2008年06月02日

6月上旬に見かけたカミキリ

クビアカトラカミキリ
クビアカトラカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)
Xylotrechus rufilius Bates, 1884

伐採木にて、クビアカトラカミキリが大運動会を行っておりました...。
山地の倒木や伐採木などで最も多いかもしれません。
赤い首、大きなトラカミキリなので好みなのですが、
あまりに多杉ると…正直飽きますねw

シラホシカミキリ
シラホシカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)
Glenea relicta relicta PASCOE, 1868

毎年お馴染みであるシラホシカミキリの姿がありました。
このカミキリを見かけるといよいよ梅雨だな、と感じてしまいます。
どこにでも出現するカミキリですが、上品な模様と
スマートに葉上にとまっている姿がとても美しく見える、
なかなか好みなカミキリです。

ハネビロハナカミキリ
ハネビロハナカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)
Leptura latipennis (Matsushita, 1933)

土場にてハネビロハナカミキリが確認できました。
こちらも比較的広い範囲で生息しているカミキリです。
ハナカミキリの中ではかなり大型で、
毎年パッと見てはヤツボシハナカミキリの♀と見間違えて
スルーする事があります。。。

シラケトラカミキリ
シラケトラカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)
Clytus melaeus Bates, 1884

シラケトラカミキリは4月から見られ、
イロハモミジの花や伐採木などで見かけます。
こちらもどこでも見る事ができるカミキリです。

で、最もうれしい発見は…↓

オニグルミノキモンカミキリ
オニグルミノキモンカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)
Menesia flavotecta Meyden,1886

オニグルミの葉裏にくっついているところを確認しました。
昨年より怪しいと目をつけていた場所での確認だったので更にうれしかったです。インチキ白バック撮影しかできませんでしたが、生態写真はまたの機会にチャレンジしてみたいと思います。

その他、ゴマフカミキリ・ワモンサビカミキリ・アトモンサビカミキリ・エグリトラカミキリ・トゲヒゲトラカミキリ・クロトラカミキリ・キイロトラカミキリ・ツヤケシハナカミキリ・ヤツボシハナカミキリ・クロハナカミキリ・ベニカミキリ・ヒメヒゲナガカミキリ・ホタルカミキリ・ヤハズカミキリ・ヨツキボシカミキリ・謎ハナカミキリ・謎サビカミキリなどを見かける中、昨日は同行していただいた好虫会の仲間がなんとルリカミキリを採集。これまで色んな方の撮影したものを指をくわえて拝見してきましたが、ようやく実物を見る事ができました^^ 思っていた以上に大きく、かなり美しいカミキリで感動しました。個人的には太目の触覚が好きですw 今回は山地で飛行中の個体だった為、生息ポイントまでは確認できず。これは今後の宿題となりました。

他、コメツキ多数・ハムシ多数・チビタマムシ&ナガタマムシ多数確認。これからが面白い時期ですが、ここ金沢はいよいよ長くジメジメして嫌で嫌で仕方が無い梅雨がやってきそうな気配です。。。
posted by yamanao999 at 19:50| 石川 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
タイトルにつられてやってきました...。
どれも小さな種類ですが、迫力ある写真ですね。
思わず手を伸ばして採りたくなります。
Posted by るどるふ at 2008年06月02日 20:52
カミキリ沢山羨ましい〜。
しかもカミ様の神様のカキコまで・・・すげー(W

オニグルミノキモンカミキリ、おめでとう!あとクルミと言えばブロイングですかね。
当方、双方とも確認出来ておりませぬ・・・orz
私も標高上げねば・・・(ボソ
Posted by mahalito at 2008年06月02日 21:14
見事にゲットされましたね!嬉しさが伝わってきます^^なんちゃってホワイトバックはライトボックスですか?
Posted by どりさま at 2008年06月02日 22:35
るどるふさん>こちらこそご無沙汰しております。るどるふさんの日記などは拝見させていただいているのですが、内容がハイレベルすぎてなかなかコメントできずにおりました(^_^;)
とてもそそるタイトルトラップをしかけましたが、内容は実に普通種中の普通種ばかりです...。しかしカミキリムシはどの種もとても個性的でいつも見かける種でも、改めて写真で見るとやはり摘みたくなりますw 自分は今、るどるふさんの採集記でいうと2001年頃の内容に似た心境だと思います。どの記事もとても参考になります(^^) まだまだ学ぶ事も身体で覚える事も山積みですし、とても皆さんの採集内容には追いつけませんが、ゆっくり楽しみながら地元のポイントを探っていきたいと思います(^^)

mahalitoさん>マハさんも最近いろいろ摘んでいますねw 自分の今年まわっているところの標高は0〜200くらいのトコばっかしです。毎年感じますが、事前調査や同じポイントを何度もまわってみる事はかなり重要です。今年は時間があまりないので近場をグルグルまわっているのですが、意外な発見は多いですよ(^^)

どりさまさん>なんちゃって白バックはフィルムケース&超修正です…(-_-;) 眠さと能力の無さでテキトーにやってしまいました。。。でも白&黒バックは最近かなり興味があるので時間があればやってみたいと考えてます。
Posted by yamanao999 at 2008年06月02日 23:38
ぬあ。いろいろ出てるんですね。
クビアカトラはいるとこではいっぱい見られるけれど、
インパクトのあるデザインで大好きです。
オニグルミノキモン、木で見つけるとうれしいですよね。
僕も初遭遇の時を思い出して、なんだかうれしくなりました。
Posted by KOH16 at 2008年06月03日 12:41
KOH16さん>毎年おなじみなカミキリが色々出ておりました。今回は少し進歩して未確認種であるオニグルミノキモンカミキリとルリカミキリを見つける事ができてかなりテンションがあがりました。しかし、今日はハナカミキリと間違えてキバネカミキリモドキを触りまくってしまったのでとても凹んでおります。。。明日、ブチブチがでてきたら会社休みます…orz
Posted by yamanao999 at 2008年06月03日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック