2013年08月27日

クツワムシ

クツワムシ
クツワムシ posted by (C)yamanao999
(バッタ目 キリギリス科)

もっと夏を楽しみたかったのですが、
怒涛の慌ただしさで断念…。
ようやく町会夏祭りの仕事も終わり、一旦落ち着いたので
疲れを押して夜間散策に出掛けてみる。
先日の大雨以降、完全に秋の雰囲気となり、
フィールドでは秋の虫が主役となっている。

クツワムシ
クツワムシ posted by (C)yamanao999

中でも一際やかましいのがこのクツワムシ。
子どもの頃は自宅付近ではまったくおらず、
山で父親の助けを借りて、♂を1匹捕まえてもらったものを持ち帰り、
家族から非難を浴びた思い出は、今でもとても良く印象に残っている。

クツワムシはやや涼しくなった晩夏から初秋に最も多い。
他のバッタ目に比べて、鳴き声が聞こえる期間は
若干短い様にも感じます。

かつてクツワムシを撮影していた場所は、
クマが出没多発する様になってから行かなくなり、
自宅前にもいるのですが、近所から怪しまれたくないw
なので安全な新規生息地を求めていたのです。
ただし、ここは蚊がかなり多く、相当やられました。。
そして、茶色型ばかりで緑色型が見当たらず。


石川県
posted by yamanao999 at 23:59| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バッタ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エゾカタビロオサムシ

エゾカタビロオサムシ
エゾカタビロオサムシ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 オサムシ科)

夜の路上は既に秋。
黒くポツポツたくさんいるのはコオロギ、
大きく構えているのはショウリョウバッタ。
その他諸々と秋の面子が路上に現れている。
そんなバッタ祭りの路上をよく見てみると、甲虫もたくさんいる。
そのひとつがこのエゾカタビロオサムシである。

エゾカタビロオサムシ
エゾカタビロオサムシ posted by (C)yamanao999

バッタが路上に這い出てくる目的はよくわかりませんが、
敵から身を守りやすい利点でしょうか?
このオサムシの目的といえば、路上に出てきたバッタなどが
車に潰され、それを食す事である。
素早く逃げるコオロギなども、たっぷり味わえる。
ただし、この路上レストランは、
車に気をつけて食べなければならない。
命がけながら、鱈腹美味い飯にりつけるのだ。


石川県
posted by yamanao999 at 23:55| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

エビガラスズメ

エビガラスズメ
エビガラスズメ posted by (C)yamanao999
(チョウ目 スズメガ科)

会社のグリーンカーテンに、ツノの生えたデカい幼虫がいる…。
と、見に行ってこいといった感じでハナシを聞いたので、
帰りに見てきたら、アサガオに複数のデカい幼虫がいた。

エビガラスズメ
エビガラスズメ posted by (C)yamanao999

緑色のものもいた。
隣にあるフウセンカズラとゴーヤ?にはまったくおらず、
真ん中にあるアサガオのみ加害対象だった。
サイズは大人の中指くらいあり、触ってもちょうど指の様な感触。
食事中だからだろうか、頭はなかなか見せてくれません。
頭かくして目立つ尻を隠さない理由がありそうです。


石川県白山市
posted by yamanao999 at 19:30| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チョウ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

オオチャイロハナムグリ

オオチャイロハナムグリ
オオチャイロハナムグリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 コガネムシ科)

夏期休暇中、息子と2度目の超ミニ登山に出掛けました。
前回と異なるフォールドを選んだところ、
薄暗い森の中ではブユやメマトイが結構集ってきて、
明るいところに出ると、今度はウシアブなどが集ってくる。
その逃げ場の無い不快さと暑さで、
気力&体力を一気に消耗した息子は終始ローテンションだったw;

そんな中でオオチャイロハナムグリを見つけて教えてあげると、
そのテンションは一気に高まりましたが、
独特な「麝香の匂い」を嗅がせてみると、
ウエっとなって再びテンションダウンw

オオチャイロハナムグリ
オオチャイロハナムグリ posted by (C)yamanao999

個体は大きな立ち枯れのウロの縁で構える様にいました。
単独でしたが周囲はその独特な香りで包まれていました。
もう少し慎重に撮影したかったのですが、
スズメバチが寄ってきたのと、それにドン引きして
腕を引っ張る息子に邪魔をされ、
途中で撮影は切り上げて散策を続行…。

この次は僕ひとりの時に、じっくり写真を撮ってみたいw


石川県
posted by yamanao999 at 23:55| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

キリギリス

キリギリス
キリギリス posted by (C)yamanao999
(バッタ目 キリギリス科)

この夜は息子が兼ねてから希望していた、
ちょっと本格的な夜間観察に向かいました。
あたりは既に秋の気配が漂っている中、
大好な甲虫も多くの種類を見せてあげられました。

そんな中でキリギリスやヤブキリなどが
たくさん路上で見られますが、何故か♀が多く見られます。
♂は♀を求めているもの、路上など目立つところでは接近を避けているのか?
♀は多くの食事を求め、あたりを見渡せられる路上に出てきているのか?

オオカマキリ
オオカマキリ posted by (C)yamanao999

その様なことを、そろそろ路上にたくさん現れる
カマキリの事を連想して観察していました。


石川県
posted by yamanao999 at 23:56| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バッタ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

ヒゲナガゴマフカミキリ

ヒゲナガゴマフカミキリ
ヒゲナガゴマフカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

夏期休暇に入り、年長となる息子に山歩き入門を体感させる目的で
超ミニ登山を行った。
ブナが並ぶ森の中で休んでいると、ヒゲナガゴマフカミキリがポツッといたのですが、
息子はなかなか気づきません。

ヒゲナガゴマフカミキリ
ヒゲナガゴマフカミキリ posted by (C)yamanao999

横から見るとカミキリだと良く判りますが、
僕が初めて見た時には蜘蛛にも見えてしまいました。
本当に良くできたカモフラージュです。

ヒゲナガゴマフカミキリ
ヒゲナガゴマフカミキリ posted by (C)yamanao999

倒れて1年未満の新しいブナの倒木があるとよく見つかりますが、
古いものでは全く見られません。
きっとたくさん生息しているところもあるのだと思いますが、
新鮮なブナの倒木や衰弱木自体、簡単に見られる環境は
なかなか遭遇できません。


石川県
posted by yamanao999 at 23:59| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラフカミキリ

トラフカミキリ
トラフカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

数年、これを求めて各地のヤマグワを探し続けていたところ、
昨年ようやく生息が確認できました。が、撮影は失敗。

トラフカミキリ
トラフカミキリ posted by (C)yamanao999

撮影しづらい環境でもありましたが、
とても敏感でポロッと落ちて飛び去るパターン。
羽音は姿同様で、スズメバチにとても良く似ています。
そっと近づけば、被写体から1cm程度近づいても逃げない事も判明。

トラフカミキリ
トラフカミキリ posted by (C)yamanao999

かつて養蚕が盛んな地では害虫扱いとなるくらい豊富だった様ですが、
養蚕業が絶え、桑畑が無くなった現在の石川県では
かなり珍品だと教えていただきました。
そのとおりで、ホントに局地的でしか確認できておりません。

子どもの頃、近所のイチジクで数回見た薄い記憶があるのですが、
現在はそのイチジクも枯れ果て、確認するにもできません。


石川県
posted by yamanao999 at 23:57| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蚊の一種

蚊の一種
蚊の一種 posted by (C)yamanao999
(ハエ目 カ科)

羽化したての蚊が水面にいた。
水中にはボウフラがウジャウジャいる…。
見てるだけで痒くなり、一斉に駆除したくなりましたが、
これは神社の手水なので、そのままにしてきました。
まわりにはアマガエルがたくさん待機していたので、
喰ってくれる事を願ってしまいました。


石川県
posted by yamanao999 at 23:33| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハエ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

ニホンアマガエル

ニホンアマガエル
ニホンアマガエル posted by (C)yamanao999
(無尾目 アマガエル科)

キャンペーン中…。

ニホンアマガエル
ニホンアマガエル posted by (C)yamanao999

夜、ヒトが発する明かりは全て無料のレストラン。
苦労せずとも食事にあり付けるとても便利な食堂となる。
おかげで年中無休でキャンペーンを楽しめる。

カジカガエル
カジカガエル posted by (C)yamanao999
(無尾目 アオガエル科)

やってくるカエルは殆どがアマガエル、山間部ではカジカガエルもやってくる。
日中、かなり敏感で逃げ足の早いカジカガエルですが、
夜間はかなり近寄っても逃げない。


石川県補足。
posted by yamanao999 at 03:38| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 両生綱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シロスジカミキリ

シロスジカミキリ
シロスジカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

シロスジカミキリといえば、日本最大のカミキリムシで、
子どもの頃は行動範囲内ではなかなか見ることが出来ない、
一度獲ってみたい、憧れの虫だった。

シロスジカミキリ
シロスジカミキリ posted by (C)yamanao999

その憧れだった昆虫の飛翔写真を、
大人になり、写真を撮ってまで楽しむなどとは、
当時は想像もしていなかった。

ただ、この飛翔写真は大量の羽蟻の不快さに耐えかねて、
飛び立っては失敗するのを繰り返している様…w;
憧れだった大きな虫のかっこ良くない様を見るのも、
大人になればいろいろ同情してしまって、
オモシロく拝見してしまうのですw


石川県
posted by yamanao999 at 03:25| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウスバカミキリ

ウスバカミキリ
ウスバカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

ウスバカミキリといえば…、

ウスバカミキリ
ウスバカミキリ posted by (C)yamanao999

♀の飛び出た産卵管。
子どもの頃、これに気づいてドン引きし、
虫カゴに入っていた複数のウスバカミキリを
全部すぐ捨てた思い出がありますw

まともにじっくり見てみたくなり、
ピックアップして接写してみました。
「刺す」タイプではなく、樹皮や枯死部などのすき間に
「差し込む」タイプなのでしょうか。
個体数が多い割に、産卵シーンを見た事がありません。

今年はウスバカミキリが多めですね。
反して、毎年大量発生していたミヤマカミキリはかなり少ない感じです。


石川県
posted by yamanao999 at 03:20| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミヤマクワガタ

ミヤマクワガタ
ミヤマクワガタ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 クワガタムシ科)

ミヤマクワガタの中型以下の個体は、
貧弱でなんとなくかっこ悪い。
この被写体はそんな印象の個体だった。

だけど、影を見てみるとまさにミヤマクワガタな感じw
なので、影だけ撮ってみたのがこの1枚。


石川県
posted by yamanao999 at 03:18| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒゲナガカミキリ

ヒゲナガカミキリ
ヒゲナガカミキリ posted by (C)yamanao999
(甲虫目 カミキリムシ科)

ここ数年間、再会をずっと期待して探していたものの、
車に潰された個体くらいしか見る機会がなかった。
この夜、最後に出会った昆虫はまさにずっと見たくてしかたがなかった
ヒゲナガカミキリの立派な♂だった。

ずっと前には毎年結構見る機会があり、
いつでも見られる虫なので特に気にしていなかったのですが、
環境配慮型の照明に切り替えられたり、
または消灯されたりなど条件が変わると
殆ど目にする機会が無くなってしまいました。
無くなると、やはり気になる存在に変化するもので…。

恋の様なハナシですが、虫のハナシですw

ヒゲナガカミキリ
ヒゲナガカミキリ posted by (C)yamanao999

近づきすぎると立派なヒゲが切れてしまい、
地味な普通のカミキリになってしまうので、
少し距離を保った方が個人的には良い感じがした。

恋の様なハナシですが、虫のハナシですw

本当に最後の最後にこの個体に出会えて良かった!

翌日のダメージは大きいですが、こんな生き物が見られれば、
ダメージなどクソクラエなもんです。

↑本当はかなりシンドくて早退したと何度も思いました…w;


石川県
posted by yamanao999 at 03:12| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

ゴマフカミキリ



ゴマフカミキリの喧嘩がとても面白かったので、
久しぶりに動画で撮ってみました。
GX200で撮ったので、雑で画素は低いですが
面白さは伝わる内容だと思います。

触覚・脚・顎…、全身を使って全力で勝負!
10分以上戦い続けていた様で、
大型のカブトムシやクワガタに引けをとらない、
とても面白い大相撲夏場所の様子をお届けしますw


石川県
posted by yamanao999 at 23:59| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモン
ツマグロヒョウモン posted by (C)yamanao999
(チョウ目 タテハチョウ科)

会社周囲でナニかいないか探してみるものの、
今年は消毒されたのか、毎年見られる虫すら見られず。
と、思って諦めていたら社内敷地にて、
部長の植えた大切なパンジーを完食されている方が…。

20130801_01.JPG

食べる葉が無くなってしまい、幼虫たちは路頭に迷う中、
落ちている花弁を食べたり、溝の暗いところで数匹固まって
暑さを凌いでいる様に見えるものもいた。

このままでは飢え死にするのでは…と考えていたら、
隣のプランターに植えられた無害なパンジーがあった。
結構動き回っている割に、隣のプランターには全く気付いていない。
踏まれたら可愛そうなので、そこに数匹移動してあげてしまった。
部長に見つかれば駆除されてしまうので、
ちょっと早めにサナギになってくれ。


石川県白山市
posted by yamanao999 at 23:59| 石川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チョウ目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする