2017年01月08日

ニホンザル

ニホンザル
ニホンザル posted by (C)yamanao999
(サル目 オナガザル科)

例年なら1〜2メートル程度積雪のある山は土が見えている状態でスキー場はオープン延期となっています。
昨年も雪が少ない冬でしたが、今年は更に少ない感じがします。どうやら熊の痕跡による積雪予測は今年も的中といった感じになりそうです。

そんな環境でニホンザルはどうしているだろうかと少し見に向かったところ、例年どおり枝の樹皮をかじっていました。木に登らず幼木でもかじっているものだと予想していたのですが、場所によるのかもしれません。
また、写真は撮れませんでしたが、地面にまかれた凍結防止剤(塩カル)を舐めていました。
冬は日曜日しか休日がとれず、なかなか観察に向かえないのですが、魂の癒やしも兼ねて数年かけていろいろ見てまわりたいものです。


石川県白山市
ラベル:動物
posted by yamanao999 at 14:00| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 哺乳綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック