2008年08月18日

初秋の街灯に来る昆虫

カヤキリ
カヤキリ posted by (C)yamanao999
(バッタ目 キリギリス科)
Pseudorhynchus japonicus Shiraki

カマキリの他、多くのバッタ目の仲間が見られます。
キリギリス科ではこのカヤキリの他、キリギリス・ヒメギス・クサキリクダマキモドキ・ウマオイ・ツユムシ・ササキリなどなど、多くの種が確認できます。鳴く虫が多いのでとても楽しいです。

マダラバッタ
マダラバッタ posted by (C)yamanao999
(バッタ目 バッタ科)
Aiolopus tamulus Fabricius

バッタ科の仲間もよく見かけます。ショウリョウバッタやトノサマバッタなどといった大型バッタもいるので楽しいです。
その他、スズムシ・マツムシ・アオマツムシ・コオロギの仲間などといったキレイな鳴き声のバッタも多く見かけます。
秋はバッタが多いです。

コフキコガネ
コフキコガネ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 コガネムシ科)
Melolontha japonica Burmeister, 1855

コフキコガネなど草食のコガネムシの仲間もゴロゴロ転がっています。今日はシロスジコガネ・ドウガネブイブイなどを見かけました。
その他、アブラゼミなんかも転がっています。

しかし、夜に自分の撮影する様を見かけた人は気の毒だ。
なにせキモ目なおっさんが街灯下で転がって撮影しているのだから、
本気でキモイと思っているに違いない。
邪悪な精神を持っているので「ザマーミロ、キモイだろ。」と思う反面、
「やっぱり御免なさい。」と素直に思ってるワケです。

と、いった感じで完全に秋です。
一年経つのはとても早いです、ホント。。。
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 23:59| 石川 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も今日は街路樹にとまるアブラゼミくんをマクロ撮影してました。道行く人が不思議そうな顔して覗き込んでいましたよ^^;
Posted by どりさま at 2008年08月19日 04:57
どりさまさん>まだまだ大丈夫です!自信を持って路上で寝転がって下さい。こっちが撮る気満々だったら大抵は見て見ぬフリですw …どうせ2度と会わない事だろうと思うので思いっきりやったもん勝ちです…と言い聞かせてますw;
Posted by yamanao999 at 2008年08月19日 22:16
>どうせ2度と会わない事だろうと思うので思いっきりやったもん勝ちです…

そうです。
Posted by OIKAWA at 2008年08月20日 15:08
去年、路上に寝転がってバッタを撮っている私を、3歳くらいの子供が近くで見ていました。
その様子に気が付いた母親が走って来て、子供を抱えて行ったのを思い出しました。
あの時は、バッタが逃げないように気を使ってくれたのかと思っていましたが・・・。
よく考えれば、キモイおっさんに子供を近づけたくない行動の可能性が高いですね。。
Posted by dada042 at 2008年08月20日 21:36
OIKAWAさん>遠慮してやめたら損した気分になる事が殆んどで、遠慮せず傲慢に実行したら大抵得した気分になります。岩針魔酢!

dada042さん>逃げないようにが1割、警戒心が8割なんでしょうね、日本のマザー達はw 虫好きなファザーとして共にこれからも形振り構わず岩針魔性w
Posted by yamanao999 at 2008年08月20日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック