2009年11月25日

[昼休み]ツツハムシの一種

ツツハムシの一種(幼虫)
ツツハムシの一種(幼虫) posted by (C)yamanao999
(甲虫目 ハムシ科)

昼休みにハンノキの幹で確認した小さなミノムシ。
壺の様な巣を背に背負って動いている。
同定は迷宮入りするかと思いきや、検索してツツハムシの一種である事まで判明した。
寒くなると頭を隠し、壺状の巣のみで野外にいると思いますが、
よほどの観察力がないと見つけられない気がします。
posted by yamanao999 at 23:48| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かなり小さいようですね。こんな殻を背負ってて意味あるのでしょうか^^;?
Posted by どりさま at 2009年11月27日 14:11
どりさまさん>約4mm程度でしょうか。壷は蓑虫と同じで、防寒&擬態が目的です。糞でできている様です。
Posted by yamanao999 at 2009年11月27日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック