2008年05月22日

蟻蜘蛛の雄

アリグモの捕食
アリグモの捕食 posted by (C)yamanao999
(ハエトリグモ科 アリグモ属)
Myrmarachne japonica (Karsch 1879)

Canon EOS Kiss Digital N / EF28-80mm F3.5-5.6 II JUNK改
TV:1/160 / AV:F25 / ISO:400

前玉をはずしたレンズでのテスト中、アリグモを見つけました。
このレンズで撮影すると、アリグモの大顎はかなりの迫力があります。

アリグモの捕食
アリグモの捕食 posted by (C)yamanao999
Canon EOS Kiss Digital N / EF28-80mm F3.5-5.6 II JUNK改
TV:1/160 / AV:F25 / ISO:400

側面から見ると、大きな大顎で確実に獲物を
捕らえているのがわかります。獲物は同種の♀でしょうか。
よくあるケースとして、雌が雄を捕食するシーンはありがちですが、
雄が雌を捕食するシーンは初めてです。
雌は大顎が小さく、戦闘は雄より弱そうなアリグモだから
この様なケースが生じたのかもしれません。

…何故かこの写真には光かぶりが発生しておりません。
…何故か??


※2008年5月25日 追加 アリグモ雌の写真

アリグモ ♀
アリグモ ♀ posted by (C)yamanao999
ラベル:蜘蛛
posted by yamanao999 at 23:53| 石川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また含みのある終わり方ですね^^;何か新兵器でも投入したのですか?それにしてもキレイに撮れてますねー。
Posted by どりさま at 2008年05月23日 03:21
ここまで絞ると深度があって良いですね。
それにしても、撮影条件によっては絞ってもカブリが出ないのかなぁ。。
う〜ん・・・原因の追究には時間がかかりそうですね。
とりあえず、私も871さんのアドバイスを試して見ます。
Posted by dada042 at 2008年05月23日 22:05
どりさまさん>いや、これはホントに偶然綺麗に撮影できてしまいました。葉っぱの影か、はたまたカメラの角度が偶然そうさせたのかもしれません。今日撮影したものは改善後(仮)のものです。

dada042さん>本日871さんのアドバイスを参考にマスクをかけてみたところ、かなり良いものに仕上がりました(^^) さらにdadaさんの改造を参考に強力接着剤で邪魔だったピントリングを固定しました。最後にビス穴も黒テープで塞ぎ、これでほぼ改善されたと思います。
Posted by yamanao999 at 2008年05月23日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック