2016年05月15日

イボタガ

イボタガ
イボタガ posted by (C)yamanao999
(チョウ目 イボタガ科)

早春に現れる独特な模様を持つイボタガ。長年なかなかタイミングが合わずに飛んで消えゆく姿しか見られなかった。そのイボタガに夜間散策でようやく出会えた。真っ暗な山間ではトラツグミの声が響いており、小声で共に歓喜した息子はエネルギーが切れ眠りについた。

イボタガ
イボタガ posted by (C)yamanao999

撮影条件が悪く、個体は一旦持ち帰る事に。
標本にするか少し悩みましたが、どうしても〆る事ができず、やはり写真で残したいと考えて後日見つけた場所からほど近い森に放った。すると杉の幹にとまったのでそこで撮影する事にした。

イボタガ
イボタガ posted by (C)yamanao999

まずはマクロレンズなどで少し遠くから通常の状態を撮影。
できれば日中にこの様な状態の個体を見つけてみたい。

イボタガ
イボタガ posted by (C)yamanao999

魚眼に交換してグッと近づいて撮影すると、翅をバッと広げて左右に動く。
威嚇シーンも撮ることができ、このイボタガに感謝してこの場を去りました。

今年は雪も少なく初夏の進行も早いので、また来年かと思いましたが、諦めずに夜間決行して向かってよかったと思いました。他に期待していたエゾヨツメやナガレヒキガエルは見ることができませんでしたが、これも再び確認できる様に休日の許された時間の限り向かってみたいものです。


石川県
posted by yamanao999 at 12:00| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | チョウ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック