2007年06月03日

梅雨前の虫

20070603_01.JPG
キマダラミヤマカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Aeolesthes chrysothrix chrysothrix (BATES, 1873)
Canon EOS Kiss Degital N / 虫の目レンズ

眠いです…。一週間の疲れが抜けぬままフィールドへ向かいました。
天気は晴れのち曇り、風は強くもないのですが撮影に邪魔になるくらいの強さ。ガマズミ・サワフタギなどはピークを若干過ぎた状態にまでなっておりました。まず出迎えてくれたのはキマダラミヤマカミキリです。毎年樹液や立ち枯れで確認しておりましたが、今日はガマズミで確認。写真はボトっと落ちてきたものを撮影。

今日はキマダラミヤマカミキリをはじめ、ツヤケシハナカミキリ・ヤツボシハナカミキリ・ニンフホソハナカミキリ・ムネアカクロハナカミキリ・トビイロカミキリ・ベニカミキリ・シラケトラカミキリ・キスジトラカミキリ・キイロトラカミキリ・エグリトラカミキリ・ヒメルリハナカミキリ・など多くの種をガマズミ・サワフタギで確認できました。撮影はうまくいったものもありますが、風でブレブレのもの少なくありませんでした(^_^;)

20070603_02.JPG
トホシカメムシ
(カメムシ目 カメムシ科)
Lelia decempunctata Motschulsky
データ同上

見かけるカメムシの種類も増えてきました。今日はこのトホシカメムシを撮影。記憶していたものよりかなり大型で、カタチ的にもとても面白く見ごたえのあるカメムシです。

20070603_03.JPG
キシャヤスデ
(オビヤスデ目 ババヤスデ科)
Parafontaria laminata armigera (Verhoeff)
データ同上

かつて大量発生した際に、山野を通る鉄道の線路に集団で出現し、列車のスリップ事故を引き起こすことからその名が付いたとの事。見た目はグロく、独特なカラーもなかなか…w;

20070603_04.JPG
クロアシナガコガネ
(甲虫目 コガネムシ科)
Hoplia moerens WATERHOUSE
データ同上

花粉塗れでアシが黒いのかどうなのか微妙。。。
交尾が良すぎてか、♂は両足を大空に向かってあげっぱなしw

20070603_05.JPG
キンイロジョウカイ
(甲虫目 ジョウカイボン科)
Themus episcopalis (KIESENWETTER)
データ同上

今日は食事シーンを確認できました。何やらアブかハムシダマシかわかりませんが、モシャモシャとミンチ状にして喰ってます。よほど美味いのか、頭を突っ込んで喰う姿は完全に肉食虫。牙はかなり鋭く太い形状になっており、まさに噛み砕く為に形成されたものです。…しかしこのトロいジョウカイボンは、一体どうやって虫を捕らえるのでしょうか?
てっきり花の蜜ばっかり吸っていて、肉食じゃなくなっているのかと思ってましたが。

そろそろ梅雨のかおりがプンプン臭う頃となってきましたが…。
せめて週末くらいは雨降ってほしくないですね。

ジョウカイボンに噛まれたくなければ、
下記か右上のバナーをポチッとクリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ banner_01.gif
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 21:49| 石川 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キシャヤスデって、なんか古代生物のまま現代に至ってるって感じですね!汽車がスリップするほど大量発生したなんて、すごいですね! それにしても虫レンズの威力はすごいですね!1cmくらいまで寄れてるんじゃないですか?^^
Posted by でじかめ at 2007年06月04日 06:32
キシャヤスデ、面白いですね。
そしてこれを撮影している最中のyamanao999さんの姿を想像してみるとまた面白いです。
こんなのに大発生されたら外歩けないだろうなぁ(^ ^)
ジョウカイボンの捕食シーン、すごい迫力ですね。
こうやって抱えて食べるスタイルって意外と見かけないですよね。
カッコウムシとか、カマキリとか。
虫の目レンズだとモンスターに見えます。
「またジョウカイかよ」と言って捨ててきたのを反省してますw
Posted by KOH16 at 2007年06月04日 10:00
でじかめさん>ホントに古くから居る感じの生物ですね〜。これの大発生…想像しただけで我慢ならないですね…(;´Д`) 今回は約8mmほど近づいています。ドブの底で動いているので触覚が切れてしまいましたw;
Posted by yamanao999 at 2007年06月04日 21:23
KOH16さん>まずは デタ━━━(゚Д゚;)━━━!!! …って感じですねぇw; それからドブに片足突っ込んでカメラ近づけて、「うわ〜。」とか独り事言いながら後ずさりしながら撮影しましたw 自分単独でしたのでカッコわるくてもいいや、って感じです(^_^;) これ、大発生したらなんかの映画みたいですが、かつてはホントに大発生していたのでしょうねぇ…。
ジョウカイボンは自分も「まぁ〜た、オ・マ・エかー。」って感じで、毎年出始めだけは少しまともに見るのですが、キンイロジョウカイはデカイ上に甲虫では見慣れないムラサキっぽい色なので、ついつい見てしまいますw アオジョウカイに関しては年に2回はフタコブルリハナカミキリと見間違えるのでイラっとしますw が、そんなアオジョウカイも意外と好きです(^^) …アミに入ったら捨てますがw
Posted by yamanao999 at 2007年06月04日 21:31
 キシャヤスデって素晴らしい虫ですね。見たことないと思います。魅力的です。ドブ(用水路)ですか?素晴らしいさん写真魂です。
 梅雨の晴れ間と休日が重なればいいですね。お互いに。
Posted by tu4477 at 2007年06月04日 22:32
tu4477さん>キシャヤスデはよく見かける小型のヤスデに比べてかなり大型で、写真の通り濃いピンク色のヤスデです。…多分苦手な方が見るとかなり引きますw 地元では近場の山の公園などでたまに見かけます。今回は林道沿いのカラカラに干上がったドブで見つけましたw この日はサワフタギの自生ポイントを探りに行ったのですが、午後から曇って風が発生、気温も低下気味になり、帰りは下ばかり見ていて発見しました☆

そろそろ梅雨っぽい雰囲気になってきましたねぇ〜。休日だけでもいいのでせめて曇りであってホシイですね(^^) ここ北陸では夏でも雨が多く、ジメジメして嫌な雰囲気になりますw 土砂崩れも多いので毎年梅雨の時期は心配でなりません...
Posted by yamanao999 at 2007年06月05日 00:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック