2009年05月06日

横綱刺亀の衣替え

ヨコヅナサシガメ
ヨコヅナサシガメ posted by (C)yamanao999
(カメムシ目 サシガメ科)
Agriosphodrus dohrni

ヨコヅナサシガメの羽化が頻繁に見られる時期となりました。
羽化したての成虫の全体は真っ赤。時間をおくとやがて黒色化します。

20090506_04.JPG
ヨコヅナサシガメの抜け殻

当ブログでは何度も掲載してきたヨコヅナサシガメは、
Wikipediaによれば、元々は中国から東南アジアにかけて分布、
昭和初期にそれらの国からの貨物に紛れて
九州に入ってきたと考えられているとの事。
数年前まではここ石川県では確認できなかった。
温暖化の影響だと言われているのですが、
アオマツムシと同じで元々寒さには強く、
徐々に北上しているだけなのかも知れません。

5月になり、半袖シャツで過ごす日が多くなってきました。
我々ニンゲンも衣替えの季節です。


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ banner_01.gif
そういえばブログランキングに登録しておりました…。
楽しかった場合はボチっと押してやって下さい。
posted by yamanao999 at 22:35| 石川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | カメムシ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヨコヅナサシガメはここで前にも見ましたよね。名にふさわしい風格です^^私はまだ見たことがない虫です。まだまだたくさん会わなきゃいけない虫がいます。
Posted by どりさま at 2009年05月06日 23:55
抜け殻の残り方が凄くカッコイイです!
こんなにきれいに抜けるもんなんですね。
道沿いの木で見られるようなものなら私も見てみたいです。
箕面公園に行くついでに注意して見てみますw
Posted by てぃーだ at 2009年05月07日 17:23
どりさまさん>ソメイヨシノなど、街路樹や公園で頻繁に見かけます。これは最初は面白かったのですが、あまりに多すぎて最近飽きてしまいましたw;

てぃーださん>横綱さんの脱け殻はセミの脱け殻と同じくらい残り方がしっかりしてます。市街地の道路沿いではまだ見かけた事はありませんが、公園などの桜などにはワラワラいます。例の死骸、結果が楽しみです♪
Posted by yamanao999 at 2009年05月07日 21:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック