2008年07月06日

瑠璃糸蜻蛉

ルリイトトンボ
ルリイトトンボ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 イトトンボ科)
Enallagma boreale circulatum Selys

雨が降る中、ルリイトトンボを見に行ってみる。
天気が悪い為か、翅を休めて葉にとまっている個体が殆んどであった。

20080706_02.JPG
蟹淵(がんぶち)

蟹淵は、標高268mにある、化け蟹伝説が語り継がれる
周囲200mもある山に囲まれた大池です。
標高1,000m以上のところが通常の生息域だというルリイトトンボが
このような低標高の池に生息する事は稀だそうです。

珍しく当ブログで地名を表記するのは、
ここは動植物の採集を禁止しているからです。
ルリイトトンボの生息する箇所は多くのギャラリーや
撮影者が草を掻き分けたり、池に入った形跡がありましたが、
蜻蛉の大切な生活の場を荒らさない程度にしたいものです。

と、いうワケで自分の写真は被写体が小さいのです。。。

おまけ

オオシオカラトンボ
オオシオカラトンボ♂ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 トンボ科)
Orthetrum triangulare melania Selys

ショウジョウトンボ
ショウジョウトンボ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 トンボ科)
Crocothemis servilla Drury

これは別の場所で撮影。
雨天に湿っぽく蜻蛉の写真を撮るのもなかなか面白湿っぽいw
posted by yamanao999 at 17:37| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トンボ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
赤いトンボと青いトンボですね^^黄色いのも入れておけば信号トリオですね♪きちんと保護されている場所があるのですね。良いことだと思います^^
Posted by どりさま at 2008年07月09日 02:27
どりさまさん>後で見ていて惜しい事したと思いましたが、残念ながら撮影データにはありませんでしたw;
Posted by yamanao999 at 2008年07月10日 21:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック