2007年07月06日

[寄り道]久しぶりの寄り道

梅雨は本番に突入〜。
今週は残業気味なのもあり、どこへも行けませんで。
溜まったフラストレーションは今週末ブリーチしてやろうと思っております。

さて、本日は久しぶりの寄り道です。
季節ははや7月。本日は今期初のニイニイゼミの声を確認しました。
いや〜、このままだと気がつけば冬になるペース。。。
嫌な糞冬に突入するまでに精一杯活動したいと気は馳せります。

今日は初見も含めて様々な虫を見かけました。
いつもの様に淡々と写真でお見せしたいと思います。

20070706_01.JPG
フクラスズメ
(チョウ目 ヤガ科 シタバガ亜科)
Arcte coerula (Guenée, 1852)

ネットで調べてなんとか種名がわかりました。
かなり大型の蛾で、独特な模様はなかなか美しい。
…でも蛾は苦手です。。。

20070706_02.JPG
蚊?

同定GIVEです。。。
飛び方は蜘蛛が糸を張る様な感じでした。
飛ぶと足の白い模様しか見えないので異様。
特徴があるからすぐにわかると思ったのですが…。
止り方は葉の先などに脚一本でぶら下がります。
で、他の脚は蜘蛛の様に動かしています。
…どなたか教えてくださいm(__)m

20070706_03.JPG
アオハナムグリ
(甲虫目 コガネムシ科)
Eucetonia roelofsi

息絶え絶えで葉上にポツリ。
孤独に死んでいく昆虫の姿はちょっぴり切なく、とっても自然。

20070706_04.JPG
アオイトトンボ
(トンボ目 アオイトトンボ科)
Lestes sponsa Hansemann

今日は真正面から撮影できました。
やっぱりイトトンボの顔はかわいい。

20070706_05.JPG
ネムノキ
(マメ科 ネムノキ属)
Albizia julibrissin Durazz

これはソフトVerで撮影。
ネムノキの花は綺麗なので素敵。
これにアオスジカミキリが付いてたら…もっとうれしいw
と思ってたら大量の発生痕を確認。
久しぶりに姿が見たいので、引き続き観察したいです。

20070706_06.JPG
サビヒョウタンゾウムシ?
(甲虫目 ゾウムシ科)

わからん…。
クズに付いていたのでマメ科の植物を好むゾウムシの様ですが。
ちゃんと多方向から撮影せねばと思いつつ、サボってしまいます。
しかもよく見かける虫なのに…じっくり見たのは初めて。

20070706_07.JPG
ホソキリンゴカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Oberea infranigrescens (BRUNING, 1962)

…実は生涯初確認。初めて見る虫の撮影はいつも失敗します。
緊張と喜びで慌ててしまうのです。。。
まわりにサクラは無いのでたまたま下草に落ちてきたのか?
じっくり見たら、どっかにホストがありそうな気もします。

※後日まったり確認したところ、ホソキリンゴカミキリだとわかりました。。。成虫はフジ・ハギ類・ハンノキ類・ヌルデ・クロツバラ・クリなどとホストが多いとされております。このうちフジ・ハンノキはあったので、納得しました。

20070706_08.JPG
ハヤテグモ
(キシダグモ科 ハヤテグモ属)
Perenethis fascigera (Bosenberg & Strand 1906)

…多分ハヤテグモ。
ああ、いつもながら同定は自信がないものばっかしです。
間違っていたら優しく教えてくださいm(__)m

…ちなみに本日の画像は全てISO1600。。。
先日のテキトーテストの設定のまま撮影してました。
道理で夕方なのにシャッタースピードがいつもより早いなぁ〜と、
思っただけでそのまま気づかず虫を探す事に没頭。
しばらく散策していないと探す楽しみでいっぱいでしたw;

ブログランキングに参加しております。記事・写真が楽しめましたら、下記か右上のバナーをポチッとクリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ banner_01.gif
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 23:31| 石川 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぞの生物ですが、ガガンボの一種だと思い調べましたが分かりませんでした。。。
翅が随分、小さいですね。

頂いたオオヒョウタンゴミムシは元気ですが、マダラアシゾウムシは先日、お亡くなりになりました。。。

しかし、下のスライドショーはスバラシイですね。
ずうっと見ていても飽きません。
タイトルで時々、爆笑しますw
是非、写真集を作ってください。
Posted by 871 at 2007年07月07日 16:20
アオハナムグリの顔アップは見慣れないから面白いです。
蛾は撮影すると綺麗ですよね。
yamanao999さんの技量ならきっと見栄えすると思いますので是非たくさん撮って見せてください♪
Posted by issei at 2007年07月07日 17:46
昨日、バグスというマンガを読みました。
巨大化した昆虫と自衛隊特殊部隊の局地戦闘を描いたマンガなんですが、やけにリアルで面白かったです。
ヤングサンデー系で全3巻です。
Posted by Taka at 2007年07月07日 22:53
871さん>謎蚊についての仲間からの情報ではコシボソガガンボの仲間ではないだろうかと教えていただきました。記録としてオビコシボソカガンボがあり、図鑑ではエサキヒメコシボソカガンボが最も近いとの事…いずれもネット上で検索しても引っかからないのでわかりませんねぇw;

斑脚君はそろそろ寿命だったのかもしれません。カタチなど参考になりましたでしょうか(^^)
オオヒョウタンゴミは寿命が長いですよ〜w
昨年自分が飼育したものは9月〜今年の春まで生きました。ブリードさせてみたいのですが、♂♀がよくわかりませんw;

自分の写真を見ていただいた上に飽きないといわれるととてもうれしいですw 逆に自分は871さんの日頃の作品や、先日いただいた「ふくしまの生き物たち」が飽きることなくいつも楽しんでます(^^) 鳥や魚などの知識がほとんど無い自分にとってはとてもよい入門書となりそうです!
今年は例年以上に写真を撮りためました(^^)
先日自社で試作してみたところ、良い感じに仕上がりました。…が、12pしかないのでイマイチ。。。将来自費出版でできたら作ってみたいです(^^)
Posted by yamanao999 at 2007年07月08日 21:01
isseiさん>ハナムグリってあまりアップで撮影する機会がない虫なので細部を見ると面白いです。いつもこの丸いボディーをどうやったら面白く見えるのか悩みつつ撮影してみるのですが、ピョコッとあがる触覚、ぬいぐるみの様な愛くるしい外見を引き立ててみております。蛾といえば今年は(も…)種類は豊富ですねえ。。。先日は自宅となりに大量発生している蛾を撮影してみたのですが、逃げ腰でしたw; これから長いようで短い夏があり、残すは秋のみとなってしまいましたねぇ〜。なんとか時間の限り、出会った虫の記録を精一杯撮影したいです(^^)
Posted by yamanao999 at 2007年07月08日 21:07
Takaさん>実は1巻だけ買いましたw なんらかのネタになればと思って読んでみたのですが、話の内容がひと昔前っぽく、ワザとなのかアメリカのB級映画の様な脚本が自分としてはかなりよかったです(^^) 最近の漫画には無く、現実離れしてて好き勝手やってるところもいいですねw
しかし、先日書店で3巻で終わっていたのを見て…とりあえず買うのをやめました。。。 なんか凄く中途半端な完結だったもので…人気無かったのでしょうか(^_^;)
Posted by yamanao999 at 2007年07月08日 21:11
バグズは最初から3巻の企画もので始まったようですよ。
作者もB級ホラーのようなものが書きたかったようです。(原作者)
実はこの原作の七月鏡一と藤原芳秀とのコンビのマンガ好きなんですよ。
昔々サンデーに連載していた「ジーザス」
ヤングサンデーに連載中の「闇のイージス」
藤原芳秀は別の人と組んでサンデーで「拳児」というマンガも書いていて、コレも大好きでした。
未だに単行本全巻持ってます(^^ゞ
Posted by Taka at 2007年07月17日 23:56
Takaさん>Takaさん、漫画にすごく詳しいですねぇ!意外というか、なんでも詳しいのでスゴイっすw 拳児は昔、弟が借りてたのを読んだ記憶がありますが、これまた途中までしか読んでません。今回の連休の初日は動画ばかり見てました。銀河鉄道物語の1話が無料だったので、2回見ましたw たまに漫画・映画・動画などに没頭して時間を過ごす事も大事だなぁと、最近思うのです。余裕が無さ過ぎると全てにおいて焦ってばかりでうまくいかないものだなぁ〜とw;
Posted by yamanao999 at 2007年07月18日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック