2009年10月01日

[昼休み]帰化植物の花畑で

イチモンジセセリ
イチモンジセセリ posted by (C)yamanao999

さて、忙しくてバタバタしてきました。
が、今日は晴れたので少し散策しました。
いよいよ、セイタカアワダチソウが3分咲きとなってきました。
といっても誰も喜ばないし、見向きもしないでしょう。
しかし、虫たちは大喜びなヤツもいます。
多分、こんな花がなかったら、他に目ぼしい花は
少なかったのではないでしょうか。
北アメリカ原産のやつですが、帰化植物だと知らない方は
実はかなり多いのではないでしょうか。

オオカマキリ ♂
オオカマキリ ♂ posted by (C)yamanao999

花にはチョウをはじめ、ハチやアブ、バッタなんかも集まってきます。
なので、当然カマキリにとっては恰好の餌場になります。

モンキチョウ
モンキチョウ posted by (C)yamanao999

こっちはオオハンゴンソウでしょうか。
漢字で書くと「大反魂草」。PUNKな感じがしますw
こちらも北アメリカご出身の様です。
先日撮影したクマバチが蜜を吸っていたのも
多分この花だった気がします。

これらが増えてきた影響でススキが確実に減りました。
しかもここ、ススキは刈ってしまったのに、
これらの花はたくさんあります。
おかげでハネナガウンカが観察できなくなってしまいました。。。
ラベル:昆虫 帰化植物
posted by yamanao999 at 19:49| 石川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オオハンゴンソウも帰化植物でしたか。セイタカアワダチソウは知っていたのですけどね。オオカマキリも成虫で円熟期のようで迫力ありますね〜!
Posted by どりさま at 2009年10月02日 07:01
どりさまさん>帰化植物はいったいいくつあるのかわかりません。多そうですw
カマキリはもっと色んな構図で撮影したいのと、毎年見れそうで見られない小さな2種を探したいのですが、時間が無さ杉で断念しそうです。。。
どりさまさんもお忙しそうですね…お互いになんとか乗り切りましょう^^
Posted by yamanao999 at 2009年10月02日 18:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック