2012年11月25日

ハラビロカマキリ

ハラビロカマキリ
ハラビロカマキリ posted by (C)yamanao999
(カマキリ目 カマキリ科)

今年の11月は晩秋らしい日はほとんど無く、
毎日雨が続き、寒い日は霰が積もるなど
冬型の天候が続いた。
急激に気温も低下して、とても寒く感じており、
虫の姿も一気に減少した。

そんな中、フユシャクなんかが早めに発生していないか
下見していたところ、意外にも大きな腹のハラビロカマキリがいた。
褐色型で、桜の幹にカモフラージュしており、
遠目では全く気がつかなかった。
こうしたカマキリなどがいるとは、
状況から最早期待すらしてなかったので、
居てくれて本当にうれしくなった。
寒さも厳しく、餌となる虫もほとんどいない中、
よく今日まで生き延びていた事に、
強く感動させられるものだった。

このあたりのハラビロカマキリの卵は、
殆んどが80cm以上の高さの位置に産み付けられていた。
今年の冬もまた、厳しいのかもしれません。

このハラビロカマキリも無事、
産卵を終える事ができると良いのですが。


石川県
posted by yamanao999 at 23:54| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カマキリ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック