2007年06月04日

今日は蜘蛛特集…といっても2種だけw

20070604_02.JPG
罠にかかったアメリカシロヒトリ ※キアシドクガ
Canon EOS Kiss Degital N / 虫の目レンズ

月曜日はすべてにおいてテンションが低いです。。。
土日に色々まわるので、若干満足している事もあり、
今日は少しだけ寄り道する程度でした。
ふと見た先に、中型の蛾が蜘蛛の巣にかかっているのを発見。
寄って見てみると、「アメシロ」(※キアシドクガでした。)だとすぐに気がつきました。発生の状況としては昨年並みで、かなり多いです。一昔前の様に民家や街中ではなく、里山などで多く発生している様に感じます。
パッと見、モンシロチョウにも見える事があるのですが、地面近くで舞うモンシロチョウに対して、アメシロ(※キアシドクガでした。)は上空(といっても二階建ての建物くらいの高さ)で数匹舞っております。100種以上の植物を食害するので、増える一方です。。。こうして蜘蛛君には頑張って喰ってもらわねばなりません(^_^;)

※追記>キアシドクガの間違いでした...。

20070604_01.JPG
ワカバグモ(♂)
(カ二グモ科 ワカバグモ属)
Oxytate striatipes L.Koch 1878
データ同上

…図鑑で見るより病的でしたが、多分ワカバグモの♂です。素早く逃げる♀に大して、♂は快く撮影させてくれました。カニグモやハエトリグモの仲間は画になりやすいので好みですw

20070604_03.JPG
アリグモ
(ハエトリグモ科 アリグモ属)
Myrmarachne japonica (Karsch 1879)
データ同上

様々な場所の色んな植物の葉や幹にて確認できる、蟻によく似た蜘蛛。
かっこよくて好みの蜘蛛です。


蜘蛛もなかなかイケる!という方は、
下記か右上のバナーをポチッとクリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ banner_01.gif
ラベル:蜘蛛
posted by yamanao999 at 22:01| 石川 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | クモ綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アリグモ良いですねぇ。
目がキラッと反射しているのが素敵です。
いやー、マジ欲しい!
虫の目レンズ
手に入ったからと行って、こんな良い写真撮れるとは限りませんけど・・・。
Posted by Taka at 2007年06月04日 22:47
蜘蛛もまた種によって大きくカタチや生態が異なるので面白いです。が、同定は難しく、図鑑を開いて頭を抱える事も多いですw; 今回はこのすばしこいアリグモ君の撮影ができてうれしかったですw

魚露目8号、やはり良さそうです(^^)
「近所の生き物」のtu4477さんはα-7Dで組み始めているのでとても興味深いです(^^) Takaさんは自分と同じキャノンですので、マウントアダプタなど選択できるパーツは豊富です(^^)
Posted by yamanao999 at 2007年06月05日 01:21
素早く飛ぶように移動するしかもちゃんとお尻からは命綱を付けてる3mm〜5mmくらいの小さい蜘蛛いますよねえ!アリグモももしかしたらそんな風に移動しませんか?蜘蛛の巣を張らないで、そうやって素早く相手を捕獲するんじゃないでしょうかねえ!?^^ アリグモの背中に光る複数の眼、気に入りました!^^v
Posted by でじかめ at 2007年06月05日 06:42
いつも思うんですけど
アリグモの出っ歯の中はどうなってるんでしょうね。
あれに見合う巨大な牙が仕込まれていたらガクブルです。
ダークな雰囲気がかっこいい!
Posted by KOH16 at 2007年06月05日 09:31
基本は魚露目8号を50mmマクロに取り付けて、APS−Cサイズのデジイチで撮ると良いという情報はつかんだのですが・・・。
50mmマクロ持ってなし・・・。
Posted by Taka at 2007年06月05日 12:18
でじかめさん>そういえばアリグモの糸をじっくりみた事がないかもしれません…。他のハエトリグモの仲間では移動する際に糸はよくみかけるのですが、コイツは葉や枝にいるので糸を出さなくとも素早く逃げてしまいます。餌を捕獲する際にはでじかめさんのおっしゃる様な感じです。
Posted by yamanao999 at 2007年06月05日 22:06
KOH16さん>餌を喰ってくれないと常に閉じている様な印象がありますねぇw 図鑑「日本のクモ」を見ると、見た目はアリグモと区別は難しいけど、♂の上顎にある牙の中央よりやや先に枝分かれした突起がある「クワガタアリグモ」という種が出てました。でも肝心な牙は見えず…w; よく別種だと同定できたなぁと感心してますw
Posted by yamanao999 at 2007年06月05日 22:10
Takaさん>自分の記憶では、MP-E65を使用してた方や、広角ズームとエクステンダーを利用して拡大されてた方など居たような気がしますが、魚露目は使った事がないですし、まだまだ知識・経験共に浅い為、なんともアドバイスしがたいです(>_<) この魚露目を使ったシステムではAF撮影ができたり、EXIF情報の絞りに的確なデータが残せて便利なハズです。拡大はカメラ側で行うか、アプリケーションでトリミングするかはお好みで選択できますが、カメラ側で行う場合は拡大系のレンズを選択し、接写リングで調整します。Takaさんは5Dなので、更に拡大する必要があります。ストロボは必須になると思います。自分はたまたま中古でGETしたツインストロボがあったのでそれを使用してます。

ちなみに蝶など大型のものを撮影するのであれば、8mm魚眼やコンデジ+広角タイプのコンバーションレンズでも同様の効果を得られる気がします。例えば最近発売されたGX100などはなかなか遊べる気がします。…正直欲しいですw; …宝くじでも当たれば色々遊べるのですが(T_T)
Posted by yamanao999 at 2007年06月05日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック