2011年07月16日

2011年7月16日、確認したカミキリ類

ヨツスジハナカミキリ
ヨツスジハナカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

今年もついに現れた、ヨン様。
そういえばセミの声はエゾハルゼミが遠のき、
ヒグラシがメインとなってきた。
今日はノリウツギ・ヤマアジサイ・材で確認した。

セミスジコブヒゲカミキリ


…このかっこいい触覚のシルエットは、

セミスジコブヒゲカミキリ
セミスジコブヒゲカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

触覚にとても特徴のあるセミスジコブヒゲカミキリ。
実に久しぶりに確認した。

タテスジゴマフカミキリ
タテスジゴマフカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

これは初確認。調べてみるとマダラゴマフカミキリだと思われる。
…違ってたら教えて下さいw
薄暗い森の中の枯れ枝にくっつく様にいました。

※7/18、mahalitoさんのご指摘により、種名改定しました。

ヘリグロベニカミキリ
ヘリグロベニカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

見慣れた赤いヤツが広葉樹に…、
と思ったら、一度見てみたいと思っていた
ヘリグロベニカミキリだった!
広葉樹にいるところがなんとも不思議な感覚。
触ると、アオカミキリの様な匂いがした。
これも自己初確認。

キスジトラカミキリ
キスジトラカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

毎年お馴染み、キスジトラカミキリ。
今日は交尾を含め、多くの個体数を確認。
飛ぶところは何度見ても、アシナガバチだと思って
一瞬避けそうになるw

カラカネハナカミキリ
カラカネハナカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

先週は緑色だったが、今日のは赤系だった。
この色の方が見る機会が多く感じる。

ゴマフカミキリ
ゴマフカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

先週は顔のドアップにしてみたが、
今日は正面からやや引いて撮ってみた。
ゴマフカミキリの写真としては
あまり見ない構図ではないだろうか。

コバネカミキリ
コバネカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

かなり薄暗いところに、見慣れないカミキリがいた。
無理矢理撮ってみたところ、これまた一度見てみたかった
コバネカミキリだった。写真のは♂で、休憩中だったので撮影できたが、
一旦動き出すと、撮影は困難だった。
♀はゴキブリの様な腹で、動きもなんとなくそんな感じで、
図鑑で見るよりも気持ち悪かったが、
上から見ると、普通は長い翅が短い事が
普通じゃなくてやはりカッコよく感じる。
観察してみると、今日はかなり暑かった事もあるのか、
17時半以降、18時半頃に動き出す様な感じで、
材の表面に現れたかと思いきや、
すぐさま隠れてしまったり、飛び去ってしまう。
撮影は実に困難だった。これは再チャレンジしたい。

ハンノアオカミキリ
ハンノアオカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

先週より、肉眼で見る色調に近づいたが、
ここで撮るのは産卵ばかりなので、似た構図の写真となってしまう。。

ウスイロトラカミキリ


これは…、

ウスイロトラカミキリ


…超久しぶり!!

ウスイロトラカミキリ
ウスイロトラカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

これまた実に久しぶりの確認。
記録では少なくないとされていたが、
単に確認しやすい場所がなかっただけなのか、
今日は個体数が多かった。

オニグルミノキモンカミキリ
オニグルミノキモンカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

今日は産卵するところを確認・撮影できた。
いつも葉をかじっていたり、飛ぶところばかり見ているので、
とても新鮮だった。こうして幹にいると、より彩度が高く感じる。
蛍光色に近い黄色なので、図鑑などCMYKでは再現できないだろう。
広域色インキやヘキサクロームで、高精細の図鑑で
こうした虫の印刷物を見てみたい。

20110716_19.JPG
キボシカミキリ
(甲虫目 カミキリムシ科)

大抵、クワやイチジクの生木をかじっているか、
そこで交尾したりするところばかり見ているが、
こうしてたまに、伐採木や枯木などに来て生活する事もある。
以前、藤の枯れ蔓で交尾・産卵していたところを見たが、
生木専門ではないのだろうか。

ナガゴマフカミキリ
ナガゴマフカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

どちらかと言えば、日陰で見かける事が多いカミキリ。
迂闊に近づくと、ポロリと下に落下して見失ってしまう。
こうした生態はゴマフカミキリと似ている気がします。


その他、ニンフハナカミキリ・キヌツヤハナカミキリ・ハコネホソハナカミキリ・トゲヒゲトラカミキリ・エグリトラカミキリ・ヤツボシハナカミキリ・マルガタハナカミキリ・ヒメアカハナカミキリ・クビアカトラカミキリ・ヘリグロリンゴカミキリ・クワサビカミキリ・ヒメヒゲナガカミキリ・ビロウドカミキリなどが確認できました。今年は梅雨明けが早く、雨天が少ない為か、確認できる種が幅広く感じます。そもそも、例年は雨天で散策さえできていなかった。こうして毎年・毎月・毎週、思う存分散策し続けたい…無理だけど。。


石川県
LENS MIX
posted by yamanao999 at 23:28| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これまた良い虫いっぱい見てきましたね〜チョー裏山C。思いっきり煽られまくり・・・月曜、また行ってくるかな(W

4枚目、何となく前胸にスジが見えるような気がするので、タテスジゴマフかも知れません。ポエキラ・・・だったらGoodJob杉です。
Posted by mahalito at 2011年07月17日 23:43
mahalitoさん>ご指摘のとおり、タテスジゴマフの線が濃厚です。難しいものですw
Posted by yamanao999 at 2011年07月18日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック