2007年10月11日

魚露目Verテスト+影とり+カマキリ+α。

コカマキリ
コカマキリ posted by (C)yamanao999

昼休み、会社を抜け出し魚露目Verのテストを行う。ストロボは工作中&出すのがめんどい為、手軽に「影とり」を装着してみました。


ケンコーの「影とり」

コカマキリの様に警戒心があまり無いうえに、逃げ足が遅い虫で、なおかつひらけたフィールドの場合は影とりは使えそうです。しかもいつも使っているツインストロボと比べると格段に軽いので、フットワークは軽いです。難点はブッシュなど生い茂ったロケーションで撮影する際や、蜘蛛の巣に居る蜘蛛の撮影にはかなり不向き。さらに自分の様にジャンクレンズを使用しているのでAFが利かず、マニュアルで撮影する場合は使いづらいです。ちなみに魚露目をできるだけマスターレンズに近づけて装着したところ、余計に背景がぼやけてしまった。。。しかし、個人的にはこのボケ味はOKです。被写界深度を重視する従来からの虫の目写真とは異なり、虫の目ならではのインパクトや効果は薄くなりますが、マクロと同じでボケてた方が被写体がより主役感がUPし、存在感を増すので、これはこれでアリかなぁと思うのです。でもより良い組み合わせや方法を求める事をやめるワケではありません。


20071010_02.JPG
ウスバカマキリ

夜、仕事が一区切りしなかったので若干残業後、無性にウスバが気になってしまった。。。朝晩はかなり気温が低下する時期になったので、活動しているかは疑わしかったですが、疲れた目をこすりながらとりあえず生息地へ行ってみる。するとウスバカマキリは期待を裏切る事なく其処に居てくれました。これまた影とりを使っての撮影です。

20071010_03.JPG

…付近にいた「メンバー」を集めてみましたw 路上にいると車に踏まれるので集めたワケで、いたずら目的だけではないんですw 今日はかなり多くの個体を見る事ができましたが、全て♂でした。絶滅が危惧されている虫も、居るところには居てくれるものです。ただし、生息するポイントは僅かしかない為、開発されて環境を失うと確実に絶滅する条件下なのです。

20071010_04.JPG
マメプチ君

更に欲張って色々まわってみると、クワガタを見ることもできました。目ぼしいコクワガタをひとつ摘んで測ってみると、48mmの大型でした。…50mm超えてなかったので即リリースですw …というか、こんな時期にコクワつまんで測る馬鹿は自分以外に居るのだろうかw; 更に観察していると、たくさんいるコクワガタやゴキブリに混ざって一頭だけヒラタクワガタがいました。マメプチ君です。現在石川県のヒラタクワガタは乱獲と開発によって激減しています。更に離島ヒラタクワガタの放虫を確認した場所もあると聞いており、もしかしたら雑種が居る可能性もある様です。様々な現状により生息が危ぶまれている昆虫を確認する瞬間は、心底ホッとします。ちなみに自宅ヒラタは飼育して累代で約7年経過しました。観察はしますが採集はしません。

秋の夜長は…読書や飯より「虫」が面白い。

ブログランキングに登録しております。
秋の寒い星空の下、ハードコア半袖Tシャツ&390円超チープズボンで虫を観察している大馬鹿モンに声援をw
下記か右上のバナーをポチッとクリックしてやってくださいm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ banner_01.gif



[個人的メモ]

【代引eコレ クレジット可!】PE-28S【送料無料・代引手数料300円】松下電器産業 外部フラッシ...
ラベル:影とり
posted by yamanao999 at 01:30| 石川 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | その他写真撮影・機材雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁちょっと、マジで風邪ひきますって^^;!夜の冷え込みはハンパじゃありませんからご用心を!

私もおねーちゃん撮影に影とりを購入してあるんです。虫の撮影に使おうとも画策したこともあるのですが実行まで至ってません。あの白い丸いものは虫には威圧感があるだろうな〜って思っちゃって^^;しかしウスバカマキリはそんなにたくさん居るんですか。夜なのに目がいいですねー!
Posted by どりさま at 2007年10月11日 07:37
どりさまさん>朝晩寒くなってきましたね〜。虫の活動は期待していなかったのですが、20時までは活発に活動していたので驚きました。ウスバは居るところには居るものの、昨日は多めでした。ラッキーです(^^)
Posted by yamanao999 at 2007年10月11日 22:46
こ、これ全部ウスバですか・・・すごい。。
居るところには居るんですねぇ。
なんだか、宇宙人のミーティング風景のようですw

私の地元でもヒラタが減っています。
子供から外来種を逃がしてしまった同級生の話を聞いたりすると、ゾッとします。
知らないうちに雑種だらけになっていそうです。。
Posted by dada042 at 2007年10月11日 22:49
dada042さん>これまでで最も多い個体数でした。ここでは毎年様々なカラーのウスバが確認できるので楽しいです(^^) ヒラタはどこも同様の問題がある様子ですね。。。外来種を飼う事自体は特に反対とか無いですが、どうしてもモラルに欠ける飼育者は付き物ですね。個人的には手の届かない存在として年に一回あるかないかのデパートでの標本展で見る魅力だけで充分です(^^)
Posted by yamanao999 at 2007年10月12日 21:36
ただいま人気ブログを応援しています。
応援ポチッ!
Posted by 団長 at 2007年10月14日 09:24
 しかしそんな良い虫、よう見つけてくるなぁ・・・。8月の終わりぐらいからカマキリ全然見かけてないよぉ・・・onz
 家のヒラタ、F2幼虫共は元気いっぱい。しかし、67mmこの前落ちてまった、ちと悲しい。

 さてデフューザおよびストロボライトローダ。マクロ撮影用にと、土日に色々と自作しておりました。初号〜3号まで試作品が揃い、色々試しております。結果は・・・。

         かなり上々。

 光線2分割仕様の3号は5mm位の接写でも十分イケルし、コンパクトタイプ2号は20〜30cmのマクロでなかなか絶妙。
 厚紙とキッチンペーパー、ナメてはイカンです。耐久性はかなりきついけど(W。
 しかし、撮りたくても・・・虫居ねぇよ・・・orz
Posted by mahalito at 2007年10月15日 21:47
団長さん>応援ありがとうございます(^^)
Posted by yamanao999 at 2007年10月15日 22:23
mahalitoさん>カマキリはまだまだいけますよ!いっときましょうw ヒラタ67mmはでかいっすね!? 石川県産ですか!?

ストロボ面白そうですね〜!ぜひ今度見せて下さい(^^) 虫はアカトンボ・カマキリ・バッタをはじめ、最悪ゴキブリ・蜘蛛・ザトウムシ・カマドウマだったらいっぱいいますから、大丈夫ですよw
Posted by yamanao999 at 2007年10月15日 22:28
 うむ、ヒラタは金沢産WF1。寿命2年半程だったかな。39mm♀との子が温室に15頭ほどおりますわ。
 ライトローダは特に3号が今のところベストっぽい。でもね、良いことばっかじゃない。色が出ねぇ時があるんだわ。オオアオとかヤマトとか緑が青になるし、トカラノコのオレンジは赤になる・・・Suck!

 今週末から3週連続で研修地獄に入ります。しばしお出かけ出来ぬ・・・orz
 もうマジでこの際ゴッキィ(コキブリ)でも良いか(W
Posted by mahalito at 2007年10月16日 21:43
mahaさん>3週間研修は長いっすねぇ〜w; 頑張ってコックローチを見っけて撮影して下さいw 自分もそろそろ残業三昧な雰囲気になってきました。。。来年の4月まで仕事中心な生活になるのでウツです…orz

冬>昨年フユシャクやヨコヅナサシガメを見つけて楽しんでましたが、他に良さ気な面白い対象があったらぜひ教えて下さいm(__)m
Posted by yamanao999 at 2007年10月18日 01:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック