2008年08月14日

身近では見かけない昆虫

イカリモンガ
チョウ目の一種 posted by (C)yamanao999
※イカリモンガだとわかりました!
 KOH16さん、いつも本当にありがとうございますm(__)m

今日はヨネさんとヨネさんJr君と同行して
久しぶりにとっても危険なところへ散策に出かける事に。
道・谷は益々崩壊し、少しでも気を抜けば谷に落ちる。。。

現地に到着して最初に目についたのはこの謎のチョウ目。
特徴がわかりやすいので同定は楽勝だと思っていたのに、
自分の図鑑では同定不能だった。。。

20080813_02.JPG
カメムシ目の一種

これもまたわからない。。。
テングスケバの様な頭をしたハゴロモ、
またはウンカの一種だと思うのですが。。。
これも同定楽勝だと思っていましたが…orz

カバイロアシナガコガネ
カバイロアシナガコガネ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 コガネムシ科)
Ectinohoplia rufipes (MOTSCHULSKY)

このコガネムシはいるところが限られており、
身近なところでは見かけません。
ちなみに本日花で見かけた甲虫はこのコガネムシと、
逃げられたカミキリ1種のみで…。
年々花で見かける昆虫が乏しくなっております。
理由として明確なのは
温暖化により気温の上昇も考えられるのですが、
工事による樹や花の伐採、
山菜採集者による過度なシシウドの採集などが挙げられます。

クロスズメバチの巣
クロスズメバチの巣 posted by (C)yamanao999

林道上にはたくさんの落石・崩壊箇所がありました。
落ちてきた岩を利用してクロスズメバチ・キイロスズメバチが
巣を作っていました。クロスズメバチはおとなしく、
撮影は容易でしたが、キイロスズメバチは危険でした。。。
身近では屋根にぶら下がったものを意識しますが、
ここでは路面にある為、秋にはかなり危険になると思います。

シラキトビナナフシ
シラキトビナナフシ posted by (C)yamanao999
(ナナフシ目 ナナフシ科)
Micadina sp.

シラキトビナナフシが居ました。
葉の上でじっとしている風景を見かける事が多いです。
この虫は…かなり好きです。

こうして様々な身近で見かけない昆虫を数種確認しながら
上から下まで舐める様に観察してきました。
が、見たい範囲が広すぎてかなり見落としております。。。
今、流行っている積乱雲が押し寄せてきた為、
下山を早めました。少しでも林道の崩壊が進んだら
マジで帰れなくなるからです。

アブラゼミの死
アブラゼミの死 posted by (C)yamanao999

下山してナミハンミョウを見に行きましたが、
例年とは環境が変わっており、草が刈られ土が乾ききっており、
ハンミョウは一匹も見当たりませんでした。
かつてはかなり身近な存在だったハンミョウもまた
ますます身近にはいない昆虫となってしまいました。
また生息地を新規で見つけなければ…orz

最後の写真はとても身近なアブラゼミです。墓場で死んでました。
夏は容赦無く過ぎ去っていきます。

ヨネさん、ヨネさんJr君、ありがとうございますm(__)m
また、懲りずに行きましょうw
ラベル:昆虫
posted by yamanao999 at 08:26| 石川 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | フィールド散策雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同定不能の虫くんに複数遭えたなんて、今年はやはり当たり年ですよ^^私も今伊吹山に行こうかいくまいか悩んでいるところです。天気がなんか今ひとつの感じです。
Posted by どりさま at 2008年08月14日 09:05
一番上のは、イカリモンガではないでしょうか。
テングチョウッぽいけど、一応蛾ということになってます。
最初僕も調べていて躓きました。
この時期楽しみなシシウドが少なくなってしまうと残念ですね。
草丈が低くて観察にはもってこいなんですが。
Posted by KOH16 at 2008年08月14日 09:25
どりさまさん>ところが…目的とする虫にはビタ一文確認でいておらず…ナエましたw; しかし、久しぶりに行った冒険に近い散策はかなり楽しむ事ができました(^^)

KOH16さん>間違いないですね、イカリモンガです!蛾の掲載されている図鑑を現在持っていない上に、完全に蝶だとばかり思い込んでいた為、お手上げでした。ありがとうございますm(__)m
今回の場所にはシシウドはかなりあり、確実に虫が飛来する場所だっただけに、確認できる虫の少なさには愕然としました。どうもここ数年、材と花に来る虫が激減したのか、確認する機会がかなり減少してしまいました。今年の夏は終わってしまったという感じです。。。来年以降の材や花での観察をどうしようか悩みます。
Posted by yamanao999 at 2008年08月14日 20:47
逝ってきたのですね、冒険の谷へ・・・(W
やっぱ虫少ないよね〜。俺も今度の土日、どこへ行こうかと結構悩んでます。

クロスズメバチの巣、以前某所で確認しました。オオスズメバチに比べたらかなり穏やかで、確かに結構寄れました。と言っても2m弱ぐらいだったけど(W
巣の入り口に兵隊さんがブンブン云ってて、ちょっと怖かったです(W

スズメバチもぼちぼち凶暴、そういう季節になっていくのですねぇ・・・。
Posted by mahalito at 2008年08月14日 21:59
mahalitoさん>今年の夏思いっきり行ける散策はこれで最後かもしれませんが、なんとか行ってきました。虫はかなり少ないですが、せっかくのシーズンなので、時間の許す限り出かけた方が良いです(^_^) クロスズメは温厚なのでかなり接近して観察できました。とはいえレンズをあまり持っていかなかったのでこの程度ですが。。。黄色は巣が付近にあった為かかなり怒っていてまいりましたw; 自分はそろそろ来期の為の下見と秋モードの事を考えてみます。
Posted by yamanao999 at 2008年08月15日 01:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック