2013年05月04日

オドリバエの一種

オドリバエの一種
オドリバエの一種 posted by (C)yamanao999
(ハエ目 オドリバエ科)

先週、春に下見していた場所で
後脚が剛毛なオドリバエを見かけたのですが、
時間に乏しく、風も強かった事もあり、
うまく撮影できなかった為、再度訪れてみました。

20130504_02.jpg

山地でよく見られる脚の細いタイプは
明るい場所でたくさん飛び交っているのに対して、
今回探している「剛毛型」は日陰でしか見る事ができません。

オドリバエの一種
オドリバエの一種 posted by (C)yamanao999

オドリバエは、ハエという名が付けられていますが、
捕食性のアブの仲間で、口は鋭いストロー状になっています。
そして、主にハエの仲間を捕食している様子を多く見かけます。
交尾がとてもおもしろく、飛んでいる♀を見つけた♂が
♀に獲物を見せながら誘い、背中から抱きかかえて
付近の植物にぶら下がって即交尾を行う。

オドリバエの一種
オドリバエの一種 posted by (C)yamanao999

獲物の体液を吸い尽くした♀は獲物を脚で払い落とし、
♂も払いのけて飛び去っていく。
この契約的な交尾がとてもオモシロイのですw
♀は単独で植物の上で休憩している姿をよく見かける。
したがって飛翔中の♀は♂の誘いを待っているのだと思う。
この様子はクルクル周って、まるでダンスをしているかの様…。
なので「踊り蠅」という名が付けられたのでしょう。

ところで、後脚が剛毛なのは♀でした…。


石川県
posted by yamanao999 at 17:02| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハエ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック