2007年08月23日

茄子の番蜘蛛

20070823_01.JPG
ナガコガネグモ♀
(コガネグモ科 コガネグモ属)
Argiope bruennichii (Scopoli 1772)

夕暮れ時、早めに帰宅した庭先の茄子に大きな蜘蛛が巣を張っているのを発見。ナガコガネグモである。いつの間にか生体になっているが、考えてみれば季節はもう秋の入口。猛暑が続いて忘れかけていたが、朝夕は随分涼しくなってきた様に感じます。

20070823_02.JPG
アブラゼミと姪っ子、ご対面。

弟家族が散歩の途中、ウチに訪れる。姪っ子と話しながら何気に転がっているアブラゼミを発見。死んでいると思いきや虫の息で生きている。指にとまらせ、姪っ子とツーショットしようと思いきや、虫嫌いな姪っ子に逃げられる。。。なんとか撮った一枚。その後、復活を遂げたセミに指を刺されそうになり、慌てて樹にとまらせました。。。

夜になればウマオイに混じってクツワムシの声も聞こえ始めました。
梅雨が長く、とても短く感じた盛夏も遂に終わり、秋の到来を感じました。…寂し〜w;


posted by yamanao999 at 23:39| 石川 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う、スゴい絵面ですね(^_^;)
人間大のアブラゼミにも見えますね。
もし人間大の蝉がいたらあの吻はかなり怖いと思います。
Posted by Taka at 2007年08月24日 10:24
 蜘蛛カッコイイです。ナスを食いそうな勢いで、面白いですね。
 
Posted by tu4477 at 2007年08月24日 14:24
「茄子の番蜘蛛」のタイトルだけで笑いましたw

セミ画像も面白いですね。
アブラゼミのブレが、姪っ子ちゃんに挨拶しているように見えますw

夏の終わりは悲しくもありますが、カマキリ成虫の登場を待ち望んでいます。
去年は、あまり撮影しなかったので。。。
カマキリの背景の面白さで勝負しませんか?
勝負してどうするって話ですがw
Posted by 871 at 2007年08月24日 18:23
Takaさん>ホントはもっと良い構図を期待してたのですが、姪っ子に逃げられてしまいました。。。口吻が人間大になると…怖すぎますねw

http://www.zorg.com/pub/photod?pid=ijnjnlljnsw
↑こんな感じでしょうかねぇw
Posted by yamanao999 at 2007年08月25日 00:38
tu4477さん>茄子を捕らえた構図にも見えるかもしれませんねぇw 今日、指で突いたら地面にスト〜ンと落ちて逃げてしまいましたが、数分後に見たらもとの巣に戻ってました。やはり番蜘蛛ですw
Posted by yamanao999 at 2007年08月25日 00:43
871さん>番犬ならぬ番蜘蛛はちょっと苦しいです、正直w 姪っ子は良いサブ被写体になりそうなのですが、虫が嫌いで「あっちやっといて〜。゚(゚´Д`゚)゚。」とわめいて逃げるので残念です。もっと教育してあげなければなりませんw

カマキリ>今年もそろそろ成虫が出てきましたね〜。勝負!? うわ〜、どこか良さ気なロケ地をおさえてありそうですね〜w; カマキリ自体とても面白い動きをするので背景次第でとても面白い写真ができそうですよね(^^) 被写体のポイントは抑えてあるのですが、問題はロケーションですねぇ…どっか探してみます(^_^;) 今年もカマキリの時期を終えたら自分は冬眠モードになるので、今年学んだ事を復習しながらやってみます(^^) ところで福島にはヒメカマキリやヒナカマキリは居るのでしょうか?自分もここ数年ご無沙汰していますが、ヒメカマキリを見つけて虫の目レンズで撮影したいと考えています。多分かなり面白くなると思います。顔が悪魔みたいので、他のカマキリとは一味違った写真になるかもしれません。今年も時間を許す限りで探してみたいと思います。
Posted by yamanao999 at 2007年08月25日 00:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック