2012年03月04日

貝殻ひろい

20120304_05.JPG

今日も子どもと貝殻ひろいに向かったのが真の目的である。
僕も子どもの頃、たまに親に連れて行ってもらったが、
夢中になるととても楽しく、
様々な色・カタチ・サイズの貝を
ついつい集めたくなってしまう。
そして、なにせタダで楽しめるのがいいのだ。

20120304_06.JPG

海岸によって採集できる種類や数はかなり異なる。
今日は小さな貝殻が見たくなり、目的地へ向かった。
解る範囲で調べてみると、
マツバガイ・ウノアシ・イシダタミ・キサゴ・オオヘビガイ
カニモリ・ツメタガイ・ウチヤマタマツバキ・マルサルボオ
ミタマキガイ・ベンケイガイ・ムラサキガイ・ヒバリガイ
イタヤガイ・ナデシコ・ナミマガシワ・バカガイ
フジノハナガイ・ベニガイ・サギガイ・サクラガイ
モモノハナガイ・ダンダラマテ・キヌタアゲマキ
ミゾガイ・ヒナガイ・アサリ・オニアサリ・ハマグリ、など
かなり多い種類を一挙に得る事ができた。
その他、バフンウニ・ハスノハカシパンなど
ウニの仲間の死骸も拾ってきた。
拾ったものをポケット図鑑で改めて調べてみると、
これまでと全く異なる感覚で貝殻に興味が湧いてくる。
僕の持っているポケット図鑑には代表的な種類がほとんど掲載されているが、
掲載されていない種類が気になってしかたがない。


冬は人も少なく、漂着する種類も豊富だが、
寒いので、暖かくなったらまた行きたいと思う。
なにせ、タダで楽しめるからイイのだ。

また、今日はテキトーにポケットに詰めるつもりで向かったのですが、
地元のおばちゃんにナイロン袋や美しく人気のあるベニガイを分けてもらった。
こうした人の温かみも大変ありがたく、良い思い出となる。


石川県
ラベル:日記
posted by yamanao999 at 23:12| 石川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 漂着教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すばらしく綺麗で、形も様々、そそられるものがありますね。
子供たちは、確実に脳裏に染み付く経験ですね真似させていただきます(。-_-。)
Posted by moto at 2012年03月05日 09:44
motoさん>この日は曇りで薄暗い空でしたが、家族連れやカップルたちが貝殻に夢中になる姿が見受けられました。なかなか楽しいですし、小物入れなどに入れて保存すれば、大人になっても残るものです。年に1〜2回程度、楽しみとして行うと良いかもしれません。
Posted by yamanao999 at 2012年03月05日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック