2009年10月13日

感性と勢いのみの写真

float
float posted by (C)yamanao999

12日は家族サービスで金沢21世紀美術館
未完の横尾忠則ー君のものは僕のもの、僕のものは僕のもの」を
見に出かけた。で、廊下でテキトー実験的写真を撮る。
…のが精一杯で、あとはどこでも行こうとするガキを
静止して頑張った。。。

先日のLIVEでも酔ってテキトーに撮ったりしましたが、
こうした写真は自分に適している気もします。
ラベル:実験写真
posted by yamanao999 at 23:41| 石川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | その他写真撮影・機材雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カチッとしたものばかりが写真じゃないですものね。私もたまに狙ってみたりしますが、あまりセンスは無いみたいです^^;
Posted by どりさま at 2009年10月14日 05:50
こういう、何も考えず勢いで撮った写真って
自分の「素」が出てると思いますw
写真に限らず、ですがw
それがさまになっているというのは素晴らしいです。(^^)
私も、考えて作り込むより
なーんにも考えずテキトーに出すほうが好きですw
というか、考えられるほどのものが詰まってませんし・・(゚∀゚;)ゞ
Posted by てぃーだ at 2009年10月14日 08:52
どりさまさん>解り易い写真はとても好きです。解りそうで解らん写真も好きです。気分が影響する、エモーショナルフォト。芸のひとつにします。

てぃーださん>絵画ではさらに難解なものがあり、音楽ではノイズが該当します。たまにテキトーに行なって表現できるのもひとつ面白い技法だと思いますw
Posted by yamanao999 at 2009年10月14日 12:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック