2011年02月07日

漂着物

2011年2月6日_漂流物
2011年2月6日_漂流物 posted by (C)yamanao999

虫や鳥を求めて海に行くと、必ず漂流物を見かけます。

石川県の海岸では、マナーの悪いヒトが置いていくゴミよりも、
大韓民国や中華人民共和国の「漂流ゴミ」の割合が多く、
なかなか面白いものがたくさんあります。

2011年2月6日_漂流物
2011年2月6日_漂流物 posted by (C)yamanao999

こちらはマヨネーズの容器ですが、
業務用なのかかなり大きく、
駄菓子屋の串とか入っている容器に匹敵します。

その他、貝殻や魚の死骸も含め、
たまに漂流物を撮影して記録しており、
2004年に1日で撮った記録写真を公開アルバムにしてありました。
この度、そのアルバムを継続させる事にしました。
ずっと考えていたのですが、今日思い立ったので今日復活ですw






そんなに頻繁に更新しないと思いますが、
2004年に記録したテキトー過ぎる記録写真よりは
パワーアップすると思います。

テキトーに続けていこうと思います。


石川県


【送料無料】海辺の漂着物ハンドブック

【送料無料】海辺の漂着物ハンドブック
価格:1,260円(税込、送料別)






ラベル:漂着物
posted by yamanao999 at 23:44| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 漂着教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。とは言ってもブログは見てました。
子供に住んでいたところは海は遠かったのですが川ではよく遊んでいて、生き物が一番でしたが漂着物を見るのも楽しかったです。
瓶に入った手紙を見つけたり、綺麗な石!と喜んで家に持って帰って見せたら、緑色の瓶の底が磨り減って角が取れていい感じに丸くなってただけだったり・・
散弾銃の弾を拾ったこともありました。
今考えると暴発でもしたら怖い事態だったなーと思います。
海だと異国のものもあって、また興味深いですね。
ゴミというよろしくない視点もありますが。
Posted by リンコ at 2011年02月15日 01:08
リンコさん>おはようございます。僕も皆様のブログは楽しんで見させてもらっているのですが、ゆっくりコメントする余裕のない日々が続いております…orz こちらの海岸には様々な漂着ゴミが確認でき、処理する為や、やせ細った海岸の修復に多額の税金が投入されておりますw; ゴミの中には多くの危険物もあり、特に某国のものは得体の知れぬものや、侵入した痕跡のものまである様です。。昨年はリュウグウノツカイの死骸がたくさん打ち上げられて話題となりましたが、今年は貝ばかりです。一時期多かったイチジクカンチョウの容器やイカ釣り漁船の電球はあまり見かけなくなりました。
Posted by yamanao999 at 2011年02月15日 07:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック