2009年05月06日

紅小灰

ベニシジミ
ベニシジミ posted by (C)yamanao999
(チョウ目 シジミチョウ科)
Lycaena phlaeas

最もよく見かけるシジミチョウ。
なぜ多いのかといえば幼虫の食草が豊富で
春先から秋にかけ、年に3〜5回発生するからです。
大きさは約1cm程度でしょうか。
マクロのテスト撮影などでも手頃な被写体です。

ベンシジミ
ベンシジミ posted by (C)yamanao999

別の個体を縦写真で。
最近、マクロレンズで一般的によく見られる昆虫写真を撮るのが
案外楽しく、色々試しながら遊んでいます。

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ banner_01.gif
そういえばブログランキングに登録しておりました…。
楽しかった場合はボチっと押してやって下さい。
posted by yamanao999 at 22:45| 石川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | チョウ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の虫の目は画質もよくないのでマクロレンズばかり出動しています。それにしてもそんなに近づかせてはもらえません^^;
Posted by どりさま at 2009年05月07日 00:12
ストロボなしのマクロ写真って、普通に難しいですよね。
順光だと立体感が出なかったり、ブレ量産したり。。。
基本的な撮影力がしっかりしている人は、やはり立派だと、、思うようになりましたw
でも三脚はマンドクセ。
Posted by 871 at 2009年05月07日 20:42
どりさまさん>ニヤニヤしながら近づく事が秘訣かもしれません。

871さん>数年前、マクロでの撮影は全て太陽光のみで撮影しておりましたが、自己流で全然ダメでした。最近は内蔵&オートストロボを様々な設定・組み合わせで試して遊んでいるのですが、改めて勉強になります。三脚は自分も使ってませんw 一脚もメンドクサクなってきましたw; たまに使うのは三脚を二脚状で雑に使ってます。
Posted by yamanao999 at 2009年05月07日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック