2008年06月05日

[昼休み]線路沿いでの観察

ヒラタアブの一種
ヒラタアブの一種 posted by (C)yamanao999

今日の天気は雨→曇→雨...。
よって昼休みはあまり遠くに行かず、会社の近場にある線路沿いをうろつく事にしてみる事に。
線路沿いには外来植物を含め、様々な雑草が生い茂っており、
上の写真の様に花がつく植物も少なくありません。
ここではアブはたくさん居るものの、全てヒラタアブの仲間でした。

セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ
セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ
posted by (C)yamanao999

なぜならばアブラムシがかなり多いからです。
調べてみると、セイタカアワダチソウアブラムシで間違い無さそうです。
名の通り、セイタカアワダチソウに付いており、近年帰化した外来種の様です。
花も多い、アブラムシも多い事から、ヒラタアブにとっては
幼虫も成虫も大変都合の良い生息地になっております。

ナミテントウ(幼虫)
ナミテントウ(幼虫) posted by (C)yamanao999

そうなると当然、こいつも多いという方程式。
何故かいつもたくさん見られる蟻がおらず、
完全にテントウムシの食堂と化しております。

イトカメムシ
イトカメムシ posted by (C)yamanao999

そして何故かカメムシの仲間が多かったです。
ここではこのイトカメムシを含め、パッと見て3種のカメムシ、
アブラムシ数種、グンバイムシ1種が見られました。
イトカメムシは小型のガガンボの様に葉の裏や隙間についており、
山地ではあまりじっくり探した事は無いものの、
こんな場所でたくさん見る事ができるとは思ってもみませんでした。
電車や車に乗って、植物と共に移動してやってきたりしているのかもしれません。
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 22:43| 石川 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはイトカメムシなんだー。パッと見ガガンボの一種だとばかり思ってましたよ^^;今日も勉強になりました♪
Posted by どりさま at 2008年06月06日 03:29
どりさまさん>久しぶりにイトカメムシを見ましたが、ガガンボ・アメンボなんかに似てますね〜。幼虫は透き通った緑色でした。
Posted by yamanao999 at 2008年06月06日 23:19
写真ひは撮影年月日と場所(●県▽市■町)など。
Posted by ヤマザキ ヒデオ at 2009年01月06日 20:47
ヤマザキ ヒデオさん>文章がよくわかりませんが、撮影年月日と場所を知りたいのでしょうか?2008年6月5日石川県金沢市内です。
Posted by yamanao999 at 2009年01月06日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック