2007年10月06日

地元中古カメラショップと魚露目8号で日中撮影テスト

20071006_01.JPG
Canon EOS Kiss Digital N / EF28-80mm F3.5-5.6 II JUNK+魚露目8号
TV:1/13 / AV:F36 / ISO:100

先週、某大手中古ショップで入手した魚露目用の拡大レンズは、JUNKレンズではないというから入手したのに、AF不能な上にマウント接合部に異常があった為、返品。バラして試しに治す事も考えたのですが、値段はJUNK品扱いではなかったので返品した。。。やはり中古カメラは専門ショップで入手するのが一番だと思った。で、振り出しに戻ってしまった。時間がタダでさえ無いのに無駄な時間を過ごしてしまい…手間賃とっておけばよかった、糞。

で、ネット上で探すもなかなか入手できず…。
更に調査を進めてみると、地元にかなり良い中古カメラ屋さんを発見。いつもネット上ばかり探しているとローカルに良いお店があっても気がつかない…灯台下暗しですね。。。

行ったのは金沢市にある「カメラクラブ」さん。ベターなネーミングではあるが、この名前がふさわしい雰囲気のお店。ホームページのリストを見ると、なんとお目当てのレンズがあり期待大。…でも行ってみるとモノは無い。しかし品揃えはバリエーションが豊富で面白過ぎて、狭く薄暗い店内をしばらくウロウロする。そしたら店長さんから声をかけていただき、在庫を確認するがやっぱり無いとの事。

でもせっかくなのでダンボール箱に積まれたJUNKコーナーにあったEF28-80mm F3.5-5.6 IIを入手。500円ポッキリ。アキバの露店を開いていた外人の露天よりはるかに安い。正当なJUNK品で気に入った。キャップは両方共無く、あまりキレイな状態ではない。AFもギヤが空回りしていて効かない。でもJUNK品で入手したので全く腹が立たない。それどころか思ったよりもキレイに写るので、バラそうと思っていたのに魚露目を装着。で、撮影したのが上の写真です。先日試したEF28-80mm F3.5-5.6 IVとは全く異なる結果となりました。被写体の写りは特に問題無く、背景は広い範囲でボヤッとしてるけど彩度は高い。逆に被写界深度を気にせず、あえてボカして撮影するのも悪くないかも。次回は絞らずボカして撮ってみたいと思います。

EF28-80mm F3.5-5.6 II JUNKはしばらくバラさずこのまま使用しますw
勿論カメラクラブさんへは今後も通わせていただきます。JUNK品は豊富、更にボディ・レンズだけではなく、ストロボ・パーツ・ストラップ・三脚など、あらゆる中古品が色々あって、数時間見てても飽きないくらい楽しいw なにより地元にこのようなショップがある事がうれしくて仕方がありませんw 大手中古ショップファック。

新しい事を実行する為に新しい出会いがある。これはどんな場合においてもうれしい事です。

カマキリ…気温差の影響か、減ってきましたね〜。クツワムシ・ウマオイの声は聞えなくなり、セミもツクツクボウシのみかろうじて鳴いてます。せっかくレンズができても被写体も自由な時間も減る一方です。。。

久しぶりに短時間だけですが撮影はとても楽しい。魚露目Verの虫の目レンズは正像でファインダーで通常通り確認できる事がとても楽しい。もっと色んなロケ地で色んな昆虫を撮影したい。
今日は近所のちびっこに所持金63円を自慢され続けてテストは終了。。。更に自分の所持金を問われ、メンドクサイので「小遣い貰えんからビンボーや。」と答えたら「1円やる。」と言われる。。。「金の切れ目は縁の切れ目やぞ。」と、意味は解らんだろ〜が、メンドイので丁重にお断りしたw; どうも年寄りとちびっこには好かれるが、同年代の女子にはイマイチになってきた…無念。
ラベル:昆虫 魚露目8号
posted by yamanao999 at 17:35| 石川 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | その他写真撮影・機材雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無念;;

ちびっ子の純粋さやご年配の達人クラスの人生経験がないとその魅力がわからないんですよ。でもそこに魅力があるのは間違いなさそうです。私はまぁまぁオールラウンドに好感度があるようですが(それが仕事だから仕方がない;;)、ネコにだけはどうも嫌われています。近所に優良なお店が見つかって良かったですね〜。東京は品物は多いですが、お店との心の交流というかお馴染み度は反比例して希薄のように感じます。
Posted by どりさま at 2007年10月06日 18:54
yamanao999さんも魚露目の手軽さにハマリ始めましたね。
同じようなズームレンズが増えない事を祈りますw

しかしギア不良の500円にしては良い写りですねぇ。
若干、特有のボケが大きいように見えますが、マスターレンズと魚露目の距離はどのくらいですか?
Posted by dada042 at 2007年10月06日 20:56
以前コメントしたEF28-90mmF4-5.6Vと比べると周辺の画質が全々違い、EF28-80mm F3.5-5.6 IIは使えそうですね。
それと良い中古カメラ屋見つかってよかったですね。
私の周辺には無さそうなのでうらやましいです。
Posted by ポリプロピレン at 2007年10月06日 23:09
どりさまさん>人に好かれる仕事はいいですね〜。自分の場合、好かれるか嫌われるか紙一重な職種なので辛いですw; 猫…自分も実家のヤツには敵視されてる気がしますw ここ数年、通販で様々なパーツを入手しておりましたが、地元のお店だと送料がかからない他、手にとって確認できたり、色んな情報を教えていただける事がうれしいです。
Posted by yamanao999 at 2007年10月07日 21:41
dada042さん>Gverも好きですが、魚露目verはまだまだ未知な事も多いですが、撮影スタイルが異なるので面白いです。最終的にはマスターレンズにギリギリまで近づけようと考えておりますが、現在は無理矢理ツインストロボをまともにつけてテストしている為、約10mm程度離れてます。なんとかうまく取り付けてみようと思います(^^)
Posted by yamanao999 at 2007年10月07日 21:46
ポリプロピレンさん>IIはIIIともIVとも異なり、結構相性が良さそうです(^^) できる事なら安価でAF不良の無いものを入手したいところです。ストロボはポリプロピレンさんの取り付け方法が理想的です。外観もかっこいいので参考にさせていただいております(^^) 中古屋さんは朧気な記憶を辿ってなんとか見つける事ができました。ほんとに色々ラッキーな発見ばかりで、レンズ制作に取り組んでなければ見つける機会も無かったワケで、自分にとっては良い事ばかりでバチがあたりそうです(^^) 
Posted by yamanao999 at 2007年10月07日 22:00
これで500円!!
いいなあ、素晴らしい!私にも技術や知識があれば、、、、、やってみたいと思いつつ、なかなか踏み込めないムシの目レンズの世界。奥が深そうですね。
Posted by roo at 2007年10月09日 08:08
rooさん>もうオーストラリアに戻られたのでしたよね?魚露目は入手されたのでしょうか?魚露目は色んなカメラでそれぞれの機能に応じて楽しめるレンズなのでオススメです(^^) マスターレンズはカメラ屋さんの通路に転がっていたジャンク箱の中でたまたま見つけた汚いレンズが思った以上に使えそうなのでとてもラッキーでしたw 壊して遊ぼうと思っていたのですが…壊せなくなりましたw

魚露目が6,279円、ジャンクレンズが500円、その他パーツが約1,400円だったので総額約8,000円のお手軽な組み合わせとなりました。
Posted by yamanao999 at 2007年10月10日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック