2011年04月17日

ナズナ

20110417_01.JPG
ナズナ
(フウチョウソウ目 アブラナ科)

ナズナ、「ぺんぺんぐさ」の愛称で多くに知られる植物である。
調べてみると、史前帰化植物ではないかと書いてあった。

ナズナ
ナズナ posted by (C)yamanao999

名前の由来は、夏になると枯れること、つまり夏無(なつな)から、撫でたいほど可愛い花の意味、撫菜(なでな)からなど、諸説ある。と、wikiに書いてあった。

20110417_03.JPG

「ぺんぺん草」や「シャミセングサ」という別名がよく知られている。
「ぺんぺん」は、三味線を弾く擬音語で、花の下に付いている果実の形が、
三味線の撥(ばち)によく似ている。と、wikiにあった。

ハート型の葉が、かわいらしい。


石川県
CANON EF100mm F2.8macro
posted by yamanao999 at 23:45| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック