2007年08月26日

初秋の虫が居る風景 5種

20070826_01.JPG
キリギリス ♂
(バッタ目 キリギリス科)
Gampsocleis buergeri de Haan

秋と言っても日中はまだまだ暑いですね。33度はあったと思います。なのに朝晩は気温も低い。その影響で鼻水垂らしながら一日まことちゃんみたいな面で散策です。。。

最初に見つけたのはキリギリスです。初夏から初秋にかけて色んなところで鳴いております。この声は夏の風物詩のひとつですが、アブラゼミと同様で気温を1〜2度暑くさせる様な感覚になります。



20070826_02.JPG
カブトムシの死

そろそろ夏は終わります。墓場の前でカブトムシが横たわっておりました。バラバラになっていない様子から、鳥や蝙蝠にやられたのではなく、寿命を終えた個体だと思われます。

20070826_03.JPG
ミカドフキバッタ
(バッタ目 イナゴ科)
Parapodisma mikado Bolivar

伐採木の上に居るとパッと見タマムシと間違えそうになりイラッとしつつもじっくり撮影。すると口から醤油(の様な液)が出てきてホラーな写真になりました。。。

20070826_04.JPG
キボシカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Psacothea hilaris hilaris (Pascoe,1857)

公園にあるクワの木にてクワカミキリとキボシカミキリを見つけました。とても懐かしい風景です。クワカミキリには逃げられてしまい、今年念願だったキボシカミキリを撮影しようかと思いきや何かおかしい。手にとってみると触覚が両方とも無い…orz 残念ながら撮影は諦める事に。。。

20070826_05.JPG
チョウセンカマキリ 幼虫
(カマキリ目 カマキリ科)
Tenodera angustipennis Saussure

やっぱりまだ成虫は少なく、今日も散々まわってみましたが幼虫ばかり。もう少しの辛抱です。やはりカマキリの撮影は楽しいですねぇ〜(^^)
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 23:42| 石川 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん、全ての画像がホラーですw
キボシカミキリの触覚は、どうしちゃったのでしょうか。。。
やっぱり虫の目レンズは楽しいですね〜♪
Posted by 871 at 2007年08月27日 18:53
おじゃまいたします。

どれも素晴らしい写真ですね。
とても私のシステムで撮れる写真の質ではありません。
キリギリスをあれだけ肌美人に撮れるライティングは憧れてしまいます。
Posted by dada042 at 2007年08月27日 22:27
871さん>ええ〜!? そうかな、と思いつつ再度見たらホラーですねw お墓の前のカブトムシなど、切ないねぇ〜と独りで黄昏ようと構えておりましたが…ホラーですw その上ここは熊の出没地。。。 キボシ君の触覚はどうもしつこい交尾により噛み千切られたか、子供の悪戯かどちらかだと推理しておりました。触覚が無いと…カミキリじゃない謎の虫に見えてこっちの方が切なかったですw 虫の目レンズ、楽しすぎですね〜!飽きることなく歳を重ねていきそうな予感ですw;
Posted by yamanao999 at 2007年08月28日 02:13
dada042さん>こちらでは初めまして(^^) dadaさんの写真のシャープさや、ライティングはかなり良いと感じました。正直、自分の写真の方がロケーションによってバラつきを感じますw; ライティングはCANON MT-24EXを取り付けております。このストロボに関してはかなり気に入っております。最近は…tu4477さんの外観のインパクトにジェラシーを感じておりますw 今後ともよろしくお願いいたします!よろしければリンクさせてください(^^)
Posted by yamanao999 at 2007年08月28日 02:24
ありがとうございます。
こちらもリンクさせて頂きます。^^
Posted by dada042 at 2007年08月28日 22:57
dada042さん>遅くなりましたが、リンクさせていただきました!今後ともよろしくお願いいたします(^^)
Posted by yamanao999 at 2007年08月31日 10:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック