2011年07月02日

シロスジカミキリ

20110702_06.JPG

日中、痛々しい樹木を見かけた。
中にはまだ幼虫がいるのか、
ガリガリ音を立てて木屑を出していた。
産卵痕もあるし、大きな脱出口もあるし、
多分「あれ」だけど、ちゃんと見てみたい。
産卵痕・脱出口、共に新しいので、
夜間に行けば、いずれか見れるハズだ。





夜 夜 夜 夜 夜 夜 夜 夜 夜 夜 夜 夜 夜
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




シロスジカミキリ
シロスジカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

やっぱり「あれ」だった。
手のひらくらいある様に感じるラージサイズの♀が、
産卵の為に樹皮をかじっていた。
ふふふ、当たりだった。


ビロウドカミキリ
ビロウドカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

付近には副産物である?ビロウドカミキリが…、

キマダラミヤマカミキリ
キマダラミヤマカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

別の場所ではキマダラミヤマカミキリが
交尾をしながら樹液を吸っていた。

こうしてひとつ目的を持って行って見ると、
色々副産物も見つかったりして、
やっぱり夜も面白い。
しかし、夜間散策は何かと気をつけないといけない。


石川県金沢市
RICOH GX200
posted by yamanao999 at 21:01| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック