2011年07月01日

[昼休み]ホシベニカミキリ

ホシベニカミキリ
ホシベニカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

ここ連日、このカミキリを観察しに向かっております。
せっかくいてくれているので、
ちゃんとじっくり観察せねばバチがあたります。

ホシベニカミキリ
ホシベニカミキリ posted by (C)yamanao999

今日は現地に着くなり、
咬み付きあっている♂同士の喧嘩を確認しました。
どうやら上にいる♀の奪い合いが原因らしく、
撮影しようとした瞬間、下に落っこちていきました。
この写真は、その後におきた♀同士の喧嘩です。
産卵しようと幹をかじっている♀に、
上から別の♀が近づいて来て、
なんと、そのかじっている場所を略奪しようとしたのです。
それで怒った♀が前に少し進み、
頭で押し合いが始まりました。
結局、元々いた♀が勝利し、攻めて来た♀は
すごすごと枝の上に去っていきました。

ホシベニカミキリ
ホシベニカミキリ posted by (C)yamanao999

すると、今度は♂がやってきて、
作業に夢中の♀の隙をみて、交尾しはじめました。
♀はやや抵抗しましたが、♂はおかまいなしです。

そろそろこんなシーンが見られるのではと思って、
今日も蒸し暑い中、脚立を持ってやってきましたが、
予想以上に良いシーンが確認できました。

20110701_02.jpg
古い産卵痕

これは昨年以前の古い産卵痕。
樹の生命力もすごいのですが、
かじられて大きなダメージを負うのですが、
こうして塞いでしまっています。

20110701_01.jpg
虫糞孔

幼虫は坑道の随所に「虫糞孔」を作って、
木くずや糞を排出する。
今日もニョキニョキと穴から出てきておりました。
となると、まだ活動している幼虫がいる証拠、
2年1化で成虫になるのでしょうか。

20110701_03.jpg
成虫の食痕

これは成虫の食痕。葉の根元付近をかじって食べている。
以前見た場所では、もっとたくさん見られ、
そこで交尾なども見られましたが、
この場所は比較して少なめの様子です。
というか、前の場所が異常だったのかもしれません。


石川県石川郡
RICOH GX200
posted by yamanao999 at 20:21| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むむむ!結構な個体数が居るのですね。ちょっと羨ましい(W
あの辺りで探すとしたら、やっぱルリ、ゴマダラ辺りかなぁ・・・。あとタケトラ。
ちなみに仕事場の植え込みの竹材に羽脱痕を十数箇所見つけてます。出てくるのもそろそろのはずです。
Posted by mahalito at 2011年07月01日 21:22
mahalitoさん>ホシベニは今がピークっぽいです。マハさんのとこも、もしかしたらこれからじゃないのでしょうかね??

案外、イチジクがむかしより大事にされるので、キボシの気配がないんですよねぇ。ゴマダラはわいた痕跡はあるのですが、前にも書いた様に伐採されてるので…。ルリは気配が無いです、今のところ。
Posted by yamanao999 at 2011年07月01日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック