2012年12月15日

ナミスジフユナミシャク

ナミスジフユナミシャク
ナミスジフユナミシャク posted by (C)yamanao999
(チョウ目 シャクガ科)

先週確認したイチモンジフユナミシャクの交尾シーン撮影を目指し、
久しぶりに定時で仕事を終え、依頼を請けていた年賀状を納品後、
すぐさまフィールドに出かけてきた。
現地に19時半過ぎに到着して間も無く、
ナミスジフユナミシャクの交尾が確認でき、
撮影しようと思った途端に大雨が降ってきてしまった。
なんとか撮影しようと、LED照射用に改良した三脚に
急遽、傘を装着してみたけど、集中できず撤収。。
雨具を装着して1時間以上観察しつづけていたら、
一時的に雨足が弱まった隙に、なんとか撮影できた。
もう少し、光に工夫を与えたかったけど、
天候的に余裕が無く、雨足が再び強くなる前に、
ささっとストロボ手持ち逆光撮影をして即撤収。
何時から交尾していたのか不明ですが、
僕が撤収した21時半頃はまだ交尾していた。
大雨にも負けず、風にも飛ばされずに
持ちこたえる力強さに懸命に子孫を残そうとする
力強さを感じてとても感動した。

20121215_02.JPG

同じ樹にやや大型のフユシャク♀が2匹、
コーリングの体勢で構えていた。
初めは腰の高さくらいにいたが、
少しずつ上に登っていき、
やがて2m以上の高い枝や樹皮捲れの箇所で♂を待っていた。
雨が当たっても、このビロード上の体毛が弾いていた。
雨の為、♂が飛来する気配は感じられなかったけど、
その後どうだったのだろうか気になる。

今夜は平地で13℃、撮影地で6℃もあり、
なま温くて絶好の気温だったけど、雨。。
まだ雪の方が動きやすくて絵になっていい。
蜘蛛も数種、暖かさの影響で活動していた。
オニグモが活動していたのには驚いた。


石川県
posted by yamanao999 at 23:55| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | チョウ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上の写真が私の好みにドンピシャで
うっとり眺めています。
光の当て方もネコジャラシの穂先というシチュエーションも素晴らしいです。
ただただ、美しいの一言です!
Posted by てぃーだ at 2012年12月16日 14:48
てぃーださん、最初はよりによって風でブランブラン揺れてるネコジャラシで交尾かよって思ったのですが、ここ数年強風の中で接写を続けていたので撮影してみると思いのほかちゃんと撮れて、最終的にはネコジャラシにいてくれてありがとうという心境でしたw しかしながらもっと個体数が居てもおかしくなさそうな蛾ですが、少ない感じがします。探し方にもまだまだ問題を感じてはいるのですが。。
Posted by yamanao999 at 2012年12月16日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック