2008年05月22日

[昼休み]前玉はずし

orange
orange posted by (C)yamanao999

昨晩、前玉をはずしたCANON EF28-80mm F3.5-5.6 II (JUNK)のテストを行いました。
会社前のマツバギクの花弁です。

yamanao999_insect2008_177
yamanao999_insect2008_177 posted by (C)yamanao999

3mm程度の小さな蚊。
風が強いのでなかなかピンが合ってくれません。
照明は影とりで適当にかましてありますので、改善せねばと思います。

yamanao999_insect2008_178
yamanao999_insect2008_178 posted by (C)yamanao999

5mm程度の蝿。
撮影を繰り返すごとにテンションがあがってきましたw

これだけ高倍率なマクロ撮影は、以前接写用コンバーションレンズを
使用して以来ですが、なかなか面白いですね!

…あっという間に昼休みが終わりましたw;
ラベル:レンズ改造 昆虫
posted by yamanao999 at 20:00| 石川 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | その他写真撮影・機材雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですねっ!ボケも綺麗です。
影とりでも結構いけますね。
私のディフューザーは怪しいので、家の周辺では影とりを使おうかなぁ。。
ところで、最後の写真の絞りはいくつですか?
私のレンズではF16より絞ると、光がかぶったような画しか撮れません。
なので、通常はF8〜F11で撮っています。
871さんのレンズはどうなんだろう?と、話をふって見るw
Posted by dada042 at 2008年05月22日 22:02
dada042さん>実は自分も光がかぶった現象で悩んでおりました。お札の撮影でも発生し、日中に撮影したらどうか試したところ、絞ると発生する事に気が付きました。昼休みは内蔵ストロボ&影とりとの相性の問題だと考えておりましたが、絞りの関係はありそうです。レンズ真上にトレペか乳白色の薄い樹脂版を貼ってみようとも考えておりました。

花はF8.0。蚊・蠅はF20で、やはり光の白かぶりが発生しております。この時点ではストロボの改良でなんとかなると考えておりましたが、業務後の寄り道の際にテストしたときに「あれぇ?絞るとおかしいぞ。」と確証しました。もう少し研究してみたいと思います。
Posted by yamanao999 at 2008年05月22日 23:01
なるほど〜、前玉を外してしまったのですね。こんなでっかく写るものなんですか。驚きました。
Posted by どりさま at 2008年05月23日 03:15
私の前玉外しは最小絞りでもまったく問題ありません。
最大倍率ではフレアっぽかったのですが、今は大丈夫です。
Posted by 871 at 2008年05月23日 21:54
どりさまさん>そうなんです、ただそれだけなのですw 手持ちで不要なレンズがありましたらお試し下さい(^^)

871さん>自分のものはわざと極端な設定でテスト撮影すると、もう捨てるしかないかなと思うくらい光がかぶって真っ白になりました。多分、dadaさんのものと同じ様な現象だと思います。しかし、前玉と同じくらいのマスクをかけ、内部も改良したところ、完全に改善された様に見えます。今日は薄暗い中でのテストでしたので、後日明るい日中にも試してみようと思います(^^)
Posted by yamanao999 at 2008年05月23日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック