2008年06月12日

六星吉兆虫

ムツボシタマムシ
ムツボシタマムシ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 タマムシ科)
Chrysobothris succedanea E.SAUNDERS

今日の昼休み、モミジ系らしき伐採木に一頭だけ確認できました。これまでの経験ではかなり山深いところの枯れ木や衰弱木にしかいないものかと思っていましたが、単に確認しやすい環境が無いだけで、かなり広域で生息しているのかもしれません。しかし、他の小型タマムシと異なり個体数はさほど多くない様に思われます。成虫は他のタマムシの様に葉を食べているのではなく、枯れ木や衰弱木の樹皮を食べている様に見えるのですがどうなのでしょうか。
体色や体長は地域差というより個体差が大きい様にも感じ、幼虫期に潜在していた材の栄養で変わるのかもしれません。

蠅並の素早い動きな上に、一頭しか見かけなかったので、インチキ白バックでの撮影です。野外での撮影でも同様ですが、他のタマムシと同じく、光の条件でメタリックな箇所の色調が大きく変わります。インチキ白バックではなく、いつか様々な角度から撮影できる環境を作り、撮影したいところです。

こんな良いタマムシを休み時間に確認できるなんて…だから疲れていてもプチ散策はやめられませんw
posted by yamanao999 at 22:38| 石川 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんといつものことながら、ちょっとの散策でこういった珍しい昆虫を発見できてしまうyamanao999さんは凄いです!私は全く昆虫見れてません;;
Posted by どりさま at 2008年06月13日 02:21
よいタマムシですねぇ。
見つけたら興奮しそうです。
なんか、左右が微妙にシンメトリーじゃないのが可笑しいですw
Posted by 871 at 2008年06月13日 20:03
どりさまさん>これはかなり運が良く、まぐれ中のまぐれですw やはり晴れてスカーっとした日は昆虫は多く確認できます。今日は曇天・強風・低温だった為、ヨコヅナサシガメしかいませんでした。。。

871さん>ムツボシはタマムシの中でも異種的な存在ですねぇ〜。左右非対称だったり、個体差を見ているととても原始的に感じる面白いタマムシです。サイズは10mm未満の小さなタマムシですが、ホント、いいタマムシですねぇ〜w やや古めの材や粗朶、その他衰弱木の枯れ枝などで蠅の様に移動する甲虫がいたらコレかもしれません。福島には確実に生息しておりますのでぜひ探してみて下さい(^^)
Posted by yamanao999 at 2008年06月14日 00:09
おお、いい虫だ!
材は結構見てるんだけど、今年はナガタマムシ以外のタマムシは確認出来ておらず、羨まし〜。
モミジ系ってことはカエデ系でも居るかも知れんねぇ〜要チェック(W
Posted by mahalito at 2008年06月14日 15:11
mahalitoさん>今回はたまたまモミジ系の伐採木で確認しましたが、色んな樹につくような気がします。ナガナマを見てお分かりだと思うのですが、コレも蠅並みに逃げてしまうので、じっくり確認する事が重要ですw 自分はヒメヒラタタマムシが見たいですw
Posted by yamanao999 at 2008年06月14日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック