2007年08月04日

タマムシ三昧

20070804_01.JPG
ウバタマムシ
(甲虫目 タマムシ科)
Chalcophora japonica (Gory)

梅雨が明けました。でもすぐ後に台風5号「うさぎ」が襲来。。。
本日は曇り時々雨という忌々しい天候に恵まれたので、
風や天候に左右されにくい散策にしました。

という事で土場へ。

時期は8月となり、流石に寂しくなってきました。
まずはウバタマムシのお出ましです。ウバタマムシはアカマツなどマツ科の立ち枯れなどで多く見られます。樹皮に付いているととても見つけにくいです。成虫越冬するものもあるらしいので、一度見てみたいものです。

20070804_02.JPG
ウバタマコメツキ
(甲虫目 コメツキムシ科)
Cryptalaus berus (CANDEZE)

こちらはウバタマコメツキ。コメツキムシの仲間です。タマムシではありません。前種と同じく、マツ材にて見つける事ができます。


20070804_04.JPG
タマムシ
(甲虫目 タマムシ科)
Chrysochroa fulgidissima (SCHONHERR)

むむむむむ!今年も見る事ができました!
通称、ヤマトタマムシ。綺麗すぎですw
自分的に甲虫の中では最も好きな部類に入ります(^^)

20070804_05.JPG
はぁ。溜息が自然に出る美しさ!
これまで、エノキの葉・イロハモミジ衰弱木・サクラなどで確認しておりましたが、材で確認したのは初めてなので新鮮でした。

更によく目を凝らしてみると、蜘蛛の巣にタマムシらしき個体が!?

 ↓  ↓  ↓

20070804_03.JPG
シラホシナガタマムシ
(甲虫目 タマムシ科)
Agrilus alazon LEWIS

うわ〜!やった〜〜\(-o-)/

これが見たくて見たくて…昨晩も夢に出てきたシラホシ君です(T_T) 地元の記録はまだ一例しかなく、どこかでなんとか見つけたいと思っておりました! 3年目の正直といった感じですが、残念ながらご遺体です(^_^;) しかし、紛れも無い記録を残す事ができたので、来期が楽しみです♪ 蜘蛛よ、サンクスm(__)m

土場やホストとなる樹の蜘蛛の巣は結構役に立つことが多く、以前にもウメチビタマムシなどのチビタマの仲間を見つけた事があります。蜘蛛の巣のルッキング、オススメですw

ブログランキングに登録しております。
タマムシフェチな方は是非、そうでない方も面白かったら下記か右上のバナーをポチッとクリックしてやってくださいm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ banner_01.gif
posted by yamanao999 at 19:52| 石川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヤマトタマ、巨大だw
奇麗ですねぇ。今でこそ見つけることが出来るようになりましたが、昔は幻でした。
実家付近では竹やぶをガサガサやって飛んで出たところを捕まえます。
シラホシナガタマも数年前に土場で大発生したところを見たっきりです。
エノキのスィーピングで入るととてもうれしいタマムシです。
クモの巣ルッキング、いいこと聞いたぞ。今度試してみますね。
Posted by KOH16 at 2007年08月04日 22:51
タマムシがたくさんでうらやましいです。
ヤマトタマムシポイントには、まだ行けないでいます。
虫が大きいと深度が深くていいですねぇ。
私もロケーションの良い場所で撮影したいものです。
今日、クズノチビタマは撮影しました。
あの時、探し方を教えてもらわなかったら見逃していましたw
Posted by 871 at 2007年08月05日 00:27
KOH16さん>ヤマタマって何かしら思い出のあるいい虫ですよね(^^) 自分の子供の頃はよくサクラの幹で見つけました。実は再会したのは3年前、数年間探していたのが嘘だったみたいで、実家から歩いて30秒程度にあるイロハモミジの衰弱木で数頭発見しました。翌年もここで発見、昨年はこの木が治療されてしまった為、今度はエノキで確認。今年は土場で確認☆ ホントにいろんな場所で出会える様になりました。毎年見ておきたい虫です(^_^) シラホシナガタマ、これも近年探していた虫でしたので、死骸でも見つけてとてもうれしかったです!蜘蛛の巣ルッキングはオススメです!残骸が特徴的な場合や丸ごと残っていれば近辺で生体を見ることも可能かもしれませんし、ビーティングやルッキングの際には慌てて逃げた個体がひっかかる事もあります♪
Posted by yamanao999 at 2007年08月06日 21:03
871さん>今年もまた色んなタマムシを確認できており、うれしいです(^^) 次に目指すはアオマダラタマ・キンヘリタマ・クロホシタマ・クロタマ・ミヤマナカボソタマなどまだ確認できていない種にも挑戦したいです。クズチビいましたか(^^) 一度見ると結構どこでも確認できるので拍子抜けするかもしれません。スダジイ・ケヤキ・ヤナギ・ウメ・ズミ・オオバボダイジュ・スミレ・ナワシロイチゴなどで同じ様な食痕があれば他種の確認ができると思います。今は幼虫ですが、食痕を確認しておけば秋や春には成体を確認できると思いますのでぜひ、チビタマにハマってみてくださいw

フジ・クマイチゴ・エノキ・サワフタギ・ミズナラで同じ様な食痕があればナガタマやナカボソタマを確認できると思います(^^) ネムノキにも居ますが…ルッキングはさすがにGIVEしましたw;
Posted by yamanao999 at 2007年08月06日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック