2011年09月12日

F A C E

セスジツユムシコフキコガネクビキリギスショウリョウバッタコカマキリセスジツユムシマダラカマドウマ

最近、マクロレンズで顔を大きく撮り貯めてみてます。
構図・サイズ・写真の向き・ライティングなど、
様々な要素を少しずつ変えて、
どの感覚が最も面白いかを試しております。
飽きたら止めますが、今のところ飽きません。

レンズは随分前に中古で買った、
旧型のCANON EF100mm F2.8macroで1本勝負。
ついにピントリングのゴムがユルユルになってきた。。
新しいマクロレンズが欲しいが、
まだ使えるので、当分なんとか使うと思う。


石川県
CANON EF100mm F2.8macro
ラベル:昆虫 マクロ
posted by yamanao999 at 22:17| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他写真撮影・機材雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 顔写真も面白いですね。これは例の手持ち逆光システムでしょうか。100マクロだと逆光というよりサイドになるのかな。
 このコカマキリはちょっとホラーですね。
Posted by T.Urabe at 2011年09月13日 21:35
T.Urabeさん>真正面だとU野先生のモロパクリになりそうでしたので、若干角度をつけ、構図も変えたり試しておりますw 逆光にもできるのですが、対策を練らないと結果がイマイチになる為、撮る虫の配置もあって、主にサイドか真上から照射する事が多いです。光の強弱は被写体と状況に合わせて左右変えてみたり、色々お試し中です。コカマはこんな顔でしたっけ?この個体は特別ホラーなだけでしょうかねw;
Posted by yamanao999 at 2011年09月13日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック