2007年05月27日

初夏の風景

20070527_08.JPG
エゴノキ
(エゴノキ科 エゴノキ属)
Styrax japonica Sieb. et Zucc.
Canon EOS Kiss Degital N / 虫の目レンズ

エゴノキに花がつき始めました。
気温も高まり、一気に夏めいてきました。

20070527_01.JPG
ハルゼミの抜け殻
(カメムシ目 セミ科)
Terpnosia vacua OLIVIER
データ同上

今日は近場へハルゼミを探しに行く事に。現地に到着すると数匹の鳴き声が聞こえ、松林に入る。しかし、やっぱりハルゼミ。すぐに鳴き声は止み、姿はなかなかみつかりません。

20070527_02.JPG
ハルゼミ(♂)
(カメムシ目 セミ科)
Terpnosia vacua OLIVIER
Canon EOS Kiss Degital N / EF 100-300mm(トリミング)

…結局、自分の手持ち機材ではこれが限界でした(T_T)
大きな松の天辺にて発見。。。どう足掻いてもこれが精一杯で(-_-;)
…「ハルゼミを探せ」みたいな写真です。どこにいるか探して楽しんで下さいw; …shit! 大砲みたいなレンズ欲しい〜。宝くじあたれ…嫁のだけどw 当たったら少しくらいくれるハズだ☆


その他見かけた本日の主な昆虫

20070527_04.JPG
ヤツボシハナカミキリ(♀)
(甲虫目 カミキリムシ科)
Leptura arcuata PANZER
Canon EOS Kiss Degital N / 虫の目レンズ

老朽化して利用不可となったアスレチックにてヤツボシカミキリの♀を見かける。かつてたくさんの子供達の声で賑やかだったアスレチックは暗い森の中で沈黙しておりました。

20070527_05.JPG
キンイロジョウカイ
(甲虫目 ジョウカイボン科)
Themus episcopalis (KIESENWETTER)
データ同上

今年もそろそろ色んなジョウカイボンの仲間が出現している中、キンイロジョウカイも姿を現しました。キンイロジョウカイは他のジョウカイボンに比べてひとまわり大きく、名前はキンイロなのに何故かパープル。貫禄を感じる甲虫です。ちなみに数人の子供達にかまわれながら撮ってます。。。「何しとるが〜?」「何かおるん?」「こっちにもおったよ。」「僕んウチに●●おるよ。」…撮影中なので辛いけど、純粋に色々話してくれてるので5割程聞いてやったw でも木を揺すられるとかなり辛い。。。子供だからある程度の事は許すが、叱る事も時には必要かも(-_-;)

20070527_06.JPG
キイロトラカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Grammographus notabilis notabilis (Pascoe, 1862)
データ同上

今日はサワフタギの新規ポイントを探しておりました。もう帰ろうかという時にたまたまもう一箇所発見。そこでこのキイロトラカミキリと出会う。他のトラカミキリと比べて全く逃げようともせず、愛嬌もたっぷりでレンズに登ったり、手に登ったり…というのはこの個体の個性なのか?お陰で顔のドアップが撮影できました。

20070527_07.JPG
蟻の接吻?
データ同上

夕方近くになって、曇ってきてからはずーっと蟻を観察してました。身体のひとまわり大きな蟻が木の下で待機しており、花の蜜を鱈腹運んできた働き蟻がくるとこうしてKISSをする。蟻の事についてはなにも知識が無い為、何を行っているのかはわかりませんでしたが、蟻の行動や仕草には色々面白い特徴があって面白いですね。

といった感じで今日は身体を休める意図もあり、狭い範囲で観察しておりました。他にも色んな写真を撮影できましたので、これはまた後日公開フォトの方でお見せできればと思っております。

ランキングに登録しております。
写真・記事が面白かったら下記か右上のバナーをポチッとクリックお願いします!応援よろしくお願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ banner_01.gif
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 22:16| 石川 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄いペースで撮影していますね。
フォトアルバムもカッコイイ写真が多くて刺激的です。
わしも頑張らなきゃって気持ちになりました。
Posted by 871 at 2007年05月27日 22:45
871さん>先週天気が悪くてイマイチだったフラストレーションを爆発させておりますw 昨日と今日はなかなか良い天気で、かなり多くの昆虫を見かけました。ハナカミキリなどはこれからなので時期を逃さぬよう、寄り道なので下見しますw 自分の虫の目写真が実現している事や、構図などの影響は間違いなく871さんのオカゲです(^^) 一日を終えると共に常に感謝しております(^^) …そういえばコルリは時期を逃しました(T_T) 後日お尻の写真をUPしますw
Posted by yamanao999 at 2007年05月27日 23:00
ハルゼミってさすがに早いですね〜!
こちらでは鳴き声はまだ聞こえてきません。

アリの写真がカッコィィですよ^o^)/
怪獣みたい^^)
Posted by KON at 2007年05月27日 23:47
 ハルゼミですか。やっぱり高いところに居る事が多いのでしょうか。私は、姿を見たことがありません。
 アリの写真がすごいですね。アリを真横から見ることなんてほとんどありませんから、この臨場感は素晴らしいです。
Posted by tu4477 at 2007年05月28日 08:16
当地でもエゴの花が咲いておりました。
もう少しするとエゴの実につく虫たちが
わらわら出てくる頃ですね。
先日山梨でハルゼミの声を聞きました。
今ごろは大合唱なんじゃないかと思われます。

虫の目の情報、ありがとうございました。
アレをナニさえできたら今日にでも寄り道したいところですが・・・w
Posted by KOH16 at 2007年05月28日 10:48
KONさん>ハルゼミの生息域はアブラゼミの様に広域ではないので声が聞こえるところと聞こえないところがあります。自分のまわりでは、松林のある山間部でポツポツ声が聞こえてます。数は多くないですねぇ。蟻>ちょっとハマってしまいそうなくらい動きや習性が面白いですw
Posted by yamanao999 at 2007年05月28日 22:34
tu4477さん>ハルゼミは「声すれど姿無し」な蝉ですねぇ。。。小学校の遠足時にもハルゼミ探していたら、すぐ帰る時間になっていたくらい見つかりませんw 木蹴っ飛ばして飛ぶところを見つけるのも秘策なんでしょうが、松が生長してデッカクなっており、太刀打ちできませんw 低い松に止まってくれればチャンスです(^^) 蟻>大概真上で見る事が多いですよね。最近色んな虫をファインダーを通して色んな角度・仕草などをみているとまた更に面白くなっております(^^)
Posted by yamanao999 at 2007年05月28日 22:47
KOH16さん>エゴの花が綺麗だったので、この日はエゴツルを探す前に花を撮ってみましたw ハルゼミは毎年時期を逃しており、まともに写真を撮った事がなかった為、挑戦しに行ってみましたが、難易度高いですねぇ。。。チッチも難しくて再挑戦せねばならないのですが…。蝉、難しいですw 情報>ホントでしたらまず自分が試してみてから的確な内容をお勧めしたかったのですが…日本産カミキリムシを入手してからは財布が常にスッカラカンで…w; ぜひ検討してみてください(^^)
Posted by yamanao999 at 2007年05月28日 22:56
良いですねぇ
今、虫の目レンズが欲しくて仕方ありません(^_^;)

売ってるのは高いですよねぇ・・・。

自作となると、「魚露目」でしょうか?
Posted by Taka at 2007年05月29日 10:40
ぬお。さりげなくさらっとw
図鑑買われましたか。
すばらしー!!!
Posted by KOH16 at 2007年05月29日 22:08
Takaさん>市販されているものは高価ですねぇ〜(^_^;) 魚露目をうまく使えば低コストでできると思います。自分も一度試してみたいのですが、まだ実物を見た事もないです(^_^;)
Posted by yamanao999 at 2007年05月29日 22:19
KOH16さん>そういえば悩んでいたところまでしかコメント残してありませんでしたねw 次に入手できるのはいつになるかと想像したら、我慢ならず買ってしまいましたw しかしいい図鑑です(^_^) でもピドニアはやっぱり難しいですねぇ〜(^_^;)
Posted by yamanao999 at 2007年05月29日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック