2018年09月01日

ニホンザル

ニホンザル
ニホンザル posted by (C)yamanao999
(霊長目 オナガザル科)

15日のライブに備え、会場で音出しテストを行うために一里野へ。
向かう途中、ニホンザルの群れを見つけたので記録。米と柿狙いでした。

撮影した個体は口元に大きな傷跡がある、金玉のでかいオス。
君のことは憶えておこう。


石川県白山市
posted by yamanao999 at 11:30| 石川 ☀| Comment(0) | 哺乳綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

2018年8月19日、桜ヶ池風景

2018年8月19日、桜ヶ池風景
2018年8月19日、桜ヶ池風景 posted by (C)yamanao999

娘と遊びに出かけた際に記録。
ここまで水位が低いのは自己初めてです。


富山県南砺市城端町・桜ヶ池
posted by yamanao999 at 12:30| 石川 ☁| Comment(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

十二町潟水郷公園・オニバス池

十二町潟水郷公園
十二町潟水郷公園 posted by (C)yamanao999

17日、予定は昨日の悪天候で延期となってしまい、スケジュールがすっぽり空いてしまいました。ならば氷見へ行って、美味しいものでも食べに行こう…と考えていたところ、オニバスの事を思い出しました。氷見に行くのはほとんどが冬場か春先にリフレッシュ目的が多く、オニバスは見られない時期ばかりでした。

十二町潟水郷公園・オニバスの池
十二町潟水郷公園・オニバスの池 posted by (C)yamanao999

到着してすぐにオニバス池に向かったところ、圧巻されました!こんなのが見られるのならもっと早く行くべきだったと…。写真でしか見たことがなかったデコボコした大きな葉が池を覆い尽くしています。

オニバス
オニバス posted by (C)yamanao999
(スイレン目 スイレン科)

オニバス
オニバス posted by (C)yamanao999

陰影の力強さがものすごいです!見ていてずっと飽きることがなく、隅々眺めて時間が経過していきます…。
改めて知ったのはハス科ではなくスイレン科。設置された看板を見る人の多くがすこし驚いて見ている様子です。

オニバス
オニバス posted by (C)yamanao999

オニバス
オニバス posted by (C)yamanao999

表面には無数のトゲがあります。これは写真を見るだけでは気づきませんでした。バラの棘とよく似ており、指で触れると結構痛いです。

オニバス
オニバス posted by (C)yamanao999

ちょうど花も見られました。うまく隙間から顔を出してるものもありますが、ほとんどが葉を貫通して出てきています。

オニバス
オニバス posted by (C)yamanao999

花も鋭い棘で覆われています。

オニバス
オニバス posted by (C)yamanao999

ハスのような大きな花ではなく、葉の割にはすこし小さく感じる紫の花がポツポツ咲いて見えます。

ハラビロトンボ
ハラビロトンボ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 トンボ科)

花先にトンボの姿が確認できます。ハラビロトンボのようです。

メダカ
メダカ posted by (C)yamanao999

葉の隙間からはおびただしい数のメダカの姿も。

エリザハンミョウ
エリザハンミョウ posted by (C)yamanao999

あ!

エリザハンミョウ
エリザハンミョウ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 ハンミョウ科)

これを見つけてハッとなりました!エリザハンミョウが葉上に生息して見られます。最初は偶然葉に乗ったのかと思いましたが、見回してみるとかなりの個体が池の中心部に至るまで活動していたのです。

エリザハンミョウ
エリザハンミョウ posted by (C)yamanao999

葉上にはタニシも多く見られ、その臭いも影響してなのか小さなハエがやって来るため、それを狙ってハンミョウも生息している様子です。これはおもしろいと感じ、ここでスイッチが入り、単なるオニバス鑑賞ではなくなってしまいました。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 イトトンボ科)

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ posted by (C)yamanao999

セスジイトトンボの個体数も多く、小さなハエ目を捕食する様子が伺えます。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ posted by (C)yamanao999

葉の形状を利用して身を隠しながら翅を休める個体や、

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ posted by (C)yamanao999

隙間に映えたヒシの隙間に産卵しているペアの姿も見られ、なんとも微笑ましい光景だ。

ハラビロトンボ
ハラビロトンボ posted by (C)yamanao999

と!観察していたところ、ハラビロトンボに捕食されてしまいました!!
オスだけ食べられてしまい、メスはオスの尾を首に付けたままなんとか逃げ切っていました。
こうした捕食シーンが度々確認でき、ハラビロトンボは印象していたよりも恐いトンボだと感じました。

クサガメ
クサガメ posted by (C)yamanao999
(カメ目 イシガメ科)

クサガメもいました。人が来るとたちまち水の中へ…。人が去ると再び甲羅干しを始めます。

ギンヤンマ
ギンヤンマ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 ヤンマ科)

最も優雅に見えたのがギンヤンマ、独特な背景の中で複数の個体が縄張り争いして見られました。


単にオニバスを見に向かっただけだったのですが、このオニバスの世界がとてもおもしろく、また時期をズラして撮りためてみたいと思います。人が管理している池ならではの世界かもしれませんが、それも含めて現代のオニバスの世界をテーマに取り組んでみようと思います。


富山県氷見市
十二町潟水郷公園・オニバス池
posted by yamanao999 at 17:30| 石川 ☀| Comment(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柳田布尾山古墳公園

柳田布尾山古墳
柳田布尾山古墳 posted by (C)yamanao999

十二町潟水郷公園へ向かう途中で古墳の看板が目に留まり、向かってみることにしました。
北陸新幹線開通以降、名所案内の看板が各地でかなり増えた。
これまで行ったことのない場所で、気になれば極力立ち寄ることにしている。
特に城跡や古墳など旧跡名所は植生が良好だったり、管理が行き届いておらず、虫が発生した場所が多かったり、開発の手が入りにくい事も含めておもしろい発見がある事が多い。

柳田布尾山古墳
柳田布尾山古墳 posted by (C)yamanao999

柳田布尾山古墳は巨大な前方後方墳、氷見市内では最も大きな古墳ではないでしょうか。

柳田布尾山古墳から氷見市一望
柳田布尾山古墳から氷見市一望 posted by (C)yamanao999

古墳から見る、氷見市の景色はとても良いです。

柳田布尾山古墳館
柳田布尾山古墳館 posted by (C)yamanao999

公園内に立派な資料館があり、柳田布尾山古墳をはじめ、近隣の古墳の紹介や歴史年表の掲示、さらに古墳を3階から一望できます。キレイなトイレもあり、駐車場にもトイレがありますしたが、ガマンできるならばこちらを使用したほうが快適です。とても見応えのある古墳でした。

後に知りましたが「TOYAMA Free Wi-Fi」が利用できるようです。



富山県氷見市・柳田布尾山古墳
posted by yamanao999 at 14:00| 石川 ☁| Comment(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コムラサキ

コムラサキ
コムラサキ posted by (C)yamanao999
(チョウ目 タテハチョウ科)

見慣れない蝶がいたので撮影しながら確認してみると、なんとコムラサキでした。
身近な環境ではあまり見かける事がなく、じっくり見る機会にうれしさを隠せない!

コムラサキ
コムラサキ posted by (C)yamanao999

…しかし、なかなか翅を拡げず、、ヒメスズメバチに追い払われ飛び去ってしまった。。


富山県氷見市
posted by yamanao999 at 13:20| 石川 ☀| Comment(0) | チョウ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乱橋池

2018年8月18日、乱橋池風景
2018年8月18日、乱橋池風景 posted by (C)yamanao999

facebookで氷見に居るとタイムラインを更新したところ、W氏より「乱橋池には行かれましたか?」とコメントをいただきました。氷見にはよく来てますが行った事がなく、とても気になったので立ち寄ってみました。目立つ看板類は一切無く、ナビが無ければ多分立ち寄れなかったと思います。トンボの記録が公開されている施設もあり、地元で大切に管理されているトンボの聖地だとわかりました。

到着して池に向かってみると、一見良質な環境なのになんだか生臭いにおいが漂ってきます。

2018年8月18日、乱橋池風景
2018年8月18日、乱橋池風景 posted by (C)yamanao999

池を覗いてみると、魚がたくさん浮かんで死んでいます。今年の異常な暑さで死んだのだろうか?などと考えながら形状を見ていくと、乱橋池はいくつかの池があり、上から順に下の池まで水が流れてくる仕組みになっており、雨量不足で水がうまく循環できていない事が原因だろうと推測しました。

2018年8月18日、乱橋池風景
2018年8月18日、乱橋池風景 posted by (C)yamanao999

3番目くらいにあった池は赤褐色で濁っており、かなり水質が悪化してしまっている様子です。

クサガメ
クサガメ posted by (C)yamanao999

そんな池で動く生物が確認でき、望遠レンズで撮影してみるとクサガメでした。死んだ魚を食べている様子でした。最初の池にも多数いましたが、パッと見てクサガメだけ確認できましたが、アカミミガメは見られませんでした。その他、肉食系はアオサギとウシガエルが見られました。

カワセミ
カワセミ posted by (C)yamanao999
(ブッポウソウ目 カワセミ科)

そういえばカワセミもいて、それを観察するために歩いてこられていた方もいました。
水の流れさえあればかなり良い環境が維持されてそうですが、ザリガニ捕獲用のカニカゴが多く設置されており、トンボの生息数を脅かすものになっている様子も伺えます。

オオシオカラトンボ
オオシオカラトンボ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 トンボ科)

ギンヤンマ
ギンヤンマ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 ヤンマ科)

ウチワヤンマ
ウチワヤンマ posted by (C)yamanao999
(トンボ目 サナエトンボ科)

時期的にも、時間的にも微妙な時期だったかもしれませんが、確認できた種は上記のほかにシオカラトンボ・セスジイトトンボ・コシアキトンボ、その他黒いヤンマ系がいましたが遠すぎて種は確認できませんでした。

W氏が勧めてくれただけあり、とても良い環境が残された池です。地元の方々に大切にされ続けている様子も伺え、今度は違った時期に訪れてみたいと思いました。いつまでもたくさんのトンボが飛び交う環境が残されていくととても良いと感じます。


富山県氷見市・乱橋池
posted by yamanao999 at 12:10| 石川 ☀| Comment(0) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

2018年8月、手取湖記録

2018年8月11日、手取湖風景
2018年8月11日、手取湖風景 posted by (C)yamanao999

2018年8月15日、手取湖風景
2018年8月15日、手取湖風景 posted by (C)yamanao999

2018年8月15日、手取湖風景
2018年8月15日、手取湖風景 posted by (C)yamanao999

春先は雪解け水の影響もあり超満水状態でしたが、現在は部分的に渇水状態です。
近年、北陸の梅雨は雨量が少なく雨の日自体少ない傾向にあり、今年は特に雨の日が少ない夏でした。

それにしても、いつも行った先でついでに記録していたのですが、ちゃんと撮影するポイントを決めて記録しないとやっぱりダメだなと…3〜5ポイント程度決めて、ある程度同じ構図で撮影してみたいところです。


石川県白山市・手取湖
posted by yamanao999 at 18:00| 石川 ☁| Comment(0) | 石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする