2007年08月14日

炎天下での散策

20070814_01.JPG
イタヤカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Mecynippus pubicornis BATES, 1884

連日猛暑が続いており、ここ金沢においても33〜36度くらいの気温となっております。夜も寝苦しく、昨日は0時就寝→3時に飛行機が墜落する夢で起床…→二度寝→4時10分に起床し、お出かけ。
この暑い夏、虫も暑すぎてあまりおらず…せいぜいで飛蝗・蜻蛉・蝉・玉虫などの一部の虫のみが元気良く活動しております。
さて、今日は何が見る事ができるのか?

まず、各花には虫はまったくおらず…。暑すぎて活動していないだけなのか、はたまた発生数が激減したのかは謎。。。
歩いて約1時間後にようやく見つけたのはヤナギの枝のイタヤカミキリでした。


20070814_02.JPG
ヒゲナガゴマフカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Palimna liturata (BATES, 1884)

歩いて更に数時間後、ようやく目ぼしいカミキリを発見☆
蜘蛛の様に枯れ木に仁王立ちしているヒゲナガゴマフカミキリです。…が、これは飛んできた個体を近くの材にテキトーに乗せて撮影w; 独特な模様・カタチの個性的なカミキリで、斑模様はブナの枯れ木の樹皮やそれに生えるコケに擬態した様になり、パッと見てわからない事が多いです。お気に入りのカミキリです!

20070814_03.JPG
コエゾゼミの抜け殻
(カメムシ目 セミ科)
Tibicen bihamatus Motschulsky

これまた独特な蝉の抜け殻を発見。どうもコエゾゼミの抜け殻の様です。

20070814_04.JPG
コエゾゼミ♀
(カメムシ目 セミ科)
Tibicen bihamatus Motschulsky

で、これが成虫。6月下旬頃まで鳴いていたエゾハルゼミに代わり、この時期はコエゾ一色。ギィギィ低音で鳴くエゾゼミに対し、本種はジー…っと乾燥した様な高めの声で鳴きます。ちなみに♂は逆様に幹にとまって鳴いてました。

という感じで約8時間散策しましたが、虫はかなり少ない。雲がかかって気温が若干低下すると少しだけ湧いて出てきていた様子から、やはり暑すぎて活動していないのか?? はたまた発生自体少なめで、このまま夏を終えてしまうのか??? 真相は謎です。

20070814_05.JPG
オオカマキリ♂
(カマキリ目 カマキリ科)
Tenodera aridiforia Stoll

帰り道の便所脇にてカマキリの成虫を確認。早いですね。。。カマキリは秋頃にたっぷり撮影する予定です。本日は疲れたので1枚だけ撮影。。。

今年もなんか環境がオカシイ年になってしまった様子です。
posted by yamanao999 at 21:21| 石川 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 そちらも熱いのですね。私もきょう、地元を歩き回りましたが、5時間歩いて溶けてしまいました。やっぱり暑すぎるのか、虫は少なくて、久しぶりの長時間撮影だったのに、物足りないです。
 このまま、虫が減ってしまうのではないかと、心配してしまいます。

 オオカマキリ成虫、はやいですね。
Posted by tu4477 at 2007年08月14日 22:05
tu4477さん>今年は暑いですね〜!昨年もかなりな気温だったのですが、日陰のノリウツギやシシウドはパラダイスでしたのに…今年は店じまいした様な雰囲気ですね。。。昨年は大雪で始まり、多くの昆虫に影響を及ぼしました。今年は暖冬で、3月上旬には多くの越冬個体が見られましたが、下旬に気温が低下して雪が積もり、その後は天候が悪い日が続き、気温が上がらぬまま長い梅雨になった事が大きな原因の様に思えます。間違いなく温暖化の影響はある様に感じます。
Posted by yamanao999 at 2007年08月15日 11:46
カマキリ、すごい!まさにyamanaoさんの
世界ですね!
今日で夏休み終了、明日から会社ですが、
あまりに暑く、むしろクーラーのきいた室内で
仕事をしている方が楽なのではないか・・と
思えるような夏休みでした〜。
根性なしの私は、この猛暑が続くうちは
写真は夕方からにしようと思います・・(汗
Posted by 桃 at 2007年08月16日 00:13
暑かったですねえ!
って、今日も既に暑いんですが・・・
イタヤカミキリ、今年ようやく発見できました。
結構生息地でも見つけるのは難しいですね。
ヤナギの葉が邪魔でよく見えません。
昨日は午前9時にはもう虫が減り始めました。
6時ごろから8時半頃まではたくさんいたんですけどね。
あれだけ小さな体ではあまり暑いと本当に死んでしまうのかもしれません。
Posted by KOH16 at 2007年08月16日 09:21
イタヤカミキリって探すの難しいですよね。
いまだに見つけられません^^;
Posted by issei at 2007年08月16日 11:19
桃さん>昨年は毎日出動していたんですが、今年は出ても暑いだけで、あまり良い結果が無かったので1日おきにしました。…しかも夜w 夜になると23〜25度になり、日中より昆虫が多いのと、自分達も涼しいからですw 道楽観察ですが、これがまた楽しくて病み付きになりそうですw
Posted by yamanao999 at 2007年08月17日 10:37
KOH16さん>いつもならAM10時頃に沸きあがってくる虫が、確かに9時ごろに活動してますね〜!今年はイタヤカミキリが多いのか、羽脱痕を辿ってみるとなんとか2ペア確認できました。グチャグチャなヤナギでイタヤカミキリを探すのもなかなか楽しいのですが…暑くて倒れそーでしたw 花は…全くダメで、KOHさんの写真の様なシシウドは全く無しです(T_T)
Posted by yamanao999 at 2007年08月17日 10:41
isseiさん>実は自分もあまりうまくありませんw; いつも同行してくれる仲間が見つけてくれてますw 地味ですがかっこいいカタチ・模様のカミキリで好みです(^_^)
Posted by yamanao999 at 2007年08月17日 10:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック