2007年05月09日

日本産 人面亀虫

…寄り道にて、ついに撮影できました(T_T)

20070509_01.JPG
ナガメ
(カメムシ目 カメムシ科)
Eurydema rugosum Motschulsky
Canon EOS Kiss Degital N / 虫の目レンズ

アブラナ系の植物、要は菜の花などに付くから「菜亀」。「眺め」ではありませぬ。いつもながらそのまんまのネーミングですが、黄色い花・黄緑色の茎などに真っ赤な虫は目立ちますw 最近では田畑に「カメムシ追放」のノボリをよく見かけるだけあり、個体数は減少している様子。海外にジンメンカメムシというカメムシがいるが、本種も決して負けていないくらい良い人面。自分は「じいさん」に見えますが、見え方は人それぞれ違うみたいですw 今年はもう撮影できないと思っていただけにうれしいw 残念ながら夕方の強風の中での撮影でしたので、次回機会があれば晴天な日中に撮ってみたいです。しかし今回はラッキーでした(^^)



20070509_01_02.JPG
うれしいからもう一枚追加w
風がなければ更によかったのですが…欲は言いませんw

20070509_02.JPG
ヒメヒラタチビタマムシ
(甲虫目 タマムシ科)
H.atronitidum (GEBHARDT)
データ同上

今年もようやく確認できました。毎年ナワシロイチゴについています。普通のチビタマよりひとまわり小さく、ヒラタチビタマムシに比べて更に小型で、後方に急に狭まり、前胸背板は上翅より幅広くなり、三角形に近い…原色日本甲虫図鑑(3)には写真は無いが、文章にそう記載されており、写真の個体はまさにヒメヒラタチビタマムシだと思われます。(…違っていたら教えてください(^_^;))

20070509_03.JPG
シナノクロフカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)
Asaperda agapanthina BATES, 1873
データ同上

エノキにて再び確認できました。小型ですが、独特なカミキリなので面白い。

20070509_04.JPG
クリアナアキゾウムシ
(甲虫目 ゾウムシ科)
Dyscerus exsculptus (ROELOFS)

最後にでじかめさんのリクエストにお応えします。
顔アップ。撮影時に拡大したワケではなく、単にトリミングしただけなので少し見辛いかもしれませんが、ご了承ください(^^)

今日は真夏日となり、かなり暑い日になりました。
これから暑くなるにつれ、色んな昆虫を撮影したいと思います!

ランキングに登録しております。
写真・記事が面白かったら下記か右上のバナーを
ポチッとクリックお願いします!
これからも応援よろしくお願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ banner_01.gif
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 23:30| 石川 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナガメもチビタマもカミキリも、それぞれの質感の違いがはっきり出てますね。素晴らしいです。
なんだかいわれてみると「嫌々ながらワイシャツを着て困惑しているおじいさん」に見えてきましたw

それにしてもこんな素敵チビタマ、今まで見たことがありません。
見つけても写真は多分まともに撮れないと思いますが、
いつか見つけてみたいおにぎり体型です。

Posted by KOH16 at 2007年05月10日 00:28
おおおお!!!
すごいっ!!
迫力満点ではないですかあ!^^//
リクエストに応えていただき
ありがとう!!m(_ _)m
またときどきやって下さい!
人面カメムシ、
綺麗ですね!
あんまり好きな虫じゃないけど
綺麗なので我慢できます^^;
Posted by でじかめ at 2007年05月10日 10:04
うははは〜〜、どれもおもしろい顔(体)です!
ゾウムシ君はかわぃぃです(^o^
なにか話しかけてきそうですね〜。
Posted by KON at 2007年05月10日 10:58
KOH16さん>ナガメを求めて、色んな畑や道沿いを観察してましたが、実は最も近いところにいましたw; 嫌々ながらワイシャツを来たおじいさん、確かに見えますねw ちびまるこの友蔵にも見える事もw
このチビタマは昨年ルッキングで見つけたのですが、他のチビタマと比べてカタチ・大きさがかなり違うところがソソります(^^) かなり小さいです。ナワシロイチゴなどのキイチゴに葉の端から迷路の様な小さくて細い食痕を見つけたらこいつかヒラタチビの可能性大です(^_^)
Posted by yamanao999 at 2007年05月10日 22:14
でじかめさん>ちょっとわかりにくかったのですが、拡大してみるとちょいと怖い顔ですね〜。長細いシャレコウベの様なw また面白い顔の昆虫がいましたらドアップ写真を撮ってみますw カメムシは臭くて自分も好んではいませんが、外見は他の種類と比べてもバリエーションが豊富でなかなか面白いです(^^) ハートの模様がついたやつなど今後も色々撮影しに行ってきます(^^)
Posted by yamanao999 at 2007年05月10日 22:18
KONさん>ぞー虫はなかなかいい虫です。動きはトロトロで、近づくとコロリと地面に落ちていっちゃいますしw 指に乗せるとしがみついて動かない事も多いです(^^) 種類によってはかなり高速なヤツもいたり。なんか大きく撮影してみると、哺乳類を見ている様な感覚になる事もありますw

大型のゾウムシはここ最近結構見つける事ができましたので、6月以降はヒゲナガゾウムシの仲間をもっと探してみたいと考えています(^^)
Posted by yamanao999 at 2007年05月10日 22:23
やはり、交尾できましたかw
ロケーションもいいですねー。
わしも風にはいつも泣かされています。。。
Posted by 871 at 2007年05月10日 23:49
 こちらでは、はじめまして。
 以後よろしくお願いいたします。

 KOH16さんのところ経由で時々来ていました。様々な昆虫の臨場感たっぷりの写真は、見ごたえがあります。
 私のところにいただいたコメントに、「地元に拘って・・・」と、いただきました。私も親近感を覚えます。地元に様々な生き物が居るという事自体が、当たり前ではなくなってきているので、地元に拘れるのは幸せな事だと感じています。

 これからは、ちょくちょくおじゃませていただき、いろいろ勉強させていただきたいとおもいます。

Posted by tu4477 at 2007年05月11日 09:15
871さん>たまたま見つけたのが交尾中でしたw 交尾中だと単体よりかなり鈍くてありがたかったです。が、たまに考えるのですが、交尾中に邪魔された虫は堪らんだろうなぁ、とw いつも心の中でスマンと連呼してますw
Posted by yamanao999 at 2007年05月11日 22:27
tu4477さん>いらっしゃいませ(^^) コメントいただきましてありがとうございます。自分の住んでいる周辺も、以前は田・畑・湿地・野山だったところがどんどん減っており、以前まで普通にあった当たり前の風景やそこに住んでいたはずのいつも必ず見ていた生物が普通に見られなくなっています。更に、知れば知るほど奥が深く、いつも通っている場所での新発見に心が躍りますw いや〜、ほんとに身近な自然に感謝しております(^^) こちらこそ色々勉強させていただきます!今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by yamanao999 at 2007年05月11日 22:33
日本にも人面カメムシいるのですね(笑)

それにしても迫力のある写真ですね。
自分が小さくなった錯覚を覚えます。
ゾウムシの顔最高です。
Posted by s-5 at 2007年05月13日 18:51
s-5さん>カメムシ、面白い種が多いんですが臭いので敬遠されがちですね。昨日はヨコズナサシガメの成虫を見たのですが、冬に幼虫ばっかり見ていたのでかなり大きいサイズになっていた事に改めてビックリしましたw ゾウムシの顔は無理矢理引き伸ばしているのでボケボケですが、いつか顔ばっかり撮影して卒業アルバムの個人写真ページの様に並べてみたいですw
Posted by yamanao999 at 2007年05月13日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック