2012年05月13日

ウスバシロチョウ

ウスバシロチョウ
ウスバシロチョウ posted by (C)yamanao999
(チョウ目 アゲハチョウ科)

先週は寒い日が続きましたが、
日曜日にようやく暖かさが戻ってきました。
山は完全に初夏の眩しい緑に彩られる中、
ウスバシロチョウの発生がピークとなっています。

20120513_01.jpg

この日は写真家の竹谷宏二さんと小幡英典さんと撮影を共にしました。
竹谷さんは石川むしの会が発行する「とっくりばち」の表紙をはじめ、
蝶や花などをメインにとても柔らかで美しく、独特な作品を撮られており、
いくつかの写真サークルや協会で多くの作品を発表されている。
小幡さんは百万石蝶談会が発行する「翔」の表紙をはじめ、
ローカル自然誌「自然人」の連載や様々なシーンで活躍されている。
こんな素晴らしい大先輩方と撮影を共にして、
それぞれが持つ作品や機材のこだわりや撮影スタイル、
そしてフィールドの知識をいくつか教えていただくなど
多くを学ぶ機会に恵まれ、とても楽しい一日となりました。


竹谷さん、小幡さんの昆虫写真作品はこの1冊で楽しめます。
デジカメ以前のフィルム作品、印刷もDTP以前の版下・製版時代の
全てアナログだった頃のものです。


石川県金沢市
posted by yamanao999 at 23:51| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | チョウ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この本は、もうバイブルみたいな本ですね。本当に綺麗な絵が多くて、地元でもいろんな虫が沢山いると知らせてくれる貴重な本です。
Posted by mahalito at 2012年05月17日 19:46
mahalitoさん>銀塩&製版時代の印刷の良さがこもった写真集ですね。竹谷さんは至高のマクロ写真、小幡さんは実に丁寧かつ生態をしっかり写しこんでおり、とても良い刺激になります。松井さんは当時から広角マクロで撮影されており、ノーファインダーながら構図が素晴らしいのも共感します。
Posted by yamanao999 at 2012年05月18日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック