2012年09月14日

ハラビロカマキリ

ハラビロカマキリ
ハラビロカマキリ posted by (C)yamanao999
(カマキリ目 カマキリ科)

ハラビロカマキリの♂がいた。
♀はよく見つかるけれど、♂はなかなか見つからない。
普段はクズの葉裏やネムノキの葉などに隠れていて、
小型なので見つけにくい。
そして、10月半ばを過ぎると姿が殆ど見られなくなる。
これは多分、♀に食べられてしまうからではないかと思う。

写真はカメムシの仲間をバリバリ食べている。
よくあんな臭いものをと思うけれど、
カマキリには臭いは通じず、
無害でセミを食べる事と変わりが無いのかもしれません。
これまでに確認できているのは、
このハラビロカマキリだけですが、
カラダの大きさに伴った力を持つ事と、
鎌が短い事がこうした滑りやすい虫を
捕獲しやすいのだと感じる。


石川県
posted by yamanao999 at 23:57| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カマキリ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック