´)ノ
Posted by はる at 2008年06月09日 00:09
もうとっくに全国的に入梅しているものだとばかり思っていました^^;産みっぱなしのものに比べると子守子育てする種は偉いですよねー。かといって愛情とかは存在しないのでしょうね。
Posted by どりさま at 2008年06月09日 08:58
 子守をする虫を見ると、写真ばかり撮っている自分がアホっぽく思えることがあります。
 yamanao999さんはちゃんと子守をなさっているようで尊敬です。
Posted by T.Urabe at 2008年06月09日 15:32
子守期間はまだ終わっていませんが、最近は随分と楽になりました。
昨日、虫かごと網を買い与えたところ喜んで虫を捕っていましたw
しかし、弄り回してすぐ殺します。。。
Posted by 871 at 2008年06月09日 22:01
はるさん>ふふふ、タイトルトラップにかかりましたねw ナイスリアクションなのでうれしいですww でもこの蜘蛛の懸命に子孫を守る姿に感動するでしょ?しないかw

どりさまさん>ジメジメしているのですがまだ梅雨ではありません。毎年北陸と東北は梅雨入りも明けも遅いんです。。。子守をする理由は多分他の蜘蛛と異なり、地上や葉上で住み、まともな巣を作らない生活にあるのではないかと思います。人から見れば愛情とか感情は無いと言われている様ですが、真相は蜘蛛にしかわからないですね^^

T.Urabeさん>自分ではちゃんとやってるつもりですが、傍から見ると全くダメダメなのかもしれませんw; この日はこのクモの子守をする姿を見て、帰って子守をせねばという気になってしまいました。。。7時半出発、9時30分帰宅…有り得ないですよね。。。 天気が良かったので帰らずにどっか行けばよかったと思いましたが、たまには我慢も大事かなぁと…結構我慢しているハズなんですがw 最近はこれまでに無い感情を抱いてとても変な気分ですw; 撮影が仕事だったら胸を張って追及できるのですが、趣味の範囲なので強気になれないのかもしれませんねぇ。。。
今日はその副作用でかなりローテンションでした。平日はストレスをたっぷりためて労働している我々は、休日くらいは少しばかり自分の時間を楽しむ事が必要だと確信しましたw

871さん>自分もかつては弄りづくし+虐待+殺戮を繰り返していた思い出があります。。。その経験の影響で、今ギリギリの理性があるのかもしれませんw; 自分も子供に虫かごを与えてフィールドへ連れて行く日が楽しみです。かなりエバって能力以上に父親面したいと考えていますw
Posted by yamanao999 at 2008年06月10日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック