2009年11月20日

[昼休み]ウラギンシジミ

ウラギンシジミ ♀
ウラギンシジミ ♀ posted by (C)yamanao999
(チョウ目 シジミチョウ科)

マユミにたくさんいたミノウスバを観察しに向かったら、
寒くてすでに姿が無くなってしまっていた。
かわりにウラギンシジミが越冬体勢で葉の裏で翅を休めていた。

ウラギンシジミ ♀
ウラギンシジミ ♀ posted by (C)yamanao999

翅の縁の黒い模様は、破れて表面の模様が出ているだけです。
まだ、日が当たると気温も上昇するため、
しばらくはフラフラと移動する様な雰囲気でした。
タテハチョウの仲間とキチョウはまだ活動しております。



デジタルカメラマガジン 2009年 12月号 [雑誌]

通算4回目となる受賞をいただき、今月は掲載されております。
なかなか入選より上にイケません。。。
何が悪いのかはなんとなくわかるのですが…全てにおいて不足しているものがあり、スグにそれを補う事は難しそうです。そのうち家族から邪魔者扱いを受ける頃にはその力を持っていられる様に継続するのみですw
posted by yamanao999 at 21:41| 石川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | チョウ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
受賞おめでとうございます^^あちらで確認しました。さすがですね。子分の存在が活きてますよね^^
Posted by どりさま at 2009年11月20日 23:54
おぉ、越冬姿だ!

一度見たことが有りますが、余りにも高い場所に居て画になりませんでした・・・。
辺りに積雪とか、雪囲いしてある山茶花に着いてたりなんかすると、画になるんだろうなぁ・・・。
今年も探そうっと(W
Posted by mahalito at 2009年11月21日 18:13
どりさまさん>ありがとうございます。今回は子分のおかげでなんとか受賞できましたw; あれが居なかったらダメだったかもしれません。

mahalitoさん>まだ移動しながらこの体勢になっていましたので、あたたかい日にはまた移動してしまいそうです。樹はマユミです。
どうせマユミなら美人の方がうれしかったですw
Posted by yamanao999 at 2009年11月23日 07:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック