2010年01月24日

セグロカモメ

20100124_03.JPG
セグロカモメ
(チドリ目 カモメ科)

ハリセンボンを拾ったカモメ、
一応紹介しておくとセグロカモメ。
結構大きいカモメで、カラスよりでかいヤツもいる。

セグロカモメ(足跡)
セグロカモメ(足跡) posted by (C)yamanao999

着地した際に付いた足跡はこんな感じ。

20100124_05.JPG

やっぱり、ハリセンボンがこの時期いちばんの御馳走なのか。
posted by yamanao999 at 16:55| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この時期ハリセンボンは産卵でもするのですか?クサフグのように陸に上がってくるのかな?
Posted by どりさま at 2010年01月25日 02:16
どりさまさん>本来は熱帯性の魚だが暖流に乗って北上し、水温が低下する冬季に海岸部に大量に漂着することがある。これらの漂着個体は水温が低すぎるため繁殖できずに死んでしまう(死滅回遊)。…昨日、ウィキで調べて学びましたw
Posted by yamanao999 at 2010年01月25日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック