2012年04月13日

ある池でのハナシ

アメリカザリガニ
アメリカザリガニ posted by (C)yamanao999
(エビ目・アメリカザリガニ科)

とある林道沿いに大きな水たまりみたいな浅い沼がある。
クロサンショウウオとアズマヒキガエルが産卵してないか覗いてみると、
クロサンショウウオは卵のうが見られた。広い池の割りには数が少ない。
ヒキガエルはビンゴで、繁殖活動が見られた。
記録として撮影しようとしたところ、足元に赤いものが見えたので
確認すると、なんと「アメザリ」だった。
子どもが逃がすにはかなり山奥であるので考えにくく、
さらによく見ると、メダカなど小魚数種が泳いでいる。
池の形状や、注ぎ込む川の状況、周囲の環境を見ても
明らかに人為的なものだった。

と、そこにひとりのオヤジが来た。
「ナニ撮っとる?」と聞かれたので「アメリカザリガニ。」と答えると、
オヤジは「ワシが放したんや。メダカもコイもおるわ。」と語りだした。
どうやら池はこのオヤジの土地なのか?
ペットショップで買ってきて、池に放して楽しんでいるらしい。
「カモ来とらんかったか?」と聞かれ、「見てない。」と答えると、
「ここにはオシドリやサギも来る。カワセミ・ヤマセミ・アカショウビンも来る。」
こんな採り易い浅い沼に小魚がいるのだから
それはまさに鳥にとってはコンビニ状態だ。
「以前、金魚を盗った親子がいたので、ひとり1万円罰金を貰った。」
「文句があるならば、ケーサツに言ってもかまわない。」と続けた。
誰の池かもわからぬ林道沿いの池に
金魚なんて目立つものがいたら捕りたくなるだろう。
そもそも山や林道は私有地が多いので、
動植物は採らぬ方が災いしないのだが。
オヤジは僕に貴重なペットを盗られないかと警戒して探っているのだが、
僕はオヤジを疑ってこれだけ探り出した。
コイやメダカなどは放しても犯罪ではないが、
アメザリは大変な事になるだろう。
…と言っても手遅れなわが国のアメザリ生息状況w
オヤジは悪気など全く無く、長年やり続けてきたのだろう。
こんな目立つ場所ならば、当然、役所も気付いているんだろう。


石川県
ラベル:日記
posted by yamanao999 at 22:11| 石川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 呟記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
超目立つ場所にありますよね、コレ。
アメザリ居ますね、それも結構沢山。確かに鯉も金魚も泳いでいましたヨ。
シーズンになると蜻蛉が結構来るので意外と良いロケ地だと思っていたのですが、そんな親父が居たとは・・・。

今度から気をつけよう(W
Posted by mahalito at 2012年04月15日 13:57
mahalitoさん>ご存知ですよね、やはり。撮影自体はオヤジもうれしそうでしたし、蜻蛉の事も聞いてみたらうれしそうでしたので大丈夫だと思われます。が、ザリに触れたり、沼に入ったりすると雷落ちそうですw
Posted by yamanao999 at 2012年04月15日 22:43
>「以前、金魚を盗った親子がいたので、ひとり1万円罰金を貰った。」

これは、詐欺に近い状態ですね。もしオヤジがこの池にタコを放したら僕も引っかかりそうです。でも僕は、一万払うなら当然警察に行きます。
Posted by oikawa at 2012年04月29日 02:20
oikawaさん>池に柵があったり、民家があるならば誰も採らないと思いますが、ほんと、何も無い林道の半ばにポツンとある池なんですw 僕も即、ケーサツ呼びます。オヤジが現れなかったら、とりあえず少なそうなザリガニを処分していたかもしれませんww
Posted by yamanao999 at 2012年04月30日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック